フェイクニュースを信じてしまう人

このエントリーをはてなブックマークに追加

最近トランプ大統領が口にしてから、フェイクニュースと言う言葉を耳にする機会が増え、フェイクニュースを信じてしまう人の話題もよく耳にする。

しかし、フェイクニュースは昨日今日始まった事ではない。

少なくとも、私がネットを始めた平成10年にはすでに存在していた。

その代表格が集団ストーカーを信じる人達が作ったサイトだ。

そして、それを信じてしまう人も長年見続けて来た。

そうした人の特徴は「調べる=検索」の人達だ。

ネットで検索して出た情報が正しいとは限らないのだが、検索で出て来た情報を精査もせずに信じてしまう。

また、情報の信憑性を得ようと情報ソースを求める場合も、そのソースの信憑性は不明だ。

それはネットでなくても同じだ。

テレビでも同じ事が起きる。

その代表が盗聴の特集である。

盗聴や盗撮を疑う人は、そうしたテレビの情報を何の疑いも無く信じてしまっている。

故に、盗聴や盗撮ありきで思考が推移してしまう。

私のブログのアメンバー限定記事だが、ジックリみればテレビのフェイクが分かるだろう。

アメンバーでなければ、公開版を参照

もし、誰もこのフェイクを見破れない状況で、この番組が情報ソースになっていれば誰もが疑わずに信じてしまうだろう。

それが調べると言う事の限界である。

 

そこに欠けているのは「確認」であるのだが、調べる人は調べる事を確認と思い込んでいる人が多い。

しかし、調べる事は確認ではなく認識しているに過ぎない。

確認は自ら試し、経験して初めて確認したと言える。

しかし、先入観を持った確認は意味を成さない。

シャーロック・ホームズの言葉にこんな物がある。

「人は事実に合う理論的な説明を求めようとしないで、理論的な説明に合うように事実の方を知らず知らず曲げがちになる。」

先入観を持った確認は、得てして先入観に合わせて事実を曲げてしまう。

 

情報社会は調べれば簡単に情報が手に入るのだが、同一経験や類似経験が無ければ情報の真偽を判断する事が出来ず、情報に翻弄される事になる。

情報社会で情報に翻弄されない為には、より多くの経験を積む必要があるのだが、世の流れは逆だ。

検索すれば出て来る情報をワザワザ検証しようとはせず、より多くの情報だけを求めてしまう。

情報を確認する事無く情報の真偽の判断も出来ないのに情報を集めていれば、世界観が現実と乖離し始める。

それは、妄想を現実と思い込んでいるのと変わらない。

その代表的な物が、通販などの評価だ。

商品に付けられた評価は、他人の評価であって自分の評価ではない。

また、販促目的で出品者自ら高評価を与えていたりもする。

その評価を信じてしまえば、粗悪品を買う破目になったり、良品を敬遠する事になってしまう。

大切な事は、自分が使ってどう思うかであり、その積み重ねが経験の積み重ねとなり、良品と粗悪品を見分ける目が養われる。

情報収集だけで経験が伴わなければ、良し悪しを見分ける目が養われる事はないと言う事だ。

 

 

 

 

 

 

 

フェイクニュースを信じてしまう人」への1件のフィードバック

  1. もう、びっくりしました。たまたま昨日こちらを見つけてむさぼるように読んでしまいました。
    亡くなった義母そのものでした。

    警察が連絡を取り合って自分の車をマークしてる、買い物に行けば警備員がぴったり付いてくる、温泉に行けば知らない女の人が鏡越しに自分を見張っている、外出から帰ってくるのを見計らって電話がなる、入院先の看護婦が自分を麻薬患者だと疑っているetc.
    それらは全て義父による企みである、と言う妄想に取り付かれていました。
    義父が何かとんでもない手を使い警察や知らない人達に自分をマークさせ、自分をキ○ガイに仕立て上げようとしていると言っていました。義母はネットを使いませんでしたので、ステルスうんちゃらの話までは出ませんでしたが。
    最初は統合失調症を疑いましたが、被害妄想以外はいたってマトモでしたので結局治療に繋がることはなく、死ぬまで義父を恨んでいました。(正確に言えば一度、義父をサイコパスだと疑わない義母に『お義父さんのことをお医者さんに相談してみようよ』と誤魔化して病院に連れていったことが有りましたが当然自分に薬を出されてその後は一切拒否になりました)
    本人にとってはどれもこれも真実なので、何を訴えられても『ふーん』としか言えませんでした。否定すると取り乱すので…
    しまいには、義父が私と組んで自分を陥れようとしていると夜中に泣きながら主人に電話をしてきたこともありました。
    ガンで亡くなりましたが、ガンなんかよりも被害妄想の方が余程義母を苦しめました。と言うか、ストレスでガンになったと思っています。本当に厄介な病ですよね。
    あの世で全ては自分の妄想であったと理解してくれたらいいなと思っています。

    そう言えば、あの頃まだ小学生と中学生だった息子と娘も盗聴されてるとか誰かに害されるなどとこちらが心配するような事を言っていました。今は全く言わなくなりましたが、こういう妄想というのは感染るものなのかと思ったことがあります。

    最後に、これほどまでにこの病気の仕組みを解き明かして下さって本当に尊敬します。願わくはマインドコントロールを解く方法が確立されますように…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です