ASKA転院の理由に共依存

昨日ラジオで知ったのだが、医療保護入院させられていたASKAが転院した理由に耳を疑った。

医療保護入院になれば、良くなるか家族の同意なくして出る事はできないはず。

それなのに東京の病院から九州の病院へ転院していたのが不思議だった。

しかしそのラジオの話を聞いて、再犯の理由から病院から出ているのに被害妄想を続ける理由も全て納得した。

報道によると、妻子は盗聴や盗撮を訴えるASKAを薬物による後遺症の疑いと見て医師に相談し医療保護入院させたのだが、保護入院させられたASKAが実家に監禁されていると助けを求め、父と妹が弁護士を通じて退院させたと言う事らしい。

http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/12/01/kiji/K20161201013823690.html

なるほど、最悪のパターンがそこに有った訳だ。

妻子からすると、盗聴とか盗撮とかを口にし、言動がおかしくなれば薬物の後遺症を疑うのは当然の事だ。

そして治療と言う事になるのだが、問題は本人の同意を得ているかどうかだ。

本人の同意を得ずに医療保護入院させられれば、家族の裏切りとか監禁という思いがこみ上げてくる。

同意を得ていたとしても、本人に治そうとする意思が無ければ同じ思いが込み上げて来る。

医療保護入院を続けて良くなれば、そこで家族の思いが伝わるのだが、実家の家族が弁護士を通じて出してしまった。

良くもならずに妻子に不信感を抱いたまま出ている事になる。

これは最悪だ。

恐らくASKANお家族はASKAの為を思い、断腸の思いで医療保護入院させたのだと思うが、実家の家族がそれを台無しにしてしまった。

その実家にASKAが薬物に手を出してしまった原点があるのかもしれない。

その原点が共依存。

そして、仕方が無い様に思える医療保護入院させた妻子にも、コントロール型の共依存があったのかも知れない。

当事者ほど真実は見えない

被害妄想解体新書」の追記に、被害妄想をコリオリの力の原理で物理的な説明を加えた。

集団ストーカーと言う被害妄想」でも書いていたが、「被害妄想解体新書」ではもっと詳細な内容にした。

集団ストーカーやガスライティングの被害に遭っていると言う人は「当事者でなければ分からない」「遭って見なければ分からない」と主張する。

しかし、コリオリの理論からすれば「当事者である限り分からない」「遭っていないからこそ分かる」それを説明出来る。

そして、コリオリの論理は、当事者が客観的視点に立つ事が出来ない事も説明出来る。

 

被害妄想とは回転する円盤の上にいる状態だ。

回転する円盤の直上に円盤から独立させて固定カメラを設置する。

これが客観的視点である。

回転する円盤の上にボールを転がすと、定点カメラはボールが真っ直ぐに進む事を観測する。

しかし、円盤の上にいる人にはボールが自分に向ってきたり、自分から遠ざかって行く様に見える。

これが被害妄想であり、主観的観測である。

客観的観測の基本は高きより全体を見通す事だ。

円盤の直上に脚立を使って定点カメラを設置する場合、円盤の上に脚立を立ててしまえば、カメラも一緒に回ってしまうので、脚立を円盤をまたぐ形で設置しなければならない。

被害妄想という回転する円盤に乗っている人が、どんなに高きより客観的に見ようとしても、円盤の上に脚立を立ててしまうので、回転する円盤から降りない限り円盤の外に脚立は立てられず、客観性は持てない。

つまり被害妄想から外れなければ客観性は持てず、どれ程客観的に見ようとしても主観的にしか見る事が出来ない。

また、被害妄想の人に近付き過ぎれば同じ円盤の上に乗る事になってしまうので、客観性は失われる。

 

被害妄想解体新書」では何故被害妄想の人は円盤が回り出すのか、被害妄想の人の感覚が何故反転するのか、どうしたら回転を止められるのかなども書いている。

他者は自分を映す鏡

他人が何を考えているのか、それは本人にしか分からない。

「私は人にこう思われている」とか、「人に嫌われている」とか「人に好かれている」と言った、自分に対する他人の思いとして感じる事は、全て自分の考えでしかない。

それは他人に自分を投影して見ているに過ぎない。

つまり、他人とは「自分を写す鏡」なのだ。

長所も短所も含めた「ありのままの自分」を愛し受け入れられる人は、他人に写る自分も肯定的に写るが、ありのままの自分を愛せず受け入れられない人は、他人に映る自分の姿が否定的に写る。

その他人に写った自分の姿を、実際の他人の姿だとだと思い込む所に「自他境界の曖昧性」が生まれる。

それは実際の相手の自分に対する思いではなく、自分の自分に対する思いでしかない。

つまり、他人と言う鏡に映った自己評価を見ているに過ぎない。

それを、相手の思いとして思い込んでいるからこそ、自分と他人の境界が曖昧になっている状態なのである。

自他境界が曖昧になると、自他の区別が付かなくなる。

その結果、自分が知っている事は他人も知っていると感じ始め、自分の考えが他人に筒抜けの様な感覚に襲われる事となる。

 

その感覚は先入観を生み視覚や聴覚にも影響を与える。

自他境界の曖昧性により被害妄想に陥っていれば、他者の言動や視線を異常に気にし始める。

すると脳は、自分に対する悪口などを聞き漏らさないように過敏に反応する。

すると、些細な音を悪口のような声に脳が変換してしまい、悪口として聞えてしまう。

視覚も同様に怪しくも無い人が、さも怪しげに見えてしまう。

それが「疑心暗鬼」であり、疑心暗鬼の語源である「疑心、暗鬼を生ず」の由来でもある。

つまり、被害妄想を持つ人の「悪口を言われた」とか「怪しい人の怪しい行動」も、他人に写った自分の心が生み出した産物でしかない。

 

自分の感じる世界とは、自分が認識している世界観で作られている。

それは、自分の認識が変われば感じる世界も変わるという事でもある。

 

 

とある集団ストーカー系の団体に対する告発メール

 

ある方から、集団ストーカー系の団体の内部告発のメールを頂き、掲載の了解も頂きましたので転載いたします。

 

———ここから——–

 

古牧様

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害解決を標榜する被害者団体の問題点。というテーマでお話をさせていただきたいと思います。
主にNPOでの体験を基にしていますが、NPOだけの問題ではなく、被害者団体全般に言えることかもしれませんので、表記を被害者団体としています。その点お含みおきください。
また私は今でもテクノロジー犯罪というものが、あり得るのかもしれないな。というスタンスですので、古牧さんと認識のズレがあるかもしれません。

以下、とても硬い口調で述べ立てていますが、要は「結局NPOって表面は疑似科学で内情はカルト教団だった、このペテン師どもどうしてくれようか。」というようなお話です。
心の病のカテゴリについての知識が乏しいものですから、お見苦しい点が多々あることを、あらかじめお詫びいたします。

1 被害者団体は妄想性障害の発症者と彼らの主張する(被害者)との区別が出来ない。全て(被害者)として一括りにしていること。
(この質問をNPO理事長にぶつけると「私の長年の経験で判断した。」と逃げられる。基準はあっても彼の感覚的な事であって、とても公にできる性質の代物では無いだろう。)

2 このような事情で妄想性障害者と一般人が混在している状態で、様々な危険が想定されるにもかわらず、問題に対処すべきメンタルヘルスの取り扱い専門家がいない。というより精神医学に対する不信感ばかりが先行し、そのような発想自体が無い。

3 被害者団体は妄想性障害なのか(被害者)なのか定かならぬ人物の発言を全てリアルに発生したこととしてしまう傾向がある。現実との明確な区別ができていない状態だ。

4 妄想性障害者あるいは(被害者)が、被害者の集いで情報交換をすることにより自らの妄想に気が付くことなく、さらに妄想を強固にして現実とのズレ、誤解を修正する機会を無くしていること。

5 このような経緯で深刻な妄想性の障害者も同然となった人たちが中心となり、自分たちの主張を認めない一般市民を猜疑視し、ついには敵対行動を集団によるハラスメント行為という形で組織的に行うに至ったこと。
(ここに述べる猜疑心・敵愾心がどのようなものかは彼ら被害者のつづる被害者ブログを参照すれば観察することができる。)

※集団によるハラスメント行為とは具体的には彼ら(被害者)の主張する(集団ストーカー被害の)真似事だ。
中でも悪質なのは、ハラスメント行為を行う(被害者)が実際に発する罵詈讒言までも(脳内送信被害=幻聴被害)だとして誤魔化す行為だが、彼らにとっては正義の行いなので当然許されるべきだという理屈らしい。

自家撞着もはなはだしいことであるが、彼らにとっては集団ストーカーに対する防衛策であり報復なのだという固い信念があるようだ。

6 猜疑視、敵対行動(組織的ハラスメントという手段の精神的リンチ行為)の対象は彼らの同士たるべき被害者団体の加入者にも及んでいること。
これは(被害者)の主張する(なりすまし被害者)(工作員)なる存在を極度に恐れることから、その見極めの為と称して行われるのだが、その実態はお粗末で、意見の相違がある。気に喰わない。といった単なる人間関係上の不和を(なりすまし被害者)(工作員)問題にすり替えたものだ。

(被害者)として被害者団体に加入してくる人は心神耗弱状態にあることが多く、精神的リンチにより、たやすく屈服したのちに言いくるめられ、集団ハラスメント行為の手駒として利用されるか、口止めを強要されることになる。要はマインドコントロールだ。

被害者団体の本質がカルトも同様であると認識した時点で逃げだせばよいだけの話に見えるが、彼ら(被害者)にとっては被害者団体が最後のよりどころと映り、またそのように心理誘導される為、よほど自立心旺盛な人でなければ逃亡は困難な模様だ。

妄想に駆られた(被害者)の敵愾心にさらされる危険は(被害者)宅周辺の住民のみならず、(被害者)自身の家族や被害者団体の立ち寄り先、主に被害者集いに利用される公民館職員、公民館を利用する他の市民・被害者集いの二次会に使用される飲食店などに波及しており、問題は被害者団体内部で収まる性質のものではない。

※(被害者)宅周辺住民の危機は、淡路島 洲本の一家殺害事件を参照されたい。

7 (略)、その狂気の伝染力の強さ、あまりのモンスターペイシェントぶりに手が付けられない状態だった。
(放置すれば、尼崎で発生した角田美代子を主犯とする事件がさらに拡大した形で再現されることになると推測される。)

8 団体指導者はこのような者たちを掣肘できないばかりか、むしろ共謀関係にある。NPOにおいてはそうであった。

9 彼らは気に入らない人への復讐代行サービスを疑似集団ストーカー行為で粘着ハラスメントを行うという(特典)まで提供していた。
これを集団ストーカー妄想におびえる人々への求心力としていた反面、そのような強権を任意発動できるぞ。というデモンストレーションともなり、ハラスメント参加者への批判を力ずくで抑え込むのに一役買っていた。

以上が3年余りにわたって、NPOの内部事情を観察した結果をまとめたものですが、これはまだ概略の段階です。一読して疑問点がたくさん生まれるだろうことは承知しておりますので、ご遠慮なくお尋ねください。

あまりの馬鹿々々しさに私がNPOの集いに出席しなくなってから1年ほど経過しましたが、他人を騙しコントロールすることに一旦味をしめた彼らが、そうそう簡単に反省して態度を改めて、健全なNPO経営を行っているとは考えにくいです。
(信用できる被害者コミュニティ)と(恐ろしい外界)とを本能的に分けたがるカルト気質は何も変わってはいないでしょうね。

彼らには彼らなりの言い分があるでしょうが、(被害者)が医療機関や公的機関で相手にされず、いわば最後のセーフティネットとして藁をもすがる心境で頼るNPOにこのような一面があることは、彼ら(被害者)の精神安定上きわめて深刻な悪影響を及ぼしていると断定せざるを得ません。

私の希望としましては、彼らが一大カルト勢力として社会に猛威を振るう前に、司法からの命令で活動禁止・解散まで執行されるべきであると考えています。

 

——- ここまで——–

この告発文が、集団ストーカーと言う物に対する救いを、そうした団体に求めようと思っている人の、一つの判断材料になればと思い許可を得て掲載する事にいたしました。

 

 

 

 

「被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」の概略

被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」は、被害妄想は持っているが発病に至っていない人や、治療を受けていても被害妄想が無くならない人向けに書いた本です。

何故、被害妄想が生まれるのか、何故治療を受けても被害妄想が無くならないのか?

被害妄想を単なる妄想とか、病気の症状だと思っている限り、まず無くならないでしょう。

 

そもそも、被害妄想とは何か? 被害妄想は何故生み出されるのか? そのメカニズムを知らずに治そうとしても治るはずもありません。

逆にメカニズムを理解すれば、何処をどのように改善したら良いのかが分かります。

被害妄想は「疑心暗鬼」です。

疑心暗鬼は病気ではありません。

しかし、疑心暗鬼は不安を生み、その不安が病気を発症させる原因になるのです。

その疑心暗鬼は何故生まれるのか?

疑心暗鬼の語源は「疑心、暗鬼を生ず」です。

疑心暗鬼を生ずとは、疑いの心をもって見ると、なんでもないことでも疑わしく見えてくるということのたとえです。

つまり、疑う心。

自分を疑う、他人を疑う。

その疑う心が何故生まれるのか?

その原点に戻り、そこから改善しなければ疑心は消えないのです。

病気は治療で治せても、疑心の改善は出来ません。

「被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」は、その疑心を改善する事を目的として書いた本です。

 

 

「被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」発売開始!

被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」アマゾンにて販売中!

 

被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する

うつ病や統合失調症の治療を受けても被害妄想が無くならない、この本はそんなお悩みをお抱えている方の為の本です。
治療を受けても被害妄想が無くならないのは何故でしょう?何故 被害妄想は起きるのでしょうか?そもそも被害妄想は病気の症状なのでしょうか?
治療を受けても被害妄想が無くならない方は、そこから見直すべきではないのでしょうか?
この本は、被害妄想が何故起きるのか、何をどうすれば被害妄想が消えるのかを書いています。
被害妄想でお悩みの方は、ぜひ一度ご覧ください。

客観視を取り戻す為に

被害妄想に陥っていると、客観的な判断力や思考力が失われ、全てに於いて主観的になってしまう。

一旦客観視を失い主観的になってしまうと、客観視を取り戻す事は容易ではなくなってしまう。

主観的になってしまった人に、客観視を取り戻させる為の有効な手段が「他人の振り見て我が振り直せ」である。

被害妄想に陥っている人は、自分がサスペンスドラマの主人公にでもなったような感覚を抱いている。

しかし、同じ様な被害妄想を抱いている人を見た時には、意外と客観的に見られる人も多い。

同じ様な被害妄想を抱いている人の行動を愚かしく滑稽に感じれば、自分も他人から見れば同じ様に見えていると理解させれば客観視が戻り易くなる。

つまり、サスペンスドラマの主人公になりきっている人に羞恥心を芽生えさせるのだ。

それを意図して書いたのが「電波な人々」と「電波な人々Ⅱ」だ。

しかし、この2冊は文章だけで伝えている為、文章を読んだイメージはそれぞれ異なってしまう。

イメージの相違は共通認識の相違であり、共通認識が違えば意思の疎通は図れない。

この、話し手と聞き手のイメージの相違は、被害妄想の解消に於いて大きな障害となる。

そこで、新たに書いたのが「電波な人々Ⅲ」だ。

この著書は、youtubeに投稿されている動画にリンクして、何をどの様に勘違いしているのかを解説する形にしている。

言葉による伝達はイメージの相違を生じ易いが、映像での解説はイメージの相違を解消して共通認識を得られ易く、客観視を復活させる為には有効な手段である。

例えば「電波な人々Ⅲ」でリンクを貼っている動画に、電磁波過敏症のテレビニュースをUPした動画がある。

その中に、帽子の中にアルミ箔を貼り電磁波対策をしている人の映像がある。

何の説明も無ければ、アルミ箔は電磁波を遮断すると思って納得して見てしまうだろう。

しかし、アルミ箔を貼った帽子で電磁波の影響が少なくなったと言っている時点で、電磁波過敏症では無い事を証明しているのだ。

何故なら、アルミ箔は電波を遮断する事は確かだが、電波を受信もしてしまう。

電波の受信は金属で出来ているアンテナで受信する。

「帽子の中にアルミ箔を貼ってかぶる」と言う事は、帽子の中にアンテナを設置していると同じ事だ。

アルミ箔なので受信面積が広く、より多くの電磁波を受信してしまう形状になっている。

しかも、そのアルミ箔は頭に密着しているので、受信した電波を体に直接流している状態になっている。

電磁波を集める帽子をかぶって症状が和らぐのであれば、電磁波過敏症では無いと言う事だ。

 

その映像を、こうした理屈を知っている人が見たら、実に馬鹿げた主張にしか聞えない。

番組自体は大真面目な番組だけに、馬鹿げた行為を大真面目にやっている姿が滑稽に見える。

その感覚を体験させれば、初期段階なら客観視を取り戻せる。

 

集団ストーカー妄想は治療で治す事が困難な理由

洲本で発生した事件」で、「妄想性障害との診断を受けて治療してもマインドコントロールを外さない限り良くなる事はない。」と書いた事に対する質問メールがあったので、ここで書こうと思います。

ご質問内容は「集団ストーカー妄想は病院で治療を受けても治らないのでしょうか」と言った趣旨の内容でした。

 

それが単なる被害妄想であれば、投薬治療で不安を抑えれば被害妄想も薄れて来ます。

しかし、集団ストーカーと言うマインドコントロールに陥っていれば、投薬治療だけでは被害妄想を消す事は困難です。

 

そもそも、集団ストーカーなる物は、妄想とは少し様相が異なります。

集団ストーカー(ガスライティング)13年間の研究レポート」に掲載しているマジックドラゴンの映像を一度見てください。

この映像のマジックドラゴンは単なるペーパークラフトなので動くはずもありませんが、誰が見ても首を振って自分を見続けるように見えます。

これは妄想でしょうか?

妄想ではなく、確かに首を振っているように見えるので、それは妄想ではなく現実です。

実はこれ、妄想ではなく「錯視」が起きているのです。

つまり、集団ストーカーとは妄想ではなく、このマジックドラゴンの映像と同じ「錯視」なのです。

ですので、実際には「集団ストーカー妄想」ではなく、「集団ストーカー錯視」と言った方が現実に即しているのです。

 

例えば、洲本事件の平野容疑者が海で溺れていたとします。

溺れている平野容疑者を助けようと、洲本事件の被害者が手を差し伸べたとします。

集団ストーカーで電波攻撃を仕掛けて来ると思い込んでいる平野容疑者が、集団ストーカーの犯人と思い込んでいる人から差し伸べられた手を見てどう思うでしょう?

助けようとする手に見えるでしょうか? それとも突き放そうとする手に見えるでしょうか?

恐らく自分を突き放して殺そうとする手に見えて(感じて)しまいます。

 

では何故、自分を突き放して殺そうとする手に見えてしまうのでしょうか?

それがマジックドラゴンと同じ原理なのです。

マジックドラゴンの映像が首を振り自分を見続けているように見える原理は、凹凸の逆転です。

通常凸ている所が凹んで入る為に、脳が凹んでいる所を凸と認識してしまう為にこの様な錯視が起きるのです。

溺れている例も、これと同じ「反転の原理」なのです。

 

では集団ストーカー妄想に陥っている人は、何が反転しているのでしょう?

それが「信頼と不信」です。

他者を信頼していれば、差し伸べられた手は自分を助け様とする手に見えますが、他者に不信を抱いていれば自分を突き放そうとする手に見えて(感じて)しまうのです。

その為、集団ストーカーの被害を主張している人は、例外なく感覚が反転しているのです。

例えば「防犯パトロール」などの見守り活動が「監視活動」に見え(感じ)、気遣いや思いやりが「ハラスメント」になり、善意を悪意に感じ、人間にとって敵意の無い事を表す笑顔を敵意と捉え、自分との関連性の無い物に関連性を持って感じてしまうのです。

錯視により実際にその様に見えたり感じたりしているのですから、それは考想による「妄想」とは異なります。

また、見えている物の認識にも問題を感じる事が多々有ります。

例えば何処にでも先回りして監視している人の証拠写真と言って見せられた写真が、私が見るとまったくの別人なのですが、その人には同じ顔に見えていたりします。

それは坂田利夫の顔が松山千春に見えている状態で、特徴的な類似点「音韻修復」と同じ原理で顔を補完して見せていると考えられるのです。

錯視に対して妄想の治療やカウンセリングを行っても、根底が違っているのですから効果は期待出来ませんよね。

 

その錯視を引き起こしているのが、集団ストーカーと言うマインドコントロールなのです。

集団ストーカーと言う概念は、他者に対する不信を植え込み錯視を起させる概念なのです。

とは言う物の、普通の人は集団ストーカーなどと言う概念を知っても、どこぞの異常者が妄想で書いた物としか思えない内容です。

参項リンク(集団ストーカー、ガスライティング、ギャングストーキング、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪は全て同意語です)

リンク先の注意:これは数ある集団ストーカー妄想の一系統にしか過ぎませんし、書いてある事は何処にでもある日常です)

 

その異常者としか思えないと思っていた人ですら、条件さえ揃ってしまえば陥ってしまうのが集団ストーカーと言うマインドコントロールなのです。

その要因やメカニズムはかなり複雑ですので、それは著書をご覧ください。

 

錯視を引き起こさない様にするには、マインドコントロールを外すしかありません。

これは容易な事ではありません。

集団ストーカーの被害を主張する人の脳は不安に支配されており、その不安は扁桃体より発しています。

どれほど言葉を尽しても、扁桃体から生じる不安には勝てません。

扁桃体に言葉は通じないのです。

集団ストーカーと言うマインドコントロールが無ければ、投薬治療で不安を抑えれば必然的に被害妄想は薄れますが、投薬で不安を抑えても見えている世界が自分に危害を及ぼすように見えていれば不安は消えません。

不安とは漠然とした物なので明確な物は何も無く、単に不安に感じているだけですので、不安が薄まれば必然的に感じ方も薄まります。

それが投薬治療の効果です。

 

しかし、集団ストーカーと言う概念を植え付けられてしまうと、漠然とした物が明確になり、不安が恐怖へと変わります。

分かり易く説明すると、不安とは暗闇の中に何かが潜んでいると感じて怖がっている状態で、不安が消えるという事は暗闇に照明を付けて見えるようにする事です。

怖がっていた暗闇が明るく照らし出され、そこに何も潜んでいない事が分かれば怖さは薄れます。

そうした不安に対し、恐怖は暗闇が明るく照らされて見えるようになった時、そこに猛獣が潜んでいたような状態です。

これでは投薬治療で不安が和らいでも、恐怖が消える事はありませんよね。

つまり不安とは「暗闇の中の手探り状態」であり、恐怖とは「明確な脅威に対する恐れ」と言う違いになります。

集団ストーカーと言う概念は、暗闇の中に猛獣を見付けさせる概念なのです。

暗闇の中に猛獣を見付けさせられていたら、投薬治療で暗闇が明るく照らされても恐怖が消える事はないのです。

問題はどの程度集団ストーカーのマインドコントロールの影響を受けているかです。

これは、その人に元々備わって行った他者への信頼度(社会性)により個人差があり、その個人差は乳幼児期から青年期までの家庭環境によって変わります。

 

この不安と恐怖の違いがマインドコントロールに陥る原因の一つでもあるのです。

不安とは漠然としており「お化け」のような物で掴み処がありません。

すると不安を抱えている人は不安を払拭しようと、糸口を探そうとします。

集団ストーカーと言う概念はその糸口なのです。

集団ストーカーと言う概念で糸口を掴み相手が明確になる事で、不安が恐怖に変り「不安が解消される」のです。

違う表現をするなら、目標や仕事も持たずに将来に不安を感じていた人に、目標や仕事が出来て将来に希望を持ったような物です。

集団ストーカーと言う概念は、集団ストーカーの被害を主張する人にとっては希望ですので、集団ストーカーと言うマインドコントロールを外そうとする事は、その人の希望を奪う事でもあるのです。

希望を奪われる事は誰でも嫌ですよね。

その為、集団ストーカーと言う物にに捕らわれている人は、治療の先の自分が分からない為に治療に不安を抱き、集団ストーカーと言う希望にしがみ付こうとするのです。

これも感覚の反転ですね。

そうした集団ストーカーによる感覚の反転を是正する方法は、投薬治療ではなく「他者に対する信頼」を芽生えさせる事なのです。

 

 

聞こえても存在しない声

本人には聞こえていても、存在していない声がある。

集団ストーカーの被害を訴える人には「声が聞こえる」と言う人が多いが、その声は本当に実在するのか?

その一つの答えがこれだ。

 

これは集団ストーカー被害を訴える人が録音したICレコーダーの録音ファイルをスペクトラムアナライザーで解析した映像だ。

本人は聞こえる声に対して二度返事をしているが、音の波形は本人の「ハイ」と答える声以外に際立った変化は示していない。

声の波形はこの人の「ハイ」と言う時の波形の様に、全体的な変化を示すが、この人の「ハイ」と言う前後にそうした変化は見られない。

定期的に波形に変化がある部分があるが、それはアナログの目覚まし時計の音であり、それは録音者にも確認している。

つまり、相手の声は存在していない事を示している。

 

集団ストーカーの被害を訴える人は、証拠を取ろうとボイスレコーダーで録音しようとする。

しかし、ボイスレコーダーに録音されなければ「機械の性能が悪い」若しくは本人にしか聞こえない「脳内送信」などと考える。

また、自分の行動を指摘される内容が聞こえる為、「盗聴や盗撮」を疑う。

また、自分にしか聞こえないのは、超音波やらマイクロ波やらテレパシーを使ったテクノロジー犯罪が行われていると言う人も多い。

しかし、このファイルを録音した人は、録音ファイルの同じヶ所で同じ声が聞こえると言う。

これは録音データなので、電波やテレパシーなどが出る様な類の物ではない。

またファイルの再生は私の事務所で行っているので、異なる環境でも同じ様に聞こえている。

 

では何故本人には聞こえるのだろうか?

それが「脳の補完」なのだ。

 

この録音ファイルには本人の声以外に「ノイズ(雑音)」が録音されている。

この録音ファイルから聞こえる雑音は「雨音」と「目覚まし時計の秒針の音」が録音されている。

問題はこのノイズである。

脳の補完は、こうした雑音などのノイズを声として変換する場合と、「雑音の中に何か隠れているかも知れない」と脳が感じ、雑音の中に脳が勝手に声を作り出してしまう為に起きる。

その為、ノイズや雑音の無い「無音」の所で補完は起らない。

無音の場合、耳がボーンとした様になる場合が多い。

補完により聞こえる声は、その人の精神状態によって補完される為、自分しか知らない内容が使われる。

別の言い方をすれば、自分の行動を全てを知っているのは自分だけなので、補完によって聞こえているのであれば、自分の行動を指摘されたり考えているだけの事が声として聞こえるのは当然と言える。

また、自己否定している様な人であれば、悪口や誹謗中傷として聞える人も多い。

 

問題は、聞こえている人が何処まで自覚しているかである。

 

私の知人で双極性障害と思われる病気を発症した者がいるが、その人は弟や母が精神科に強制入院された経験から病状を知っており、自分が発病する以前から症状などの知識を持っていた。

その知識は形式知ではなく、経験知として持っていた。

その為、発病を自覚する事が出来た。

その人に声が聞こえ始めた時、私にこう言った。

「幻聴が聞こえ始めて、もう一人の自分と会話するまで酷くなった」

病気の症状である事を発病前から経験知で認識していた為、「誰か」ではなく「幻聴」との自覚を持てた。

これが全く症状などの知識を持っていなかったり、形式知だけの知識であれば自覚する事は難しいだろう。

 

こうした補完によって聞こえている場合、聴覚過敏も同時に出ている場合が多く、音に敏感になっている人が多い。

原因で最も多いのはストレスである。

 

Youtube集団ストーカー根拠映像の検証

集団ストーカー動画の検証TOP

 

音波編

電磁波編

TV・PC編

照明編

行動編

皮膚痕編

兵器編

番外編

番外編2

調査編

LED・テレビ監視妄想編

放射能編1

放射能編2

投稿編+α