近所(生活騒音)トラブル 東京と尼崎で相次いで殺人事件

2016年5月19日に東京・江戸川区のアパートで、ご近所トラブルから男が男性を拳銃で撃った後自殺した。

その原因は「足音がうるさい」など生活騒音だ。

そして2016年5月20日には尼崎で、同じアパートに住む男が上の階に住む親子をハンマーで襲い刃物で刺す事件が発生。

こちらの事件も原因は生活騒音だ。

 

こうした生活騒音で発生する殺傷事件の原因は「生活騒音」が原因と言われる。

生活騒音と言うと、さも音を立てているかの様な印象を与える。

しかし、実際に測定したり録音の解析をすると生活騒音と呼べる程の音は存在していない事が殆どだ。

その生活騒音と呼べない程の音を騒音に感じているのだが、「騒音と言えるレベルでは無い」と告げると、騒音と感じるかは個人差だと主張する。

しかしだ、その人の求める静かさを相手に迫れば、生活は出来ない。

その音も「音を出している」と思っている相手が出しているとは限らない。

そもそもその音自体が存在していなかったりもする。

では何故、騒音も無いのに騒音トラブルが起きるのか?

それは「孤立化」である。

騒音トラブルで刃傷沙汰を起した犯人は、例外無く一人暮らし、無職、対人関係の希薄な人で、孤立化している人である。

生活騒音による近隣トラブルの根底にあるのは孤立化なのだ。

 

問題は、生活騒音と言う言葉が与える印象だ。

不幸にも殺されてしまった人た刺されてしまった人、そして近隣の住人は「生活音がうるさい」と言われれば、思い当たる事を思い浮かべてしまう。

その為、文句を言われれば思い当たる事もあるので、とりあえず謝ってしまう。

一度でも謝ったら最後、執拗なマークを受けて頻繁に怒鳴り込まれるようになってしまう。

通常、音が煩いと文句を言われれば、音に十分注意して生活する。

しかし、どれ程音に注意して生活しても、相手には騒音が聞えているのだ。

何度怒鳴り込んでも、改善されなければ怒りは頂点に達してしまい、刃傷沙汰に発展する。

問題は、騒音と言う音にある。

その音が実際に隣人が出している音なら、音を出さない様に注意していれば騒音は無くなる。

しかし、実際にはそんな生活音など無かったとしたら、どれ程音を出さない様に生活していても、騒音と感じる音は止まらない。

「とりあえず謝る」と言う事は、相手からすれば「音を出している事を認めた」と言う事になる。

そうなれば「音を出すのはこいつだ」と認識され、何でもかんでも犯人扱いされる事になり、何度も怒鳴り込まれる事になる。

 

そもそも生活騒音で文句を言う人と、生活騒音を出したといわれる人では「生活騒音」の共通認識が異なるのだ。

文句を言われた人の考える生活騒音は、生活する上で出てしまう音を思い浮かべる。

文句を言う言う人は自分に聞えた音で、ドアを思いっきり閉める音、ドタドタと言う足音などで文句を言う。

しかしだ、脳内爆発音症候群と言う病気をご存知だろうか?

寝入りばなに、ドン、ドーン、ドカーン、バーン、パンとか、破裂・爆発・衝撃音系の音が聞える病気だ。

もし、脳内爆発音症候群と言う病気を知らずに、そうした音が聞えたとしたらどう思うだろう?

ドンと言う音は、床に飛び降りる音、バーンはドアを思いっきり閉める音に思えるだろう。

そして、寝入りばなに聞えて、それが何度も続けば、睡眠を妨げる嫌がらせに思えるだろう。

この脳内爆発音症候群の原因はストレスと言われている。

孤立化している人は、孤立化自体がストレスになる。(詳しくは「被害妄想解体新書」参照)

その為、孤立化している人の脳内爆発音症候群の発症リスクは高い。

そして、無職で一人暮らしであれば、自室にいる時間が長くなり酒を飲ん寝るなど、寝入りばなの頻度が高くなる。

もし、生活騒音のクレームを言っている人が、脳内爆発音症候群だったとすれば、そこに生活騒音など存在しない。

つまり、クレームを言う側と言われる側では生活騒音の共通認識が最初から異なっているのだ。

また、無職の一人暮らしで孤立化している人は、経済的理由から家賃の低い賃貸住宅に住む傾向かある。

家賃が低い住宅は、防音性が低く音が聞こえ易い。

 

この脳内爆発音症候群は、存在しない音が聞える一例でしかない。

その外に、悪口が聞こえるタイプには「聴覚過敏」が最も多い。

これは、小さな音が大きな音に聞えたり、生活騒音などの雑多な音の中に自分に対する悪口を脳が作り出してしまうので始末が悪い。

これも原因は孤立化やストレスで起きる。

聞える声と言うのは、自分自身の自己評価でしかない。

つまり、原因は自己否定だ。

 

こうした事を書いたのが「隣人クライシス」だ。

隣人クライシスでは、何故そう言った音が聞えるのか、そうした人のクレームの対応などを書いている。

 

著書「隣人クライシス 」 [Kindle版]発売開始

隣人クライシス

著書「隣人クライシス 」 [Kindle版]発売開始

著書「隣人クライシス」[Kindle版]

最近、ニュースなどで同じマンションに住む隣人による殺人や、通り魔的な犯行のニュースが後を絶ちません。
そうした犯行を犯す人達は何故その様な凶行に及んでしまうのでしょうか?
また住人同士の騒音トラブルの裏にある知られざる実体とは?

豊中で起きた隣人殺害事件

2015年5月27日に豊中で隣人が殺害される事件が起きた。

この事件も「子供がドアを叩く」とか「水道メーターの音がうるさい」と言っている所からすると、「音」による「騒音トラブル」が原因と思われる。

この騒音トラブルは、意外と殺人事件などの重大事件に発展し易い。

そして何より、騒音を口にする人の多くは精神疾患の可能性があるといっても過言ではない。

 

そこで騒音トラブルと精神疾患と殺人事件の関係性について書こうと思う。

 

まず騒音に関してだが、誰もが同様に騒音と感じる様なものは別として、他者には気にもならない程の音を「騒音」と言う人は、その時点で脳の損傷が疑われるのだ。

 

参考になるのは、脳卒中を経験した脳科学者「ジル・ボルティー・テーラー」の証言だ。

脳卒中は脳の血管が詰まったり破れたりする事で、脳細胞に栄養が行き渡らなくなり脳細胞が死滅して行く病気である。

その脳卒中になった「ジル・ボルティー・テーラー」がその時の様子を語っているのだが、その中に騒音トラブルに関係する証言が含まれている。

彼女は「シャワーの音がまるで滝の様な轟音に聞こえた」と語っている。

これと同じ様な現象が、被害妄想や精神疾患を持つ者にも起きている事は経験上知っていたが、双極性障害を発症した後輩とのやり取りである程度詳細な所まで分かっている。

 

聞こえている音のレベルだが、す通の声で電話で話をすると頭が割れるほど声が響き、ヒソヒソ話程度の声ですら耳が痛いと言う。

声が出るかでないか暗い声でやっと会話が出来たほどだ。

その聴覚過敏も一定ではなく、精神状態によって変化する。

精神が不安定になると酷くなり、精神状態が安定して暫くすると改善される。

強いストレスを感じている時ほど強く症状が出るので、何に対してストレスを感じているのか探りやすい面もある。

 

さて、これらの例から、脳卒中と双極性障害などの精神疾患で、同じ聴覚過敏の症状が起きている事が分かると思う。

その発症メカニズムに違いは有るのか?と言えば、原理的に発症メカニズムは同じである。

精神疾患の原因とされるストレスは、糖質で出来ており継続して分泌され続けると、血流が悪くなり脳細胞胞へ栄養が行き渡らなくなる。

そして脳卒中と同じ様に脳細胞が死滅したり、衰弱する事によって発生する症状が精神疾患である。

違いは急速に死滅して行くか、徐々にダメージを蓄積して行くかの違いしかない。

そして、自分の持つ被害妄想がストレスを生み出し、ストレスと被害妄想の相乗効果で脳細胞へのダメージは深刻な物となって行く。

 

殺人に至る攻撃衝動はこのストレスから生み出される。

ストレスは脊椎動物が獲得した天敵から身を守る為の自己防衛システムである。

天敵から身を守るには主に二つの方法がある。

逃げるか、敵を蹴散らすかだ。

通常は天敵から逃げようとする衝動に駆られ、追い詰められれば衝動は闘争に向かう。

 

豊中の事件が殺人にまで発展した理由の一つに、エレベーターも関係していると思う。

エレベーターと言う個室に、ストーカー犯と思い込んでいる人と一緒にいる事は、逃げ場を失った状態でもあり、逃走か闘争の間で拮抗していた衝動が攻撃に傾いてしまった可能性が高い。

容疑者は「殺すつもりは無かった」と言っているが、ナイフを持ち被害者をナイフで刺した時点で殺意があると思えるのだが、恐らく本当に殺意は無かったのだと思う。

 

それは野性の動物を見れば分かる。

草食動物が天敵に襲われた時、殆どの場合逃げる。

その中で反撃する個体がいる。

しかし、全力で攻撃はしても捕食動物のように止めを刺す事はしない。

全力で攻撃して追い払う事に専念する。

 

この容疑者も同じだと思う。

ストーカーの犯人と思いこんでいる相手を全力で攻撃した結果、死に至らしめてしまったのだろう。

ナイフと言う凶器を持って全力で攻撃すれば死ぬ事は目に見えているのだが、脳細胞が死滅していたり衰弱していたりするので、衝動に突き動かされて自制する事は難しいだろう。

 

かと言って、精神疾患を理由に減刑する事には同意できない。

衝動に突き動かされたとは言え、罪の重さは重大過ぎる。

 

例えば集団ストーカーに狙われていると言っている人でも、それが妄想かもしれないと妄想を消そうと努力している人と、妄想に一直線の人がいる。

妄想かもしれないと、妄想を消そうと努力している人は応援したいと思うが、妄想一直線の人には同情も応援もしたいと思えない。

そもそも、普段からナイフを持ち歩き、自分の妄想で他者の命や幸せを奪った人に、情状の余地は無いと思う。

奪われた命、命を落とした人の未来、そしてその家族の悲しみやこれからの苦労、その償いは精神疾患の有無にかかわらず負わなければならないと思う。

例えるなら、街に出てきた熊は保護され山に返されても、人を襲った熊は事情はどうあれ殺される。