淡路島5人殺害事件の初公判が始まった

このエントリーをはてなブックマークに追加

淡路島5人殺害事件の初公判が始まった。

医師による鑑定では責任能力は認められると判断されている事からすると、やはり統合失調症ではなくパラノイアだったのだろう。

裁判でも「本当の被害者は私、断罪されるべきはサイコテロリストと工作員だ」

「本当の被害者は私、工作員がブレインジャックし、殺害意思を持つよう強制した」

「彼らの目的は人体実験をかねて実行している精神工学戦争を隠蔽し、大企業による複数の犯罪を隠蔽し、私の財産を奪うことにある。」

「しかも、警察までもがこれに加担している」

と相変わらずの発言している。

 

こうした妄想を治療で消すのは、まず不可能だろう。

弁護側は心神喪失か心神耗弱の状態と主張して罪を免れようとしているが、妄想が消えない被告を世に出す事は危険極まりない。

 

そこで、平野被告の妄想を消す方法を考えてみた。

 

まず、「私の財産を奪うことにある」と言う妄想を消す事が先決だろう。

ハッキリ行ってウルトラニートの平野被告には自分の財産など無い。

そこに「曖昧性」が生じている。

平野被告の財産とは親の財産であって、自分の財産ではない事を教える事だ。

その為には、親が息子に相続権を放棄させる事だと思う。

相続権を放棄した上で一切の援助はしない。

そうすれば、財産は自分の物でなく親の物であり、自分は何も持っていない事を身を持って知り、妄想の根底が崩れ始める。

妄想の根底に有る物を、一つ一つ現実の経験として学ばせなくては平野被告の妄想は消えないだろう。

妄想とは現実経験の無い所に生まれ、現実世界で経験で学んでいる所には生まれない。

故に、妄想を消すには言葉ではなく、現実世界で経験させながら現実を教えて行かなければ妄想は消えないのだ。

 

引きこもりニートを続けていると言う事は、現実経験が極端に無くなり、世界は自分の頭の中で描かれている世界だけになる。

その頭の中の世界を現実と思い込む所に、現実と妄想の曖昧性が生じる。

同時に、自分の頭の中で描いているだけの他人は自分で思い描いているだけの他人、それは現実の他人ではない。

それを本当の他人だと思う所にも、自他境界の曖昧性が生じている。

数十年間も引きこもりニートを続けていれば、その年数分だけの曖昧性が生じている訳だ。

それだけの曖昧性は生半可な事では是正されない。

 

 

 

 

淡路島5人殺害事件の初公判が始まった」への1件のフィードバック

  1. ブレインジャックがどうの、そんなことに関係なく、非科学的な精神医療と医療診断、根本原因の解明を優先させるべきでしょう。
    不眠や自立神経異常やうつ状態をこれだけ多くの人が訴えているのに、科学的な検査もなにも行わずに精神鑑定だの責任問題だの言うことの矛盾をなぜ誰も指摘しないのか。
    社会の裏側で行われている、何かしら都合の悪い人間や犠牲を強いるために、組織ストーカー・テクノロジー犯罪・電磁波犯罪を行ったり、あるいはこれらの暴露または精神医療の異常を訴える、加害者にとって都合の悪い事実を広めようとする人間を排除しようとしてるのがまるわかりですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です