客観視を取り戻す為に

このエントリーをはてなブックマークに追加

被害妄想に陥っていると、客観的な判断力や思考力が失われ、全てに於いて主観的になってしまう。

一旦客観視を失い主観的になってしまうと、客観視を取り戻す事は容易ではなくなってしまう。

主観的になってしまった人に、客観視を取り戻させる為の有効な手段が「他人の振り見て我が振り直せ」である。

被害妄想に陥っている人は、自分がサスペンスドラマの主人公にでもなったような感覚を抱いている。

しかし、同じ様な被害妄想を抱いている人を見た時には、意外と客観的に見られる人も多い。

同じ様な被害妄想を抱いている人の行動を愚かしく滑稽に感じれば、自分も他人から見れば同じ様に見えていると理解させれば客観視が戻り易くなる。

つまり、サスペンスドラマの主人公になりきっている人に羞恥心を芽生えさせるのだ。

それを意図して書いたのが「電波な人々」と「電波な人々Ⅱ」だ。

しかし、この2冊は文章だけで伝えている為、文章を読んだイメージはそれぞれ異なってしまう。

イメージの相違は共通認識の相違であり、共通認識が違えば意思の疎通は図れない。

この、話し手と聞き手のイメージの相違は、被害妄想の解消に於いて大きな障害となる。

そこで、新たに書いたのが「電波な人々Ⅲ」だ。

この著書は、youtubeに投稿されている動画にリンクして、何をどの様に勘違いしているのかを解説する形にしている。

言葉による伝達はイメージの相違を生じ易いが、映像での解説はイメージの相違を解消して共通認識を得られ易く、客観視を復活させる為には有効な手段である。

例えば「電波な人々Ⅲ」でリンクを貼っている動画に、電磁波過敏症のテレビニュースをUPした動画がある。

その中に、帽子の中にアルミ箔を貼り電磁波対策をしている人の映像がある。

何の説明も無ければ、アルミ箔は電磁波を遮断すると思って納得して見てしまうだろう。

しかし、アルミ箔を貼った帽子で電磁波の影響が少なくなったと言っている時点で、電磁波過敏症では無い事を証明しているのだ。

何故なら、アルミ箔は電波を遮断する事は確かだが、電波を受信もしてしまう。

電波の受信は金属で出来ているアンテナで受信する。

「帽子の中にアルミ箔を貼ってかぶる」と言う事は、帽子の中にアンテナを設置していると同じ事だ。

アルミ箔なので受信面積が広く、より多くの電磁波を受信してしまう形状になっている。

しかも、そのアルミ箔は頭に密着しているので、受信した電波を体に直接流している状態になっている。

電磁波を集める帽子をかぶって症状が和らぐのであれば、電磁波過敏症では無いと言う事だ。

 

その映像を、こうした理屈を知っている人が見たら、実に馬鹿げた主張にしか聞えない。

番組自体は大真面目な番組だけに、馬鹿げた行為を大真面目にやっている姿が滑稽に見える。

その感覚を体験させれば、初期段階なら客観視を取り戻せる。

 

客観視を取り戻す為に」への3件のフィードバック

  1. こんにちは、私は今妄想に陥りそうで
    こちらの投稿を見て「これは妄想しているんだ」と言い聞かせ自分と戦っているものです。

    切っ掛けは9月の終わり、外仕事中に咳払いをしてきた強面の方が停車しているワゴン車からこちらを見ているような気がして
    私が移動時にその強面の方が車から降りてこちらに向かってきたことから始まりました。

    この瞬間、私は「襲われるところだったのでは…?」と考えました。

    さらに移動した先で仕事をしているとき
    私が歩く方向に大きなワゴン車が勢いよく走ってきて停車
    本能が「近付くのは危険だ!」と訴えてきました。

    そして帰宅時、やたら歩いている方々が携帯で話ながら私を探しているかのような素振りに見えました。

    それらに言い様の無い恐怖を感じた翌日でした。

    私の見る世界が一転…
    前にいる車も後ろにいる車もマークしてきている!?
    しかも信号機が今、私が来たら赤になった?!
    歩行者がゆっくり歩いていて違和感を覚える…
    やたら特徴のある歩き方をみんなしている

    そんな風に見える様になってしまいました。
    まるで街が私に演技を仕掛けているかのようです。

    そんな事があって以降、大勢が見てる
    そんな認識になってしまいました。

    さらに、休みの日
    気分転換でドライブに出た先の商品売り場で
    私の目の前を横切った方が携帯に「そうかー!そうかー!!」とうなずくのを聞いて
    昔見たYouTubeの動画を思い出し、あろうことかある団体の方々を連想してしまい、まさかこれは。と考えてしまったが最後で
    それ以降は集団ストーカーされている、と言う思い込みが固まってしまいました。

    それ以降、街を歩けば私に合わせて荷車を引くおばあさんが出てきたり
    近所の方々は私が近付くタイミングで車や窓を閉めている様に感じるようになっておりました。

    しかしそれは私の錯覚で
    私が居なくても信号は赤になるしおばあさんは歩くし子供は喋るしマスクをした方も沢山いる。

    そう、こちらの記事を何度もみて
    自分を説得させ
    負けないよう、頑張らせていただいております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です