統合失調症と集団ストーカー妄想は別物

yahoo知恵袋より移設

yahoo知恵ノートの終了に伴い知恵ノートより移設。

 

被害妄想は統合失調症の症状では無い

集団ストーカーやガスライティングについての質問に対し、直ぐに統合失調症と決め付ける人が多いのだが、集団ストーカーやガスライティングと統合失調症は別物である。
別物ではあるが、そうした物が実在している訳でも無い。

 

集団ストーカーやガスライティング妄想とは、人間不信や被害妄想を持つ者がインターネットで陥るマインドコントロールであり、集団ストーカーやガスライティング妄想と被害妄想は分けて考える必要がある。

 

うつ病や統合失調症から来る症状は「不安感」であり、その不安感から被害妄想が生まれるのだが、病気でなくても被害妄想は生まれるので、被害妄想は病気の症状とは言えない。
被害妄想の原点に有るのは人間不信である。
その人間不信の原因が、病気から来る不安感であれば投薬治療で不安が治まれば勝手に消えるのだが、愛着形成に問題が有れば投薬治療で不安が治まっても、愛着形成を正さなければ被害妄想は消えない。

 

これが集団ストーカーやガスライティングと言うマインドコントロールに陥っていれば、マインドコントロールを解かなければ、愛着形成を正す事も出来ない。

 

まるで竹の子の皮の様だ。

 

 集団ストーカーやガスライティング妄想に陥る資質

幻聴が自他境界の曖昧性で起きるのと同じ様に、ネットによるマインドコントロールは現実と非現実の曖昧性によって陥り易い。

 

例えば「調べる」と「確認」の違いだ。
インターネットのマインドコントロールに落ちやすい人は、ネットで調べただけで「確認」したという人が多い。
しかしそれは確認では無く、他人の言動や文章を鵜呑みに信じているに過ぎない。
自分自身の検証作業が伴っていないのだ。
そこに「虚実の曖昧性」が生じる。
乱暴な言い方をすると、実験の伴わない科学は妄想と変わらないのである。

 

また、「調べる」と言う事は、知らないから調べるのであって、最初から知っていれば調べない。
そして、知らない事を調べても、知らない人はその虚偽を見抜く事が出来ないので、半信半疑ながらも書いてある内容を読み、それが先入観となる。

 

一旦先入観を植え付けられてしまえば、それまでスルーしていた物を意識して探し、見付けてしまう。
そのスルーしていた物とは、気にも留めなかった日常である。
人間不信や被害妄想を持つ人に、「それが犯行の手口」と先入観を与えられて、自分で見付けてしまえば信じ込んでしまう。

 

なので、彼等には他人の日常が自分に対する嫌がらせの手口に見えている。
集団ストーカーは、ストレスから来る自律神経症状持つ人に対し、電磁波攻撃とか超音波攻撃とかテクノロジー犯罪との先入観を植え付けられて、マインドコントロールに陥る。
だからこそ、皆が同じ言動になる。

 

 集団ストーカー=統合失調症と言う人も同じ資質

幻聴や被害妄想的な質問をすると、直ぐに統合失調症と決め付け病院へ行けという人は、統合失調症の症状に、幻聴幻覚、被害妄想と書いてあるのを読んだり聞いたりして、鵜呑みに信じて決め付けているに過ぎない。
もし、何人もの集団ストーカーやガスライティングの被害に遭っていると主張する人達に会い実態を調査すれば、幻聴や幻覚、被害妄想と言う物は、病気を起こす原因であって特有の症状では無い事を理解するだろう。

 

実際問題として、そうした人達に治療を薦めて、統合失調症と診断されたケースは極めて少なく、精神疾患や神経症を発症していなかったケースもある。

 

 決め付けは追い込む事になる

知恵袋で、集団ストーカー=統合失調症と返信する事は、「病気に仕立る手口」との確信を与え、マインドコントロールの深みに追い込む事になる。

 

マインドコントロールは症状では無いので、マインドコントロールに陥っていれば治療の効果は現れ難くなり、本人のみならずその家族の方を、何時終わるとも知れない不幸に落とし込む事になる。

 

 この事は新たな治療法を示す

通常、治療は投薬が中心で、主に投薬で不安を軽減させる。
インターネットが普及する前であれば、不安が軽減すれば被害妄想も薄らいだのだが、ネットが普及し、マインドコントロール状態になっていれば、日常が犯行と思い込まされているので、不安が消えても被害妄想は消え難い。

 

しかし、マインドコントロールと言う視点を持ては、治療とは別に「マインドコントロールを外す」と言う視点が生まれてくる。
実際、治療を受けても被害妄想が消えなかった人のマインドコントロールを外すと、被害妄想はなりを潜めて治療の効果が出ている。

 

また、発病の疑われる人のマインドコントロールを外しても、特定の被害妄想は消えるが不安は消えない。

 

発病に至っていないと思われる人のマインドコントロールを外すと立ち直る。
そうした事から、治療とマインドコントロールは別に対応すべき問題である事が分かる。

 

 集団ストーカーの本当の恐ろしさ

集団ストーカーやらテクノロジー犯罪を信じる事は個人の自由だ。
なので、集団ストーカーやらテクノロジー犯罪やらを信じている人に、「そんな物は妄想だ」とは言わない。

 

しかしこれだけは覚えておいた方が良い。

 

そんな物を信じ続けていると、脳細胞が徐々に破壊されて行き、やがては廃人となるか事件を起こして逮捕されるか、自死を選ぶかしかなくなる。

 

通常ストレスが一ヶ月継続すれば、大半の人が鬱病になる。
それはストレスにより脳血流が悪化し、脳細胞がダメージを受けて萎縮していくからだ。

 

集団ストーカーやテクノロジー犯罪と言うマインドコントロールは、日常を犯行と思わせてしまう。
その為、ストレスを受け続ける事になる。
ストレスを受け続ければ、脳は萎縮を続け機能を失って行く。

 

萎縮とは、脳細胞が死滅して行く事を意味する。

 

つまり、信じ続けている期間が長くなるほど、脳の機能は失われ、脳の回復は望めなくなると言う事だ。

 

何を信じるかは個人の自由だ。
しかし、信じた結果は自分に返って来る事を忘れてはならない。

関連知恵ノート

騒音の無い生活騒音トラブル

yahoo知恵ノートより移設

yahoo知恵ノートの終了に伴い知恵ノートより移設。

 

 騒音トラブルの実態

最近、生活騒音によるトラブルにまつわる刃傷沙汰の事件のニュースが絶えない。
生活騒音と聞けば、誰もが自分に思い当たる事を思い浮かべる事だろう。
もし、階下の人などから騒音がうるさいと文句を言われれば、思い当たる事があればとりあえず謝ってしまう事だろう。

 

逆に、隣室や隣家の生活音が気になったり、嫌がらせとも思えるような音や声が聞こえれば寝室や隣家にクレームを付けたくもなるだろう。

 

しかし、現実の問題は少し様相が異なる。

騒音の調査をしても、騒音と呼べる程の騒音が計測されない事が多く、声の録音をしても聞こえている声が録音されない事が多いのだ。

 

生活騒音の問題で騒音が測定されない場合、騒音の苦情を言う人には特徴がある。
それが「孤立化」「社会とのつながりの薄さ」「コミュニケーション力の低さ」である。
その為、一人暮らしの年配者、一人暮らしのフリーターやニート、一人暮らしの女性、一人暮らしの身体障害者などに多く見られる。

 

その孤立化こそが生活騒音の原因なのだが、こんな事を書いても何の事だか分らないと思う。

 

詳しくは「幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い」で書いているので、そちらを参照して欲しい。
若しくは「隣人クライシス」で詳しく書いているのでそちらも参照してほしい。

 

 「とりあえず謝る」は問題をこじらせる

「生活騒音が煩い」と苦情を言われると、殆どの人が思い当たる事を思い浮かべ、「響いていたのかな?」と想い、事を丸く収めようとして、とりあえず謝ってしまう。
そして音に注意するのだが、何度も苦情を言われ、その苦情がエスカレートする事も珍しくない。

 

その問題は「とりあえず謝る」と言う対応にある。
「とりあえず謝る」と言う対応は、相手からすると騒音を出している事を認めた事になる。
しかし、相手に聞こえているのは幻聴の類であって、実際の音では無い。
「とりあえず謝る」と言った対応をすれば、相手に音を出している事を確信させる事になり、どれ程音に気を使って生活しても、クレームが無くなる事は無く、逆にエスカレートさせる事となり、刃傷沙汰にまで発展する事さえある。

 

理由は簡単、何度注意しても音が聞こえ続ければ、嫌がらせの様に思えてしまうからだ。

 

 聞こえている騒音の正体とは?

主な原因はストレスである。
最も多いのが神経過敏、取り分け聴覚過敏の人が多く、ストレス性の難聴から脳内爆発音症候群など、全てストレスを起因とした病気である。

 

神経過敏は些細な音が気になる神経症、それが聴覚過敏になると小さな音が大きな音に聞こえてしまうのだが、本人にはその自覚が無い。

 

ストレス性の難聴では、低音の耳鳴りが聞こえ、それがモーターの音の様に聞こえるのだが、これも本人には難聴の自覚が無い。
その為、その耳鳴りを換気扇、掃除機、洗濯機などの生活騒音だと思っている場合が多い。

 

脳内爆発音症候群は、寝入り端に爆発音、破裂音、衝撃音などが聞こえる病気で、ドンドン、ドタドタと言う足音、ベッドや椅子から飛び降りる音、ドアや窓を強く閉める音、壁を叩く音、そうした生活騒音に聞こえていたりする。

 

脳内爆発音症候群の場合、寝入り端に聞こえるのでその音で目覚めてしまいイライラを募らせてしまう。
また、寝入り端に聞こえるという事は、聞こえている人からすれば「深夜の騒音」となる為、取り分け騒音と感じ易い。

 

これらの症状は、全てストレスが原因で発症するのだが、それは同時に継続的なストレスを受け続けていると言う事でもある。
その継続的ストレスが原因で発症するのが、うつ病を始めとする精神疾患である。

 

また、比較的女性に多いのだが、女性はクレーマー化し難く一人で悩む傾向を持ち、男性は女性よりも数的には少ないのだが、クレーマー化し易いので表面化し易い傾向がある。

 

その女性で最も多い原因が「更年期うつ病」で、40代~50代の女性が最も多い。
更年期うつ病の場合、一人暮らしでなくても発症する。

 

こうした原因で聞こえる音は、第三者がいると聞こえない事も珍しくは無い。
その理由は、原因がストレスだからである。

 

また、注意すべきは「連鎖」である。
階下の人からの執拗なクレームはストレスとなり、クレームを受けた人に同様の症状が連鎖する事である。

 

 ストレス故の怪現象

そもそもストレスとは、天敵から身を守るための防衛システムであり、一人でいるより誰かといる方が心強い。
その心強さがストレスを軽減させるので、一人でいる時に聞こえていても、誰かがいると聞こえなくなると言う現象を引き起こす。

 

その現象が、厄介な問題を引起す。
「他の人がいると音を出すのをやめる」と言う感覚を持ち、監視されている様な感覚を芽生えさせてしまうのだ。
そうなると、相手は「正義は我にあり」と言う感覚を持ち、クレーマー化すれば容赦が無くなる。
クレーマー化しなくても、恨みを抱くようになる。

 

また、自覚の無い幻聴として聞えているので、自分が移動するのに合わせて音も移動して来るように聞える。
その為、追跡妄想を抱き易くなる。

 

問題はまだまだ続く。
その人が音に耐えかねて引越ししたとする。
しかし、音が聞こえ無くなる事は無い。
すると、「引っ越し先を調べ、引っ越し先の住人を使って嫌がらせをされる」と被害妄想を拡大させてしまい、恨み続ける事になってしまう。

 

またこんな問題も存在する。
音の存在を証言する証人がいるケースだ。
これが結構厄介、と言うより結構証人は困っていたりするのだ。
こんなケースがある。
神経過敏な人が、同席する人に「ほら、今音が聞こえたでしょう」と同意を求め、同席者が「何か聞こえたね」と答えると、それを根拠に証人にされる。

 

これは、聞こえている音のレベルの相違で起きる。
神経過敏な人が騒音に聞こえて同席者に同意を求めた時、同席者は小さな音でも「聞こえた」と言う事実で同意してしまう。
すると、何かある毎に証人として付き合わされる事になる。

 

これが夫婦で、奥さんが音声過敏で旦那が証人の場合、奥さんは旦那にクレームを言わせる傾向がある。

 

実際に有ったケースでは、奥さんと旦那の聞こえている音のレベルの違いを認識させた時点で、それまで奥さんの話に合わせていた旦那が掌を返したように、聞こえてもいないのに文句を言わされていた不満を奥さんにぶつけ始めた事もある。

 

また、こんな厄介なケースもある。
自分で騒音を録音したり騒音レベルを測定し、それを持て証拠とする人だ。
証拠を取る事は悪い事ではないのだが、測定方法を知らなければ自滅する。

 

色々な人から騒音の証拠としての録音を聞かせて貰ったのだが、正しい録音方法で録音された物は一つも無かった。

 

全ての録音は床やテーブル、家具などの上に直接録音機を置いた状態で録音され、大きな音として録音されていたのだが、それでは何の証拠にもならない。

 

例えば、テーブルや床に直接耳を当てて聞くと色々な振動が大きな音として聞える。
つまり、何所かに置いて録音すれば建物の振動が録音されてしまい、その振動が高音圧として録音されてしまうのだ。

 

それで騒音に確信を持ち、正義は割れにありで隣家にクレームを付けていたのだ。
しかし、そこに録音されている音の正体は、自分の足音だったり自分の部屋の冷蔵庫だったり、エアコンの振動だったりする。

 

更に厄介なのは、高音圧で録音されるのは単なる振動なので耳ではほとんど聞えない物も少なくない。
すると、音圧だけが高く音として聞えないと「超音波」と言いだしたりもする。
そこに耳鳴りでも聞えていたら、耳鳴りを高音圧の超音波との確信を深めたりする。

 

こうなると、何を言っても聞く耳持たぬ状態になってしまう。

 

録音する場合、少なくとも天井からボイスレコーダーをゴム紐で吊るして録音するなど、振動の影響を排除する必要がある。

 

聞こえているのが「音」だけならまだ良い。
壁や天井から「悪口」や自分の声が復唱される様に聞こえている人も珍しくは無い。
その原因は脳の補完機能で、些細な音を声に認識していたり、自室から出る音の中に脳が勝手に自分の悪口を作り出してしまうのだ。
集団ストーカーと言う被害妄想・・・・」ではそれを体験できる形で書いている。

 

この補完機能は、聴覚だけではなく視覚にも現れる。
元々ストレスとは外敵に襲われたときの防衛反応である。

 

その為、怪しいと思う物を探し始め、普段は気にならない事でも、少しでも怪しいと感じれば自分に関係しているかの様に感じてしまう。

 

つまり、疑心暗鬼の状態になってしまう。
この疑心暗鬼と言う言葉の語源が、ストレス状態にある人をそのまま表している。
その疑心暗鬼が見える世界や感じる世界を補完させてしまう。

 

酷い場合は人の顔の区別が付かない人さえいる。
例えば、坂田利夫と松山千春の顔が同じに見えていたりする。
目立つ特徴から顔のイメージを補完してしまうのだ。

 

その為、街に出て自分に嫌がらせをしていると思っている人物と同じ特徴の人を見かけると、同じ顔に補完されてしまい、行く先々で待ち伏せされると思ってしまう事さえある。

 

そうした人達は、地域住民の嫌がらせ、組織的な嫌がらせを口にする。
そして、その人が自分に起きている事をネットで検索すると「集団ストーカー」や「ガスライティング」と言う言葉を使い始める。

 

また、ストレスは自律神経の乱れを招き体調不良を起す。
いわゆる自律神経失調症である。
ネットで集団ストーカーと言う言葉に出会ってしまうと、自律神経失調症が「加害行為」に思えてしまう。

 

最初に苦情を言われた時に「とりあえず謝る」と言う対応をしただけで、自分の知らない所で凶悪犯罪の親玉と思われ続け、自分の知らない所でネットに個人情報を晒されて、誹謗中傷されている事もある。

 

そうならない為には、最初から謝らず、第三者立会いの下で音の存在を明白にする事だ。

 

 背景にあるのは無縁社会と学歴社会

人間は集団を形成する動物であり、集団を形成する動物の最大のメリットは気を抜く時間が作れることである。
一人で行動していれば、常に周囲を警戒せねばならず、気を抜いている時に天敵に襲われたら食べられてしまう。
集団でいれば、自分が気を抜いても他の誰かが警戒しているので、気を抜いても天敵に食べられる危険が少なくなる。

 

大切なのは「気を抜ける時間」だ。
警戒している時は神経を尖らせて周囲を警戒する。
それは自律神経の領分なので、意識とは無関係に働く。
孤立化した状態が正にそれ。
ご近所付き合いや友人関係、家族がいれば集団の中での気を抜ける時間が有るが、そうした繋がりが無ければ気を抜ける時間が無くなる。
それが継続したストレスであり、孤立化と神経過敏の関係である。

 

また、集団の仲間が信じられなければ、敵中に孤立しているのと変わらない。
故に、社会性は仲間を信じる事で成り立っている。

 

しかし仲間を「信じる」と言う事は、生半可な事で出来る訳では無い。
その原点は自分の生存であるので、動物にとって命がけの事なのだ。
それは人間も例外では無い。
信じようと思っても、信じるに至る過程を経ていなければ、意識とは無関係に警戒してしまう。

 

その過程は学ぶべき時期に学んで成長してこそ備わるのだが、学力ばかりを重視すれば学ぶべき時期に学べない。
一日は誰にも等しく24時間であり、その時間を勉強ばかりに費やせばコミュニケーション力を養う時間が削られる事になる。

 

幼年期は親子関係から学び、幼稚園や学校へ行く様になると友人関係との遊びの中から学ぶ。
しかし、塾や習い事で友人との遊ぶ時間が少なくなれば、他者への信頼や社会性を学ぶ機会が失われて行く。
教育の過熱は、人間としての成長を阻害する結果を招いてしまう。

 

その教育も、「人に迷惑を掛けないように」と教え、それがさも常識のように思っている人も多いだろう。
しかし、それでは社会性に欠かせない「お互い様」や「相互扶助」の感覚が育たない。

 

迷惑を掛けない事を心掛ければ、自分が迷惑と思う事が許せなくなてしまう。
それが無縁社会を生み、無縁社会は孤立感を生む、その孤立感が様々な社会問題の温床となっている。
そうした事を「被害妄想解体新書」で詳しく書いている。

 

問題は孤立感を感じているのが自律神経系である所にある。
自律神経は意思に関係なく働く。
意識としてはストレスを感じていなくても、本能はストレスを感じている事が多い。

 

その代表的なケースが引越しや旅行である。
旅行は意識的には楽しい事だが、本能的には知らない土地へ行くので警戒モードに入っている。
その警戒モードこそがストレス反応である。
家に帰ると「ホッ」とするのは、警戒が解けるからである。

 

引越しはその警戒モードが継続した状態になり、引っ越し先でのコミュニケーションが無ければ、意識に関係なく警戒モードが継続する事になる。
つまり継続的ストレスである。

 

継続的ストレスの先には、自律神経の乱れや神経過敏があり、その先には鬱病が待ち受けている。

 

魚を使った実験では、継続したストレスが一ヶ月続くと魚でも鬱病になる事が分かっている。

 

 騒音問題の一番の解決策

生活騒音の一番の解決策は、お互いにコミュニケーションを取り合い、仲良くなる事である。
人間はコミュニケーションを取っている相手には寛容になり、コミュニケーションを取っていない相手は警戒し容赦が無くなる。
本能的にコミュニケーションを取らない相手を警戒しているからこそ、無意識に神経を尖らせてしまう。
コミュニケーションを取る事で、警戒を解けば自ずと神経を尖らせる事は無くなり、気にならなくなる。
それが、昔は当たり前だった。

 関連知恵ノート

幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い

yahoo知恵ノートから移設

yahoo知恵ノートの終了に伴い知恵ノートより移設。

 

 幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い

この知恵袋で幻聴系や被害妄想的な質問をする人に対して、直ぐに統合失調症を持ち出す人を見かける。
しかし、幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い。
質問者に「それは統合失調症」と返信すれば、質問者を追い込む事になり兼ねないので、著書として出してはいるが、私が調べてきた事を「知恵ノート」にも記して置こうと思う。

 

 幻聴と言っても様々

まず幻聴系だが、幻聴と一言で言っても色々なケースが存在する。
大分類として、「音系」と「声系」に分類される。

 

「音系」は声ではなく「音」が聞えるタイプだ。
その音を不快に思っていたり、嫌がらせのように感じている人も多い。
また、自分の室内の行動に合わせて音が移動して聞えるので、「盗聴器などで居場所を知られて嫌がらせをしている」と思い込んでいる人も少なくない。
聞える音を不快に思っている人は「生活騒音」と言い、嫌がらせと感じている人は「仄めかし」と言ったりする。

 

「声系」は声が聞こえるタイプで、主に自分の行動を指摘する声や、自分の噂や悪口など、自分を否定するような声が聞こえる人が多い。

 

 幻聴の実体

「音系」と「声系」、この両者とも共通した特徴がある。
まず音系だが、第三者立会いで計測しようとすると、その音は聞えない場合が殆どである。
また、音が聞こえた場合でも、第三者には騒音と言える程の音には聞えない。

 

そこで、本人に機材を渡して測定すると「40db」もありましたと言う報告が来る事がある。
その数値は、騒音など存在して無い事を示す数値である。

 

「40db」と言えば、深夜の市内、図書館、昼の住宅の音レベルで、かなり静かな状態を示す数値だ。

 

では何故40dbが騒音に聞えるのか?
実は、彼等に聞えているのは騒音ではない。
最も多いのが「感覚過敏(聴覚過敏)」で、小さな音が大きな音に聞えている。
また、感音性難聴やメニエール病などのストレス性の難聴の人は、換気扇等のモーターの様な耳障りな低音が聞えているのだが、それは低音性の耳鳴りであり、その耳鳴りを騒音だと思いこんでいる人が多い。

 

また、時折寝ようとすると、ドアを強く閉めたり、ドンドンと足音を鳴らしたりする嫌がらせをされると言う人もいるが、それは「脳内爆発音症候群」によって聞えている場合が多い。

 

それら全てに共通する原因が「ストレス」である。

 

また、これは実際にそのお宅へ出向かなければ分からないが、こうした事が原因で騒音を訴える人は例外無く何らかの形で孤立化している。
社会的孤立、家庭内孤立、精神的孤立、対人的孤立などなど。
そして、コミュニケーションに苦手意識を持っている。

 

声系の人はその進化版と考えれば分かり易いだろう。
声系は、聞こえている音に「補完機能」が働いて音が声に聞こえたり、聞き取れない音量の音や会話の内容を勝手に脳が補完して聞こえている。

 

この補完機能は誰もが備えている能力で、病気の症状では無い。
それは「録音の解析」をする事で明らかにしている。

 

例えば「あ、また食べてる」と言う声が録音されているとして送られたファイルには、ボリュームを最大にしても聞き取れない程の音が録音されていた。
その音が入っている部分だけをカットし、音量を増幅するソフトで何倍にも増幅して聞くと「あ」の部分は電子音の「ピ」と言う音が録音されており、「また食べている」と言う部分は、工事現場の音に混じって「何で壊すの」と言う声が確認された。

 

別の代表的な例では「犯人が語りかけてくる声が録音されています」と言う録音ファイルを相談者が持ち込んで来た。

 

その録音ファイルを音声スペクトラムアナライザーで音を視覚化して分析すると、相談者の声以外には雨音と時計の音しか録音されておらず、私には本人が一人で話しているようにしか聞こえない。
しかし、一緒に聞いていた相談者には相手の声が聞こえると言う。
このケースの面白い所は、それが録音ファイルであると言う事だ。

 

録音ファイルなので、脳内通信だとか電波送信だとかの戯言は通用しない。
録音ファイルからは電波だとかテレパシーなどは間違っても出ない。
しかし、相談者には何度ファイルを再生しても、同じ所で同じ内容が聞こえているので間違いなく音が原因で聞こえている。

 

そう、このファイルには確かに声の原因が録音されていた。
その原因が、雨音と時計の音であり、それらの音を声に補完して聞こえていたのだ。

 

この手の幻聴には、共通した特徴がある。
声が聞こえる時には必ず雑多な音(ノイズ)が存在し、「無音」では幻聴が聞こえない。
そして無音の時は、耳が「ボーン」とした感じになると言う。

 

また、聞こえる声は心的要因で左右され、それが被害妄想と大きく係わっている。

 

こうした補完系の幻聴は難聴系でも起こる。
例えば、有毛細胞系の難聴では部分的に聞えていなかったりしているのだが、通常は補完機能が働いて、聞えない部分を前後の文脈や状況からっ正しく補完されて聞えるので難聴の自覚がない。
しかし、部分的に聞えていない所が心的要因に左右されて補完されてしまうと、自分に対する悪口などに聞えてしまう。
例えば「~らしいね」の「ら」と「い」が聞き取れなければ「しね」に聞える。
また「おかあさん」の「か」が聞えず「ば」に補完すれば「おばあさん」に聞えてしまう。

 

この補完は聴覚に限った事ではなく、視覚でも起きる。
その片鱗を体験出来るのがこの画像だ。

 

リンク先の上にある12個の点は見えるのだが、その点に格子の図形が加わると視点の中心付近の4つの点しか見えなくなってしまう。

 

何故、そうした現象が起きるのか?
人間がハッキリと物が見る事が出来るのは黄斑の周辺で「錐体細胞」が密集している所に映った映像だけで、それが視点だ。

 

その視点以外の所は、12個の点だけの画像の様に、ハッキリと見えている様に感じているが、実は然程ハッキリとは見えていない。
ハッキリと見えていると感じているのは、脳が周囲の状況から推測して補完しているからである。

 

それ故12個の点に格子が掛かると、錐体細胞の領域では点を認識できるが、桿体細胞の領域では認識出来ないので、周囲の情報から格子を補完してしまう為、錐体細胞の領域以外の点は見えなくなってしまう。

 

これが視覚に於ける補完だ。
そして、視覚の補完も聴覚と同様に心的要因に左右されて見え方が変わってしまう。

 

それ故、錯視の多くは周辺視野の領域で起きている場合が殆どである。
そうした補完が被害妄想を生んでしまう。
いや、持っている被害妄想の影響を受けた補完がなされると言った方が正しいだろう。

 

 幻聴と心理状態

その被害妄想だが、被害妄想を抱く人の共通した特徴は「人間不信」「社会性の低さ」があり、社会性の低さは、そのままコミュニケーションの低さでもある。
被害妄想を端的に表す言葉が「疑心暗鬼」である。
その語源は「疑心、暗鬼を生ず」であり、「暗闇と言うだけで疑い、鬼がいるかのように見える」から来ている。

 

被害妄想は、他人を信じずコミュニケーションが取れない為に、他人が分らない。
その分らない他人が暗鬼となり、疑心を生じている状態である。

 

他人が考えている事など、誰にも分かるはずも無い。
しかし、コミュニケーションを重ねる事で他人を理解する事は出来る。
逆に、コミュニケーションを重ねなければ他人を理解する事は出来ない。
そして、相手を信じて自分が心を開かなければ、相手も心を開いて本心を話さず、上辺だけの付き合いしか出来ない。

 

コミュニケーションが苦手で他人を信じられない人は、他人の心を想像するしかない。
人間は無から何かを生み出す事は出来ない。
必ず、ベースとなる物が必要となる。
それが、自分だ。
「自分はこう思うから、相手もこう思うだろう」と言った考えである。

 

しかし、それは他人の思いではなく、自分の思いでしかない。
つまり、他人と言う鏡に自分を反映させているに過ぎず、心を開いたコミュニケーションを積み重ねてこなかった人の考える他人の自分に対する評価は、自分自身の自己評価でしかない。
それが投影である。

 

ここにもう一つの問題が生じる。
自己評価を他人の評価と信じ込む事は、自分の考えなのか他人の考えなのかの区別が付かない状態であり、それが自他境界の曖昧性となる。

 

自他境界の曖昧性は自分と他人の区別が付かなくなっている状態と言えば分かりやすいだろう。
厳密に言えば、自分と自分の中で作られている他人との境界の喪失である。
すると、自分も、自分の中で作られている他人も自分なので、双方の思考に区別が無くなる。

 

それが、声として感じれば「幻聴」となり、頭に直接届くようなら「音声送信」の様に感じられ、自分の考えがダダ漏れのように誰かに伝わっている様に感じれば「思考盗聴」や「サトラレ」と言う言葉になる。
そして行動を知られている、聞かれていると思えてしまうと、盗聴とか盗撮と言った言葉が出て来る。

 

幻聴や被害妄想を個別に分析検証して行くと、それらが統合失調症の症状ではなく、統合失調症を含む精神疾患を引起す「要因」である事が分かって来る。

 

そして、その要因は親が作っている場合が多く、治療以前に親の反省と改善が求められる。

 

こうした事を「被害妄想解体新書」で詳しく書いている。

 

またこの記事を読まれた方は「騒音の無い生活騒音トラブル」もあわせて読まれる事をお奨めする。

関連知恵ノート

 

AR盗撮という言葉から見えるASKAの状態

AR盗撮という言葉からASKAの状態がある程度分かる。

ASKAはスマホにAR盗撮のアプリを入れられていたと言っていた。

つまり、スマホで監視されていると思っていた訳だ。

ASKA曰く、ズームで200倍まで・・・

この感覚は、「される側」の感覚ではなく「する側」の感覚だ。

どんな高度な技術を使おうとも、基本的な事は変わらない。

盗撮するにはカメラが必要であり、そのカメラは本人に向けられなければ写らない。

自分で持っているスマホのカメラでは200Mのズームなど必要ない。

しかも、歩きスマホしていなければ、スマホは鞄の中かポケットの中で何も写らない。

そうした事からASKAの今の感覚が見えて来る。

つまり、自分の持っているカメラで、自分をズームで写す感覚。

それは他人目線と自分目線の混同を意味している。

つまり、自他境界が曖昧になっている事を示している。

そもそもAR技術とは拡張現実であり、ポケモンGOにも搭載されており、カメラで写した現実の風景にバーチャルの映像を合成する技術だ。

それは、現実の中に妄想が見えている事も示している。

 

幻聴が聞える人の判定方法を考案した(隣人トラブル)

※ 電子ブック「被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」アマゾンにて販売中!

 

隣人トラブルで多いのが、音や声が原因の物が多い。

それは時に事件にまで発展する。

また、集団ストーカーやガスライティングの被害を訴える人にも、「声が聞こえる」「音が聞こえる」と言う被害を訴える人は少なくない。

人は五感の情報で世界を認識しているので、存在しない声が聞こえていたらそれが幻聴であっても、その人にとっては存在しているとしか思えない。

以前は、録音して確認する方法を推奨していたが、「聞こえても存在しない声」で書いた人のように、録音を解析して声が存在していない事が確認されても、同じ所で同じ様に聞こえる人もいる。

しかも録音は、録音方法によって録音される音が変化してしまうし、機材も必要になる。

そこでもっと手軽で確実な方法を考案した。

 

幻聴が聞える人に、ある動画を見せると特有の反応が出る。

これは双極性障害や統合失調症、癲癇などの精神疾患の簡易的な判定にも使えると思う。

 

方法は簡単、1分程度で判別出来る。

まず最初にこの音声を聞く。(必ず先に進む前に、この音声ファイルを聞いて何と言っているのか確認する事

 

何と言っているように聞こえるだろう?

恐らく「バババーバ」に聞えると思う。

次に、下記のリンク先の動画を見ながら何と言っているかを聞く。

注意事項 : 必ず動画を見ながら聞くようにする事。

 

 リンク先の動画 ←クリック

 

恐らく、動画を見ながら聞くと「ダ」「ナ」「ザ」「ガ」などに聞えると思う。

次に、この動画を目を閉じて、もう一度何と言っているのかを聞く。

本来なら、最初の音声ファイルと同じ様に「バババーバ」と聞えるはずである。

しかし、これが「バナナーナ」や「バザナーガ」など、「バババーバ」以外の聞え方をした場合、脳に機能障害が発生している可能性が高いと思われる。

 

さてこの判別法の原理を説明しよう。

最初の音声ファイルは、この動画の音声だけを抜き取った物だ。

映像を見ずに純粋に音声だけを聞くので、脳の補完は行われない。

つまり音声ファイルで聞こえた声が、本来聞こえるべき声であり、最初にその聞える音声を確認しておく必要がある。

次に、映像を見ながら音声を聞くのだが、この映像は「ダダダーダ」と言う発音の映像に、「バババーバ」と言う音声が合成してある。

この「ダ」と言う発音と「バ」と言う発音には決定的な違いがある。

「バ」は破裂音であり、一度唇を閉じなければ発音する事は出来ない。

破裂音は「マ行」と「パ行」と「バ行」しかない。

脳は、口を閉じていない発音は、破裂音では有り得ないと判断して、似たような口の動きの発音である「ダ」「ナ」「ザ」「ガ」に補完してしまう為、映像を見ながら聞くと「ダ」「ナ」「ザ」「ガ」などの声に聞えるのだ。

これを「音韻修復」と言う。

問題は、目を閉じて聞いた時にも「ダ」「ナ」「ザ」「ガ」に変換されてしまう事だ。

 

それは補完機能のON/OFFが出来なくなっている事を示し、補完要件が無くなっても脳に記憶されたイメージによって補完が続いている事を示している。

これは逆のケースで観察すると分かり易くなる。

癲癇の人にこの映像を見せた時には補完が行われず、映像を見ながらこの音声を聞いても「バババーバ」に聞えていた。

癲癇は、脳細胞のネットワークに起きる異常な神経活動である為、補完する神経が機能していないと考えられる。

 

過去、この画像を目を閉じても補完が行われていたのは、双極性障害(躁鬱病)や統合失調症の人であり、これらの疾患の人は補完がOFFにならない人と考えられ、癲癇の人は補完がONにならない人と考えられる訳だ。

目を閉じて音だけ聞くのも、音声ファイルだけ聞くのも同じ事である。

つまり、最初の音声ファイルだけを聞いた段階では補完のスイッチが入っていないので「バ」に聞えるのだが、映像を見ると補完のスイッチが入る。

通常の人は映像を見て補完のスイッチが入っても、目を閉じれば補完のスイッチが切れるのに対し、脳に何らかの障害が発生している人は目を閉じても補完のスイッチが切れないと考えられるのだ。

聞え方の多くは、最初の一文字は「バ」に聞え、その後に続く文字に補完が見られる場合が多いので、スイッチがOFFになるというより、例えるなら「漏電的」な状態なのだろう。

この現象は聴覚だけでなく「視覚」に於いても同じ現象が起きている事を確認している。

例えば坂田利夫の写真が松山千春と同じ顔に見えていたりするのだが、雰囲気は違うが同一人物だと言ったりする。

これは一部の特徴的な部分から顔全体を補完している物と推測される。

また、「雰囲気は違うが」と言う部分が、リンク先の映像を見た後で目を閉じて聞いた時に、最初の一文字は合致しているが続く発音が「バナナ」の様に異なって聞えるのと同じ要因で発生していると考えられる。

 

この映像を見た後に、目を閉じて聞いても「バ」以外の声に聞える人は、補完要因が無い状態でも自分の抱いている世界のイメージによって補完が行われていると考えられる訳で、それが幻聴であると考えられる訳だ。

では何故、補完のON/OFFの切り替えが出来なくなるのだろうか?

精神疾患などの発症メカニズムから考えると納得しやすいと思う。

精神疾患はストレスによって引き起こされるのだが、ストレスホルモンは糖質なのでストレスホルモンが長期間分泌され続けると、血流の悪化する事により、必要な栄養素や酸素の供給が滞り、脳細胞がダメージを受ける事によって、脳の神経ネットワークがダメージを受けたり失われたりする。

その状態が脳の疾患であり、鬱病や躁鬱病、統合失調症などの精神疾患である。

また面白い反応を示す人もいた。

最初の音声ファイルを聞いた時には「バババーバ」に聞こえていた人が、映像ファイルで目を閉じて聞くと「バナナーナ」と聞こえ、もう一度音声ファイルを聞き直すと「バナナーナ」にしか聞こえなくなっていた。

つまり、ストレスで神経ネットワークがダメージを受ける事により、補完機能にも影響を受けると推測される。

また、脳の疾患と同じストレスによるメカニズムで、聴覚器官内にある有毛細胞にダメージを受けて発症する感音性難聴がある。

この感音性難聴も聴覚過敏を引き起こしたり、幻聴が聞こえる場合も有るのだが、その幻聴が聞えるメカニズムも「音韻修復」である。

因みに、映像を見ない段階で、最初の音声ファイルを聞いて「バババーバ」に聞えなかった場合、感音性難聴などの難聴系の疾患の可能性がある。

理由は、補完要因のない状態で音韻修復が行われていると言う事は、聞き取れていない部分を補完していると考えられるからである。

 

考えてみると、この「補完」と言う物が、全ての根源で一貫しているのかもしれない。

補完は見えない部分や聞えない部分を周りの情報から推測して行われる。

集団ストーカー妄想に陥っている人は「情報の非対称性」による逆選択状態にある。

その逆選択も「思考の補完」と発症要因は同じだ。。

故に、インターネットで調べ続ける限り思考の補完が行われ、集団ストーカーと言う補完が行われ続けるとも考えられる。

そして、脳のダメージにより目を閉じても音韻修復が続いてしまうのと同じ様に、脳のダメージ次第では情報を遮断しても集団ストーカーの補完が続いてしまうとも考えられる訳で、入院治療で情報が遮断されても集団ストーカー妄想が消えない人がいるのはこの為と思われる。