トップページ

このエントリーをはてなブックマークに追加

集団ストーカー(ガスライティング)研究レポート

ここに掲載されている内容は、電子書籍「集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール」及び「被害妄想解体新書」「凡人教育のススメ」の一部です。 詳しくお読みになりたい方は、電子書籍をご購入ください。   また数々の事例集をまとめた「電波な人々」「電波な人々Ⅱ」「電波な人々Ⅲ」も御座いますので、類似事例の調査内容を調べる事もできます。   電子書籍はKindle端末がなくてもKindleの無料アプリでiPhoneやAndroid端末などでKindle本を読む事ができます。    

盗聴・盗撮の不安を感じたら

盗聴や盗撮されているかも? そんな不安を抱いたら、ネットであれこれ調べる前に一刻も早く調査をする事が大切です。 盗聴や盗撮の不安と心の病は表裏一体で、そうした不安が芽生えた時点で心の病の入り口に立っています。 まずは調査を行い事実確認をする事で、心の病に陥る事を防いだり、既に発症していても早期に治療すれば予後を良くする事も可能になります。 しかし、不安を抱いたままにしていると、その不安が心の病を発症させてしまいます。 更に、ネットであれこれ調べ始めると、不安な物ばかりに目が留まり心の病をこじらせてしまいます。 ご家族の方は「言えば分かる」的な考えは捨てて下さい。 不安は扁桃体から生じ、扁桃体に言葉や理屈は通じません。 言葉や理屈が通じるのは前頭葉で、前頭葉で理解しても扁桃体は理解してくれません。 扁桃体に理解させるには経験させるしかありません。 例えば、「盗聴器なんて考え過ぎ」と説得するのも、「盗聴されているかもしれない」と思うのもどちらも根拠がありません。 明確な根拠が無ければ、妄想は際限無く膨らみ続けてしまいます。 その際限なく膨らみ続ける妄想にブレーキを掛けるのが「経験による理解」です。 また、調査をすると言っても何処の業者でも良いと言う訳ではありません。 業者によっては、不安を増長させてしまう業者も多いのです。 例えば、電話で問い合わせをした時などに「こんな方法もあります」等と不安を煽り、来店を即すような業者は避けるべきだと思います。