平野達彦容疑者のTwitterの用語

このエントリーをはてなブックマークに追加

洲本で起きた殺人事件の容疑者「平野達彦」のTwitterに出て来る用語の説明。

電磁波犯罪

これを主張しているのは、とあるNPO法人で、この法人では集団ストーカーと言う言葉はあまり使われず「テクノロジー犯罪」と言う言葉を使う。

電磁波犯罪の実体は、幻聴や自律神経失調症による体の変調。

自分しか知らない事や今時分がしている事を指摘される声が聞こえる為、盗撮されて自分の行動や考えを電波やテレパシーで送信して来ると思っているのだが、自分の事を全て知っているのは自分であり、自分の脳が作る声なので、全て知られているのは当たり前。

それを「自分の思考を読まれている」と思って付けられた名称が思考盗聴。

また、電磁波照射で体調を崩されていると思い込んでいる為、それらを総じて電磁波犯罪と呼称されている。

 

ギャングストーキング

これは集団ストーカーの海外での名称で、情報ソースを海外に求める人が使う傾向がある。

 

ケムトレイル

ケムトレイルとは単なる飛行機雲を、被害妄想を抱く人が空中散布と思い込んで付けた名称。

 

HAARP

高周波活性オーロラ調査プログラムなのだが、集団ストーカーを主張する人は地震発生装置だと思い込んでいる。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です