集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール: 被害妄想とは何か、その原因と対策 [Kindle版]

このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカーと言う被害妄想 ガスライティングと言うマインドコントロール[Kindle版]

最新update:2017/02/26 誤字修正及び加筆しました。

updateに伴う再ダウンロードについての参項リンク 参項リンク1 参項リンク2 参項リンク3

 

集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール: 被害妄想とは何か、その原因と対策 [Kindle版]

※ 電子書籍はKindle端末がなくてもKindleの無料アプリでPCでもiPhoneやAndroid端末などでKindle本を読む事ができます。

 

被害妄想にお悩みの方や、ご家族に被害妄想を抱かれている方は、ご近所や会社の人に嫌がらせをされるとか、留守中に誰かに侵入されているとかの言動に日々翻弄されているかと思います。
場合によっては「集団ストーカーに狙われている」とか「テクノロジー犯罪に巻き込まれている」「ガスライティングをされている」など、聞きなれない言葉が飛び出したりします。
この本はそうした被害妄想の原理を体験できる形でご説明し、被害妄想の人の見えている世界を疑似体験する事で、被害妄想を抱く人の見えている世界を理解し、その上でその原理や原因を説明すると共に、その原理を基に対応策を示す物です。
またこの本は集団ストーカー等の被害妄想で悩む人のカウンセリングで実際にそうした人を被害妄想から抜け出させて来た実績の基に書いております。
特に被害妄想を抱いているご家族の方にお薦めです。
この本を読めば、意外な所に原因がある事にお気付きになるかもしれません。
例えば思わず言ってしまう一言で頑なにさせてしまっていたり、良かれと思っていた事が原因であったり、当たり前だと思っていた事が原因であったりするのです。
それに気付けなければ被害妄想の改善は困難な物になってしまいます。

 

目次

はじめに
監視妄想を理解する

首を振らないマジックドラゴン

首を振るマジックドラゴン

二つを並べて写した動画

類似経験の重要性(経験知と形式知)

監視妄想と関係妄想と被害妄想

二次元感覚を引き起こす要因

集団ストーカーの歴史を知る

2014年現在まで4期に分類される

第一期

第二期

第三期

第四期

ゾロ目ナンバーの変遷
不安とは何か?

怪しいとは何か?

スルーとサーチ

集団ストーカー系ネットいじめの典型的なパターン

日本語の特性による思い込み

マインドコントロールもスルーとサーチ

4桁ある数字で同じ数字がそろう確立。

100%の矛盾

妄想は知らない所へ向かう

自動思考

 

現実と妄想

犯人像の現実と妄想

前頭極

ガスライティングと言うマインドコントロール

 

ストレスを理解すれば謎は解ける

脳の萎縮

疲労

記憶障害

自律神経は皮膚病とも関係している

被害妄想は恋愛と同じ

引越しとストレスの意外な関係

セロトニンとオキシトシン、女性は更年期障害に注意

脳のBIOSとOS

 

社会性

愛着から信頼への変遷

信頼と不信と被害妄想

平等と返報性と被害妄想と自責の念

社会性は遊びから学ぶ

コミュニケーション

文章と言語力と思考力

某宗教団体犯行説

ヘイトスピーチ
補完機能とイメージで作る世界観

基準の変化

補完機能を体験する

周辺視野による錯覚

イメージで作られている世界観

テレビによる監視

タイミング妄想

追跡妄想
被害妄想やマインドコントロールから抜け出させるには

監視妄想やマインドコントロールを外すには

被害妄想を外すにはまず診断

親子関係に問題がある場合

四つの幸せを感じさせる

農作業のススメ

 

普段から本人が心掛ける事

不安に襲われた時はまずは大きく深呼吸をしましょう。

笑顔の練習をしましょう

経験知を増やしましょう。

普段から妄想と現実の区別を心掛けるようにしましょう。

多面的な視点を持ちましょう

朝日の下でラジオ体操

バランスの取れた食事

ネットやTVゲームは控えましょう

沢山会話をしましょう

失敗を恐れず多くの経験を積みましょう

秘密は持たないようにしましょう。

弱みはなるべく曝け出しましょう

求める前に与えましょう

面倒臭いを率先し、無駄な事をやりましょう

童遊びや社交ダンスも効果的

最後に

他の著作

 

アマゾンにて販売中 集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール: 被害妄想とは何か、その原因と対策 [Kindle版]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です