AR盗撮という言葉から見えるASKAの状態

このエントリーをはてなブックマークに追加

AR盗撮という言葉からASKAの状態がある程度分かる。

ASKAはスマホにAR盗撮のアプリを入れられていたと言っていた。

つまり、スマホで監視されていると思っていた訳だ。

ASKA曰く、ズームで200倍まで・・・

この感覚は、「される側」の感覚ではなく「する側」の感覚だ。

どんな高度な技術を使おうとも、基本的な事は変わらない。

盗撮するにはカメラが必要であり、そのカメラは本人に向けられなければ写らない。

自分で持っているスマホのカメラでは200Mのズームなど必要ない。

しかも、歩きスマホしていなければ、スマホは鞄の中かポケットの中で何も写らない。

そうした事からASKAの今の感覚が見えて来る。

つまり、自分の持っているカメラで、自分をズームで写す感覚。

それは他人目線と自分目線の混同を意味している。

つまり、自他境界が曖昧になっている事を示している。

そもそもAR技術とは拡張現実であり、ポケモンGOにも搭載されており、カメラで写した現実の風景にバーチャルの映像を合成する技術だ。

それは、現実の中に妄想が見えている事も示している。

 

AR盗撮という言葉から見えるASKAの状態」への1件のフィードバック

  1.  それは音から始まった・・・。
     
     いや、音というより、
     
     得体のしれない雰囲気。
     
     それが、超音波テロの加害者の声とわかったのは
     
     ずいぶん後のことだった・・・。
     
     
     超音波による「超音波テロの攻撃」は
     
     「物理的な力」による「物理的・肉体的攻撃」と
     
     「骨伝導を用いた音声伝達」による「精神的攻撃」
     
     があり、卑劣な被害にあっています。
     

     人や社会が超音波で襲われています。
     
     超音波の測定器・受信機があれば、誰か、世の中の超音波を聴いてみてください・・・。
     
     誰か、世の中の超音波の測定器・受信機を作って聴いてみてください・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です