これが本当の工作だろう

相談掲示板で、創価学会に対するこんな書き込みがある。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13171915733

同様の書き込みが6日後に書かれている。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11172163801

 

この二つ、ストーリーが変えてあるが、内容は同じ。

更に再掲載までしている。

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11172167221?__ysp=6ZuG5Zuj44K544OI44O844Kr44O8

また、別の掲示板にも投稿されている。

https://okwave.jp/qa/q9309388.html

別に創価学会を擁護する訳ではないが、これは創価学会の集団ストーカー説の根拠を捏造工作で、ネットに拡散させる目的で書かれた物と推測される。

 

これこそが工作だと私は思う。

 

 

 

 

 

淡路島5人殺害事件の初公判が始まった

淡路島5人殺害事件の初公判が始まった。

医師による鑑定では責任能力は認められると判断されている事からすると、やはり統合失調症ではなくパラノイアだったのだろう。

裁判でも「本当の被害者は私、断罪されるべきはサイコテロリストと工作員だ」

「本当の被害者は私、工作員がブレインジャックし、殺害意思を持つよう強制した」

「彼らの目的は人体実験をかねて実行している精神工学戦争を隠蔽し、大企業による複数の犯罪を隠蔽し、私の財産を奪うことにある。」

「しかも、警察までもがこれに加担している」

と相変わらずの発言している。

 

こうした妄想を治療で消すのは、まず不可能だろう。

弁護側は心神喪失か心神耗弱の状態と主張して罪を免れようとしているが、妄想が消えない被告を世に出す事は危険極まりない。

 

そこで、平野被告の妄想を消す方法を考えてみた。

 

まず、「私の財産を奪うことにある」と言う妄想を消す事が先決だろう。

ハッキリ行ってウルトラニートの平野被告には自分の財産など無い。

そこに「曖昧性」が生じている。

平野被告の財産とは親の財産であって、自分の財産ではない事を教える事だ。

その為には、親が息子に相続権を放棄させる事だと思う。

相続権を放棄した上で一切の援助はしない。

そうすれば、財産は自分の物でなく親の物であり、自分は何も持っていない事を身を持って知り、妄想の根底が崩れ始める。

妄想の根底に有る物を、一つ一つ現実の経験として学ばせなくては平野被告の妄想は消えないだろう。

妄想とは現実経験の無い所に生まれ、現実世界で経験で学んでいる所には生まれない。

故に、妄想を消すには言葉ではなく、現実世界で経験させながら現実を教えて行かなければ妄想は消えないのだ。

 

引きこもりニートを続けていると言う事は、現実経験が極端に無くなり、世界は自分の頭の中で描かれている世界だけになる。

その頭の中の世界を現実と思い込む所に、現実と妄想の曖昧性が生じる。

同時に、自分の頭の中で描いているだけの他人は自分で思い描いているだけの他人、それは現実の他人ではない。

それを本当の他人だと思う所にも、自他境界の曖昧性が生じている。

数十年間も引きこもりニートを続けていれば、その年数分だけの曖昧性が生じている訳だ。

それだけの曖昧性は生半可な事では是正されない。

 

 

 

 

被害妄想の系統と傾向と集団ストーカー妄想

被害妄想には病気の違いによる系統がある。

そして、被害妄想には一次妄想と二次妄想がある。

統合失調症に見られる妄想は一次妄想で、真性妄想とも呼ばれ、その特徴は「何故」が無い所にあり、了解不能な妄想の事を言う。

例えばCIAに狙われていると思っていても、何故狙われるのかが抜けている。

集団ストーカー妄想に多い「咳払いをして合図を送ってくる」と言った妄想も、咳払いを合図と思っているだけでそこに根拠は無い。

統合失調症の妄想の特徴は、ただ思えると言う理由だけで、確信している所に特徴がある。

 

二次妄想には何故がある妄想で、了解可能な妄想の事を言う。

双極性タイプは、同じ様にCIAに狙われていると思っていても、一応理由を持っている。

例えば、国家に不都合だからとか、人体実験に選ばれたとか、自分の才能や特殊技能、能力を妬まれてなどの理由が多い。

そうした理由はともかく、双極性タイプの妄想の特長は、狙われていると思う理由が選民意識を起点にしている所に特徴がある。

また、誇大妄想的特徴も持ち、妄想の中に天皇家やらフリーメイソンなどが登場したりする。

 

うつ病系はマイナス思考で、人間関係や社会的立場に起因した妄想が多い。

例えば、リストラストーカーを使って会社を辞めさせようとしているとか、悪評を立てて辞めさせ様としている等の妄想を抱く所に特徴があり、自律神経症状などの体の不調に対して過度な不安を持ち、そこから電波攻撃などの発想が生まれているケースが多い。

また、コンプレックス系の被害妄想もうつ病に多く見られる。

コンプレックス系被害妄想とは、例えば肥満にコンプレックスを持っている女性の隣に、スレンダーな人が立ったと言うだけで嫌がらせと感じたり、友人の無い人が友達と遊ぶ子供を見て嫌がらせと感じたりする。

言わば、当て付け系の妄想である。

自律神経症状を電磁波攻撃されていると思い込むのも、鬱病系の心気妄想の変化版と考えると分かりやすいだろう。

 

自己愛性人格障害系の妄想は、妄想に著名人の名前が出て来る所に特徴がある。

また、妄想の中に凡人には自分は理解出来ないと言う様な気風がある。

例えば、盗聴妄想一つ取っても「お前レベルで見つかる盗聴ではない」など、何事にも「自分は特別」と言う意識が根底にある。

 

境界性人格障害系は、手のひらを返す所に特徴がある。

例えば、集団ストーカー妄想団体を称賛していたかと思えば、その団体を成りすまし団体だと批判したり、ネットで共闘していたと思えば攻撃していたり、直ぐに手のひらを返す所に特徴がある。

また、ネット上であえて攻撃的言動や、挑発的言動を繰り返し相手を怒らせたり、あえて論議を平行線化させる事で、自分に係わりを持たせ続けようとする者もいる。

早い話が「かまってチャン」タイプだ。

 

こうした病気的な妄想の系統は、病気を併せ持っていれば双方の妄想も併せ持つ事になる。

また病気による妄想の系統とは別に、右脳系妄想と左脳系妄想の違いもある。

左脳系妄想は科学的な傾向を持ち、右脳系妄想はオカルト系の傾向を持ち易い。

 

集団ストーカー妄想は、これらの妄想の集大成的妄想で、多くの人が同じ妄想を抱く集団妄想である。

集団ストーカー妄想はネットで生まれた概念的な妄想であり、これらの妄想の集合体である。

病気毎の妄想系統とは別に、被害妄想には妄想のジャンルがある。

国家やCIAなどの秘密組織系、UFO系、リストラ工作等の工作系、近隣住民系、心霊系、宗教系、フリーメーソン・ユダヤ系など様々なジャンルがある。

インターネットが普及する前は、系統やジャンルはそれぞれが独立し、各々が独自の妄想を展開していた。

その妄想の生みの親と言うべき存在が、少年マガジン連載のMMRと雑誌ムーであり、1999年当時は全てこの雑誌に掲載されていた内容ばかりで作られていた。

熊本の地震の際に書かれた落書きの「HAARP」も出典はムーである。

それが集団ストーカー妄想の根底に今なお脈々と受け継がれている。

 

最初は個別の妄想を展開していたのだが、インターネットの普及と共に自分の妄想を主張出来るようになると、最初は同じジャンル同士が集まり出して集団化して行った。

次にジャンル毎の集団で親和性を持つ物同士の融合が始まった。

秘密組織系と、UFO系はUFOの墜落をアメリカが隠蔽して宇宙人を捕獲しているとか、すでに条約が結ばれているなどの記事がムーに掲載されていたので両者の親和性は高く、秘密組織系は工作系とも親和性が高く、それらが融合して行った。

宗教系と心霊系も親和性が高く融合し、秘密組織系と宗教系の二大妄想が形作られて行った。

因みに、雑誌ムーにはオウム真理教の空中浮遊も掲載されており、その後のオウムの一連の事件が重なり、そこから宗教団体が秘密兵器を開発していると言う発想が生まれている。

フリーメイソン系はフリーメイソンを主体に二大妄想の主張の使える部分だけ取り入れて独自進化して行ったので少し毛色が異なっている。

その二大妄想がある人物の主張によって融合される事になった。

それが、池田大作朝鮮人説である。

丁度その頃北朝鮮の同行が怪しくなっていた時期で、北朝鮮のスパイや潜水艇や拉致のニュースが大きく報道されていたので、北朝鮮と言う国家や秘密組織と、池田大作の宗教に親和性が生まれて合体して行った敬意があり、集団ストーカー妄想はそれらの妄想の集合体となっているのだ。

なので、どの系統の妄想であっても強い親和性を持っているので、集団ストーカー妄想を受け入れ易くなっている。

そこに一つ新たな問題が生じる事になる。

例えば、小説を読むと読んだ者は、それぞれのシーンを自分のイメージで思い浮かべるのだが、その小説が映画化されてその映画を見てしまうと映画のシーンしか浮かばなくなってしまう。

また、映画を見てから小説を読んでも映画のシーンしか浮かばず、誰もが同じイメージしか思い描けなくなってしまう。

これと同じ現象が、集団ストーカー妄想に起こる。

各系統の妄想者が、集団ストーカー妄想を読んでしまうと集団ストーカーにイメージが固定されてしまうのだ。

集団ストーカー妄想は各系統の妄想の集合体なので、言動も同じになってしまうので誤診を生んでしまう。

 

ASKAのブログ

ASKAのブログがネット上で騒がれている。

私がそれを知ったのは先月の初めだった。

 

それが本人の物か、それとも成りすましか、とある団体の偽装工作かは不明だ。

 

ASKAのブログに書かれている内容に、集団ストーカーだの盗聴盗撮だの書かれていると言う。

 

それが本物か偽者かに関係なく、覚せい剤には付き物の症状なので想定の範囲内だ。

なのでさほど興味は無い。

 

まあ一つ言えるとすると、集団ストーカーという言葉を使ったり、精神科の医師たちは、現代のテクノロジーについて行っていないだけと言っているらしいのだが、そっちの世界へ行ったら復帰は望めないの一言だ。

 

私の興味はASKAのブログではなく、ネットで話題にしている人達の反応だ。

その多くは「統合失調症」を疑っている。

また、集団ストーカーやテクノロジー犯罪の存在に言及している者もいる。

そしてあの団体は早速担ごうとしている。

 

私には、ASKAのブログが及ぼすそうした波及効果の方が断然興味深い。

 

因みにASKAは統合失調症ではなく、覚せい剤使用による精神刺激薬精神病だろう。

基本的に、覚醒剤は人工的に統合失調症を作り出す薬なので、症状は統合失調症と同じである。

その症状からネットで調べて集団ストーカーやテクノロジー犯罪と言う言葉を知ってしまった。

その言葉を使い始めた段階で、マインドコントロール状態となり、言動は集団ストーカー教やテクノロジー教の経典を読み上げるだけになる。

 

その経典は統合失調症を始めとする様々な精神疾患者の妄想で作られているので、統合失調症の言動と見分けが付かなくなる。

 

それは著書でも書いている事だ。

 

そんな事より、集団ストーカー教やテクノロジー教の輩が行う行動パターンだ。

今の所、いつもの様に担ぎ上げようとしているだけだ。

テク教は迎え入れる姿勢も見せているが、まだコンタクトはなさそうだ。

コンタクトがあれば、ここぞとばかりに騒ぎ出すだろう。

集スト教やテク教は、自分達の主張を信じてもらうために、ASKAと言う権威性を利用しようとしている。

奴らが騒げば騒ぐほど、それがネットで広がりASKAは偏見の目で見られる事になる。

それはブログ主の虚実に係わらず、どれほどASKAの立ち直りの障害になる事だろう。

 

 

もし本物だった場合、清水由紀子さんの二の舞にならない事を願うばかりだ。

当事者ほど真実は見えない

被害妄想解体新書」の追記に、被害妄想をコリオリの力の原理で物理的な説明を加えた。

集団ストーカーと言う被害妄想」でも書いていたが、「被害妄想解体新書」ではもっと詳細な内容にした。

集団ストーカーやガスライティングの被害に遭っていると言う人は「当事者でなければ分からない」「遭って見なければ分からない」と主張する。

しかし、コリオリの理論からすれば「当事者である限り分からない」「遭っていないからこそ分かる」それを説明出来る。

そして、コリオリの論理は、当事者が客観的視点に立つ事が出来ない事も説明出来る。

 

被害妄想とは回転する円盤の上にいる状態だ。

回転する円盤の直上に円盤から独立させて固定カメラを設置する。

これが客観的視点である。

回転する円盤の上にボールを転がすと、定点カメラはボールが真っ直ぐに進む事を観測する。

しかし、円盤の上にいる人にはボールが自分に向ってきたり、自分から遠ざかって行く様に見える。

これが被害妄想であり、主観的観測である。

客観的観測の基本は高きより全体を見通す事だ。

円盤の直上に脚立を使って定点カメラを設置する場合、円盤の上に脚立を立ててしまえば、カメラも一緒に回ってしまうので、脚立を円盤をまたぐ形で設置しなければならない。

被害妄想という回転する円盤に乗っている人が、どんなに高きより客観的に見ようとしても、円盤の上に脚立を立ててしまうので、回転する円盤から降りない限り円盤の外に脚立は立てられず、客観性は持てない。

つまり被害妄想から外れなければ客観性は持てず、どれ程客観的に見ようとしても主観的にしか見る事が出来ない。

また、被害妄想の人に近付き過ぎれば同じ円盤の上に乗る事になってしまうので、客観性は失われる。

 

被害妄想解体新書」では何故被害妄想の人は円盤が回り出すのか、被害妄想の人の感覚が何故反転するのか、どうしたら回転を止められるのかなども書いている。

被害妄想は曖昧性

被害妄想や集団ストーカー妄想について調べを進めて行くと、最終的に「曖昧性」に辿り着く。

現実なのか非現実(妄想)なのか、自分に向けられた言動なのか他者に向けられた言動なのか、自分なのか他人なのか、有るのか無いのか、受動なのか能動なのか、被害妄想を抱く者はそうした感覚が実に曖昧になっている。

誰かが自分の悪口を言っていると感じる、誰かに狙われていると感じる、盗聴や盗撮されていると感じると言った類の被害妄想は「自他境界の曖昧性」によって発生する。

(詳しくは被害妄想解体新書を参照

それと同じ様に、被害妄想には「現実と非現実(妄想)の曖昧性」が存在する。

集団ストーカー妄想に於ける現実と非現実の曖昧性が発生する最大の要因は「調べる」と「確認」の混同であり、それも一つの曖昧性だ。

インターネットでは色々な事が検索すれば調べられる。

しかし、どれ程ネットで調べたとしても、書物を読んだとしても、それは実際に自分で経験して確認した訳では無い。

自分の経験や体験による検証が伴っていなければ、頭の中だけの事なので妄想と変わらない。

被害妄想を持つ人にはそうした確認作業が欠落しているのだ。

ネットで検索して調べ、ネットで確認したから間違い無いと思っても、それは確認では無い。

ネットで著名人と言われている人が現実社会でも著名人とは限らない。

ネットニュースで書かれているからと言って現実とは限らない。

またネットニュースを書いている人自体がフェイクニュースを鵜呑みにしてたりする。

ネットの多数意見が現実の多数意見とも限らない。

内部告発や暴露も実際の所、何所までが真実なのかは分からない。

そうした不確実な物を信じてしまうと、そこに現実と非現実の曖昧性が生じて、非現実を現実だと思い込んでしまう。

そしてその思い込みが、見える世界を色眼鏡で見せてしまう。

 

こうした事はインターネットだけの話ではなく、噂を信じてしまう人も同じだ。

災害の時に出回る「デマメール」を鵜呑みに信じて友人知人に送ってしまう人も、振り込め詐欺に引っかかる人も「確認」作業が抜けている。

振り込め詐欺を例に説明しよう。

振り込め詐欺の第一段階は、息子を装う犯人から「俺だけど」と電話が掛かって来る。

その時には、殆どの人は声の違いに気付いているのだが、風邪で声の調子が悪い等と言って誤魔化し、電話番号が変わったので登録し直してと伝えて来る。

この時に、登録せずに以前から登録してある息子の電話に電話して確認すれば簡単に見抜けるのだが、確認せずに息子として登録してしまうと、次に犯人から電話が来ると息子の名前が表示されてしまう。

息子の名前が表示された電話に出ると、犯人の声を脳が勝手に息子の声に補完してしまうので引っかかってしまう。

振り込め詐欺で息子を名乗る犯人の話す世界は「非現実」なのだが、それを現実だと思い込んでしまう。

これも「現実と非現実の曖昧性」であり、犯人の声が息子の声に変換される事が「色眼鏡」となっている。

 

振り込め詐欺に引っかかる原理と集団ストーカーを信じてしまう原理は同じなのだ。

 

被害妄想を抱く人達は、イジメや嫌がらせを受けていると言う。

しかし、感じる、思える、と言うばかりで確認はしない。

当人からすれば、自分が感じているから間違いではないと確信している。

しかし、相手の真意を聞くに至る人はまずいない。

聞いたとしても、犯人扱いして聞く事で、相手が動揺したり反発したりする。

その動揺を見て「見破られてうろたえている」と思ったり、反発を「誤魔化そうとしてる」とか思ったりする。

それも色眼鏡でしかなく、他人と言う鏡に映った自分を見ているに過ぎないのだ。

最初から相手を疑って聞けば、相手がどんなに「知らない」と言っても信じる事が出来ないのだ。

そして、相手が否定すればするほど疑いは深まる。

 

世界観と言う物を考えてみよう。

世界観は家に例えると分かりやすい。

家を作る時、最も大切なのは「同じ尺度」で建てる事だ。

もし、異なる尺度で建てれば歪な家となり、歪な家は崩壊してしまう。

例えば、図面の寸法に5としか書いてなかったとしよう。

そして、左右の柱や梁を手掛けるのは異なる国の人なら、尺度はそれぞれの国で使っている尺度で考えてしまう。

すると、右の柱が5M、左の柱は5インチ、左の梁は5尺、右の梁は5ヤード。

左右の柱、左右の梁が全て同じ尺度であれば立方体の建物が出来るが、尺度が全て違えば建てる事すら儘ならない。

ネットで調べたり、書物を読んだり、テレビで見た情報を鵜呑みにして世界観を構築すると言う事は、異なる尺度で家を構築するのと同じである。

ネットに書かれている事は書いた人の尺度で書かれており、それは書物もテレビも同じだからだ。

そうした異なる尺度には「換算」が必要になる。

その換算は、自分の足で歩き、自分の手で触り、自分の目で確かめなければ出来る物ではない。

例えば、小学生の頃には広く感じた校庭が、大人になってから見ると然程広く感じない。

それは自分の歩幅が変わり、スケールが変わったからである。

そして歩幅は人それぞれ違うので、感じ方も人それぞれ違うのだ。

言葉は見た物、感じた事、様々な体験を他人に伝え、その話を聞けばその光景を思い浮かべ、自分で経験して無い事をさも自分で体験したかのように感じる事が出来る。

しかし、それはあくまでも他人の経験であって自分の経験ではない。

そこにスケールの違いが有ることに気付かず、ネットや書物で得た知識で世界観を構成していれば、歪な世界観を持つ事になる。

しかも、ネットや書物には都合の悪い事は書かれていなかったり、歪曲して書かれていたりする。

そうした事を知らずに鵜呑みに信じてしまえば、歪さに拍車が掛かる。

歪な世界観の中にいると言う事は、何時崩れるかもしれない不安定な家に住んでいるのと同じである。

故に、何時崩れるかも知れない不安に襲われ、多大なストレスを継続的に受け続ける事になる。

不安とは「身に危険が及ぶかも知れない」と思える時に発生する。

「かも知れない」を分かり易い言葉に直すと「闇」であり、「疑心暗鬼」の語源が、不安と言う物を的確に表している。

疑心暗鬼の語源は「暗闇と言うだけで疑い、鬼がいるかのように見える」と言う意味である。

つまり闇とは未知であり、知らない、分からないと言った意味である。

つまり、未知だからこそ危険が潜んでいないかが不安となり、知っていれば不安にはならない。

だからこそ、不安に駆られると自分にとって未知なる物や未知なる世界を疑い、知りたい衝動に駆られてそれらを調べてしまうのだ。

しかし、経験の伴わない知識を集めれば集めるほど世界観は歪になり、そんな世界観の中で過ごしていれば継続的にストレスを受ける事となる。

経験のある事なら必要以上に考えないが、経験も無い事をあれこれ考えると不安が不安を呼び、際限なく考え続けてしまう事になる。

そして何より、疑いを持って調べると言う事は、疑いを晴らす情報には目もくれず、疑いを深める情報しか集めようとはしなくなる。

そこに情報の非対称性が生まれ逆選抜の状態に陥る。

その逆選抜で構築された世界観こそが継続的ストレスの温床なのだ。

 

そして、その継続したストレスこそ精神疾患の原因なのだ。

そう考えると、インターネットの普及率の推移と精神疾患の発症率の推移が重なっている事の因果関係を理解できるだろう。

 

例えばそうした世界観を「盗聴」の世界観で具体的に説明しよう。

実際の盗聴器を見た事も触った事もない人の持つ盗聴に関する知識は、主にTVやネットで言われている事だけで世界観が作られている。

そうした世界観では、さも盗聴が日常的に横行している様に思われている。

 

TVの盗聴特集などは我々専門家が見れば一目で嘘だと分かるのだが、鵜呑みにしている人は気付けない。

ネットでそれを嘘だと指摘すれば「お前とはレベルが違う」とか言われたり、出演者に対するやっかみだと言われたりする。

しかし、それはレベル以前の問題なのだ。

では、何故一目でわかるのか?

簡単な事だ。

テレビに嘘が堂々と映り込んでいるからである。

しかし嘘が堂々と映り込んでいても、殆どの人は全く気付けない。

それが分からないと言う事は、現実の事は何も知らず嘘を見抜けないと言う事だ。

言い方を変えると、何も知らないからテレビの嘘やデマカセが見抜けず、TVと言う権威性で信じてしまうのだ。

そして鵜呑みに信じた人達が、ネットで声高に危険を指摘して拡散し、拡散した事で、さも多数意見かの様な錯覚に陥り、不安な社会を作り上げて行く。

その拡散した人達の多くに悪意は無く、善意で行っているから始末が悪い。

 

TVの嘘が一目で分かるポイントを商用ページの方に書いている。

それを読んだ上で私のブログを、ブログに張ってあるリンク先を見ながら読んで見ると良い。

私の商用ページの説明を理解出来たのなら、恐らくリンク先の世界観の歪さや不信感を煽られている事が理解出来るだろう。

そして様々な意見が愚かしく思えるだろう。

リンク先を見ても分からない人の為に説明しておこう。

私のブログ「内容はこんな感じ」で掲載されているレシーバーのレベルゲージ(バリ線)は8本立っている。

この機種のレベルゲージは9段階表示である。

そのレベルゲージで盗聴器との距離を有る程度割り出せるのだ。

レベルゲージMAX(9本)が電波の発信源となり、レベル0~1が最大到達距離となる。

盗聴器の電波到達距離は100Mなので、レベルゲージ1本当たり11Mの計算になる。

リンク先のレシーバーの写真はレベル8であり、それは盗聴器との距離が11M前後である事を示している。

(電波到達距離が100Mの理由は商用ページを参照)

しかし、盗聴されていたとされているのは10階であり、距離に換算すると少なくとも30Mを超えていて、レシーバーのレベルゲージが盗聴器は10階ではなく至近にある事を示しているのだ。

つまり、レシーバーのレベルゲージがそこに仕掛けられていない事を示している。

つまり嘘。

TVの盗聴特集は殆ど同じ様な嘘で作られている。

https://ameblo.jp/jgblog/theme-10069386345.html(TVの盗聴特集の嘘 メンバー登録必要)

そんな嘘の報道で、~が仕掛けるとか、~の時が危ないなどと言っても実際には何の信憑性も無く、そうした話に何の根拠も無い。

私が最も許せないのは、何の根拠も無くデマカセで「~が仕掛ける」等とテレビで言い、真面目に働いている人達に疑いの目を向けさせる出演者の言動である。

 

この盗聴の世界観と同じ様な世界観を植え付けられてしまったのが豊洲市場の問題である。

植え付けられた先入観の一番厄介な所は、一度先入観を持ってしまえば、全てが怪しく思えてしまう事だ。

例えば豊洲市場の問題でも、一旦疑いの目を持ってしまうと、過ちを正す意見が擁護や言い訳にしか受け取られず、全体の風向きが変わるまで聞く耳は持たれなくなってしまう。

そして、疑惑を指摘し追及する者は称えられ支持を集め、更なる疑惑を探し出し追及しようとする。

しかし、それは当たり前の事を知らないが故の疑惑でしかなく、その為に何億もの税金が無駄に消える事になる。

そうした観点を持って見ると、税金の無駄遣いを無くそうと声高に支持を集めた人が、最も税金を無駄に使っている事が見えて来る。

 

話を盗聴の世界観に戻そう。

ブログのリンク先の様々な意見は盗聴ありきで語られている。

それが先入観に影響された思考であり、一旦先入観を持たされてしまうと、その先入観に支配された見方しか出来なくなってしまう。

それこそが歪な世界観である。

そして、植えつけられた先入観は簡単には消えず、歪な世界観から受けるストレスが精神を蝕んで行く。

精神疾患を発症するだけならまだ良い。

ストレスは自律神経のバランスを崩し、その延長線に精神疾患が有るのだが、その不安な状態が続くと死の危険性が高まってくる。

自律神経は心臓も司っている為、心不全を起す確率が高まり、免疫力の低下から発ガン率も上がる

 

ネットで集団ストーカーだと騒ぎ、集団ストーカーがさも実在するかのように吹聴する事は、信じた人を死に追いやる事にもなり兼ねない。

また、集団ストーカーを信じ続けている人は、死の危険が高まっている事を自覚した方が良い。

 

こうした世界観は人間関係も同じだ。

例えば、調査依頼者や相談者からよく耳にするのが「あの人は電気屋だからそれ位出来る」とか「あの人はパソコンに詳しいからそれ位出来る」と言った言葉だ。

それらはイメージで言っているだけで、過大評価した妄想上の相手でしかないのだが、それを現実の相手だと思い込み、勝手に敵対視して不安に怯えている。

そこに現実と妄想の曖昧性が生じ、同時に自他境界の曖昧性も生じる事になる。

とある集団ストーカー系の団体に対する告発メール

 

ある方から、集団ストーカー系の団体の内部告発のメールを頂き、掲載の了解も頂きましたので転載いたします。

 

———ここから——–

 

古牧様

集団ストーカー・テクノロジー犯罪被害解決を標榜する被害者団体の問題点。というテーマでお話をさせていただきたいと思います。
主にNPOでの体験を基にしていますが、NPOだけの問題ではなく、被害者団体全般に言えることかもしれませんので、表記を被害者団体としています。その点お含みおきください。
また私は今でもテクノロジー犯罪というものが、あり得るのかもしれないな。というスタンスですので、古牧さんと認識のズレがあるかもしれません。

以下、とても硬い口調で述べ立てていますが、要は「結局NPOって表面は疑似科学で内情はカルト教団だった、このペテン師どもどうしてくれようか。」というようなお話です。
心の病のカテゴリについての知識が乏しいものですから、お見苦しい点が多々あることを、あらかじめお詫びいたします。

1 被害者団体は妄想性障害の発症者と彼らの主張する(被害者)との区別が出来ない。全て(被害者)として一括りにしていること。
(この質問をNPO理事長にぶつけると「私の長年の経験で判断した。」と逃げられる。基準はあっても彼の感覚的な事であって、とても公にできる性質の代物では無いだろう。)

2 このような事情で妄想性障害者と一般人が混在している状態で、様々な危険が想定されるにもかわらず、問題に対処すべきメンタルヘルスの取り扱い専門家がいない。というより精神医学に対する不信感ばかりが先行し、そのような発想自体が無い。

3 被害者団体は妄想性障害なのか(被害者)なのか定かならぬ人物の発言を全てリアルに発生したこととしてしまう傾向がある。現実との明確な区別ができていない状態だ。

4 妄想性障害者あるいは(被害者)が、被害者の集いで情報交換をすることにより自らの妄想に気が付くことなく、さらに妄想を強固にして現実とのズレ、誤解を修正する機会を無くしていること。

5 このような経緯で深刻な妄想性の障害者も同然となった人たちが中心となり、自分たちの主張を認めない一般市民を猜疑視し、ついには敵対行動を集団によるハラスメント行為という形で組織的に行うに至ったこと。
(ここに述べる猜疑心・敵愾心がどのようなものかは彼ら被害者のつづる被害者ブログを参照すれば観察することができる。)

※集団によるハラスメント行為とは具体的には彼ら(被害者)の主張する(集団ストーカー被害の)真似事だ。
中でも悪質なのは、ハラスメント行為を行う(被害者)が実際に発する罵詈讒言までも(脳内送信被害=幻聴被害)だとして誤魔化す行為だが、彼らにとっては正義の行いなので当然許されるべきだという理屈らしい。

自家撞着もはなはだしいことであるが、彼らにとっては集団ストーカーに対する防衛策であり報復なのだという固い信念があるようだ。

6 猜疑視、敵対行動(組織的ハラスメントという手段の精神的リンチ行為)の対象は彼らの同士たるべき被害者団体の加入者にも及んでいること。
これは(被害者)の主張する(なりすまし被害者)(工作員)なる存在を極度に恐れることから、その見極めの為と称して行われるのだが、その実態はお粗末で、意見の相違がある。気に喰わない。といった単なる人間関係上の不和を(なりすまし被害者)(工作員)問題にすり替えたものだ。

(被害者)として被害者団体に加入してくる人は心神耗弱状態にあることが多く、精神的リンチにより、たやすく屈服したのちに言いくるめられ、集団ハラスメント行為の手駒として利用されるか、口止めを強要されることになる。要はマインドコントロールだ。

被害者団体の本質がカルトも同様であると認識した時点で逃げだせばよいだけの話に見えるが、彼ら(被害者)にとっては被害者団体が最後のよりどころと映り、またそのように心理誘導される為、よほど自立心旺盛な人でなければ逃亡は困難な模様だ。

妄想に駆られた(被害者)の敵愾心にさらされる危険は(被害者)宅周辺の住民のみならず、(被害者)自身の家族や被害者団体の立ち寄り先、主に被害者集いに利用される公民館職員、公民館を利用する他の市民・被害者集いの二次会に使用される飲食店などに波及しており、問題は被害者団体内部で収まる性質のものではない。

※(被害者)宅周辺住民の危機は、淡路島 洲本の一家殺害事件を参照されたい。

7 (略)、その狂気の伝染力の強さ、あまりのモンスターペイシェントぶりに手が付けられない状態だった。
(放置すれば、尼崎で発生した角田美代子を主犯とする事件がさらに拡大した形で再現されることになると推測される。)

8 団体指導者はこのような者たちを掣肘できないばかりか、むしろ共謀関係にある。NPOにおいてはそうであった。

9 彼らは気に入らない人への復讐代行サービスを疑似集団ストーカー行為で粘着ハラスメントを行うという(特典)まで提供していた。
これを集団ストーカー妄想におびえる人々への求心力としていた反面、そのような強権を任意発動できるぞ。というデモンストレーションともなり、ハラスメント参加者への批判を力ずくで抑え込むのに一役買っていた。

以上が3年余りにわたって、NPOの内部事情を観察した結果をまとめたものですが、これはまだ概略の段階です。一読して疑問点がたくさん生まれるだろうことは承知しておりますので、ご遠慮なくお尋ねください。

あまりの馬鹿々々しさに私がNPOの集いに出席しなくなってから1年ほど経過しましたが、他人を騙しコントロールすることに一旦味をしめた彼らが、そうそう簡単に反省して態度を改めて、健全なNPO経営を行っているとは考えにくいです。
(信用できる被害者コミュニティ)と(恐ろしい外界)とを本能的に分けたがるカルト気質は何も変わってはいないでしょうね。

彼らには彼らなりの言い分があるでしょうが、(被害者)が医療機関や公的機関で相手にされず、いわば最後のセーフティネットとして藁をもすがる心境で頼るNPOにこのような一面があることは、彼ら(被害者)の精神安定上きわめて深刻な悪影響を及ぼしていると断定せざるを得ません。

私の希望としましては、彼らが一大カルト勢力として社会に猛威を振るう前に、司法からの命令で活動禁止・解散まで執行されるべきであると考えています。

 

——- ここまで——–

この告発文が、集団ストーカーと言う物に対する救いを、そうした団体に求めようと思っている人の、一つの判断材料になればと思い許可を得て掲載する事にいたしました。

 

 

 

 

客観視を取り戻す為に

被害妄想に陥っていると、客観的な判断力や思考力が失われ、全てに於いて主観的になってしまう。

一旦客観視を失い主観的になってしまうと、客観視を取り戻す事は容易ではなくなってしまう。

主観的になってしまった人に、客観視を取り戻させる為の有効な手段が「他人の振り見て我が振り直せ」である。

被害妄想に陥っている人は、自分がサスペンスドラマの主人公にでもなったような感覚を抱いている。

しかし、同じ様な被害妄想を抱いている人を見た時には、意外と客観的に見られる人も多い。

同じ様な被害妄想を抱いている人の行動を愚かしく滑稽に感じれば、自分も他人から見れば同じ様に見えていると理解させれば客観視が戻り易くなる。

つまり、サスペンスドラマの主人公になりきっている人に羞恥心を芽生えさせるのだ。

それを意図して書いたのが「電波な人々」と「電波な人々Ⅱ」だ。

しかし、この2冊は文章だけで伝えている為、文章を読んだイメージはそれぞれ異なってしまう。

イメージの相違は共通認識の相違であり、共通認識が違えば意思の疎通は図れない。

この、話し手と聞き手のイメージの相違は、被害妄想の解消に於いて大きな障害となる。

そこで、新たに書いたのが「電波な人々Ⅲ」だ。

この著書は、youtubeに投稿されている動画にリンクして、何をどの様に勘違いしているのかを解説する形にしている。

言葉による伝達はイメージの相違を生じ易いが、映像での解説はイメージの相違を解消して共通認識を得られ易く、客観視を復活させる為には有効な手段である。

例えば「電波な人々Ⅲ」でリンクを貼っている動画に、電磁波過敏症のテレビニュースをUPした動画がある。

その中に、帽子の中にアルミ箔を貼り電磁波対策をしている人の映像がある。

何の説明も無ければ、アルミ箔は電磁波を遮断すると思って納得して見てしまうだろう。

しかし、アルミ箔を貼った帽子で電磁波の影響が少なくなったと言っている時点で、電磁波過敏症では無い事を証明しているのだ。

何故なら、アルミ箔は電波を遮断する事は確かだが、電波を受信もしてしまう。

電波の受信は金属で出来ているアンテナで受信する。

「帽子の中にアルミ箔を貼ってかぶる」と言う事は、帽子の中にアンテナを設置していると同じ事だ。

アルミ箔なので受信面積が広く、より多くの電磁波を受信してしまう形状になっている。

しかも、そのアルミ箔は頭に密着しているので、受信した電波を体に直接流している状態になっている。

電磁波を集める帽子をかぶって症状が和らぐのであれば、電磁波過敏症では無いと言う事だ。

 

その映像を、こうした理屈を知っている人が見たら、実に馬鹿げた主張にしか聞えない。

番組自体は大真面目な番組だけに、馬鹿げた行為を大真面目にやっている姿が滑稽に見える。

その感覚を体験させれば、初期段階なら客観視を取り戻せる。

 

集団ストーカーと言う思想を知らない人の為の説明

洲本の事件やボウガンの事件で耳にする「集団ストーカー」と言う言葉。
何も知らない人なら「集団でのストーカー行為」などと理解するだろう。

また「被害妄想」なら説得で理解させる等、何らかの対処が出来ると思うだろう。

しかし、集団ストーカーと言う思想はそんな生易しい物ではない。
集団ストーカー思想はカルト宗教だと思えば分かりやすい。

神を犯行組織に置き換え、「神の御業」を「犯行」に置き換えた物が集団ストーカーと言う思想だ。

カルト宗教を妄信している人に「そんな神様はいない」と言っても「神は絶対にいる」と言うのと同じ様に、集団ストーカーなど存在しないと言っても「集団ストーカーは絶対存在する」と信仰を捨てない。

「神はいつも貴方を見守っています」と言う教えが「犯行グループは常に貴方を監視しています」に置き換えられる。

信仰していない人には「日常の出来事」でも、信仰している人には「神のご加護」と受け止めるのと同じ様に、日常の出来事を「ストーカー行為」と受け止める。
道で咳をする人に出あったり、マスクをしている人を見かけたり、そんな日常の何気無い出来事をストーカー行為と受け止める為に、集団でストーカーされていると言う事になる。

厄介なのは、そんな感覚を持って生活していれば継続的なストレス状態になり、自律神経のバランスが崩れて体調不良に陥る。
集団ストーカー思想では、その体調不良を電磁波や超音波による攻撃と教える。
そもそも宗教に入信しようと言う人は、宗教に救いを求めて入信する。
それは集団ストーカー思想に取り付かれる人も同じだ。

元々社会性が低い為に社会に馴染めず、ストレスを溜め込んでいる人達なので、集団ストーカー思想に出会う前から体調不良を抱えていたりする。
違う表現をするなら、集団ストーカー思想とは究極のネガティブ思考である。
集団ストーカー思考に出会う前からネガティブ思考の人が、集団ストーカー思考に出会う事で究極のネガティブ思考になる。

通常のネガティブ思考は単なるマイナス思考なのだが、究極のネガティブに陥ると、見えている世界、感じる世界も写真のネガの様に反転してしまう。

ネガもポジも同じ物を写した物なのだが、ネガに写っている世界とポジに写し出されている世界は全くの別世界だ。

ポジの写真ではにこやかに笑っている写真でも、ネガで見ると不気味に見える。
集団ストーカーを信奉する人が感じている世界は、そんなネガの様な世界なのだ。
つまり、集団ストーカー思想は感覚の反転である。
この感覚の反転で、彼等の感覚や被害を分かりやすく説明しよう。

恐怖の毒ガス「O2C」
この恐怖の毒ガスO2Cは人を死に至らしめ、地球の環境にも影響を与える。
そんな毒ガスが、至る所からばら撒かれている事実を知ってしまった。

自動車にも排出装置が秘密裏に組み込まれ、工場などにも排出装置が設置されている。
これは国家的な陰謀で、国家に不要な人間を人知れず合法的に抹殺しようとしているに違いない。

O2CとはCO2のCとO2を反対にしただけで、二酸化炭素の事である。
この二酸化炭素のように当たり前にある物を、O2Cと言う毒ガスだと思い込んでいるのが集団ストーカーを信じている人達である。

集団ストーカー妄想は治療で治す事が困難な理由

洲本で発生した事件」で、「妄想性障害との診断を受けて治療してもマインドコントロールを外さない限り良くなる事はない。」と書いた事に対する質問メールがあったので、ここで書こうと思います。

ご質問内容は「集団ストーカー妄想は病院で治療を受けても治らないのでしょうか」と言った趣旨の内容でした。

 

それが単なる被害妄想であれば、投薬治療で不安を抑えれば被害妄想も薄れて来ます。

しかし、集団ストーカーと言うマインドコントロールに陥っていれば、投薬治療だけでは被害妄想を消す事は困難です。

 

そもそも、集団ストーカーなる物は、妄想とは少し様相が異なります。

集団ストーカー(ガスライティング)13年間の研究レポート」に掲載しているマジックドラゴンの映像を一度見てください。

この映像のマジックドラゴンは単なるペーパークラフトなので動くはずもありませんが、誰が見ても首を振って自分を見続けるように見えます。

これは妄想でしょうか?

妄想ではなく、確かに首を振っているように見えるので、それは妄想ではなく現実です。

実はこれ、妄想ではなく「錯視」が起きているのです。

つまり、集団ストーカーとは妄想ではなく、このマジックドラゴンの映像と同じ「錯視」なのです。

ですので、実際には「集団ストーカー妄想」ではなく、「集団ストーカー錯視」と言った方が現実に即しているのです。

 

例えば、洲本事件の平野容疑者が海で溺れていたとします。

溺れている平野容疑者を助けようと、洲本事件の被害者が手を差し伸べたとします。

集団ストーカーで電波攻撃を仕掛けて来ると思い込んでいる平野容疑者が、集団ストーカーの犯人と思い込んでいる人から差し伸べられた手を見てどう思うでしょう?

助けようとする手に見えるでしょうか? それとも突き放そうとする手に見えるでしょうか?

恐らく自分を突き放して殺そうとする手に見えて(感じて)しまいます。

 

では何故、自分を突き放して殺そうとする手に見えてしまうのでしょうか?

それがマジックドラゴンと同じ原理なのです。

マジックドラゴンの映像が首を振り自分を見続けているように見える原理は、凹凸の逆転です。

通常凸ている所が凹んで入る為に、脳が凹んでいる所を凸と認識してしまう為にこの様な錯視が起きるのです。

溺れている例も、これと同じ「反転の原理」なのです。

 

では集団ストーカー妄想に陥っている人は、何が反転しているのでしょう?

それが「信頼と不信」です。

他者を信頼していれば、差し伸べられた手は自分を助け様とする手に見えますが、他者に不信を抱いていれば自分を突き放そうとする手に見えて(感じて)しまうのです。

その為、集団ストーカーの被害を主張している人は、例外なく感覚が反転しているのです。

例えば「防犯パトロール」などの見守り活動が「監視活動」に見え(感じ)、気遣いや思いやりが「ハラスメント」になり、善意を悪意に感じ、人間にとって敵意の無い事を表す笑顔を敵意と捉え、自分との関連性の無い物に関連性を持って感じてしまうのです。

錯視により実際にその様に見えたり感じたりしているのですから、それは考想による「妄想」とは異なります。

また、見えている物の認識にも問題を感じる事が多々有ります。

例えば何処にでも先回りして監視している人の証拠写真と言って見せられた写真が、私が見るとまったくの別人なのですが、その人には同じ顔に見えていたりします。

それは坂田利夫の顔が松山千春に見えている状態で、特徴的な類似点「音韻修復」と同じ原理で顔を補完して見せていると考えられるのです。

錯視に対して妄想の治療やカウンセリングを行っても、根底が違っているのですから効果は期待出来ませんよね。

 

その錯視を引き起こしているのが、集団ストーカーと言うマインドコントロールなのです。

集団ストーカーと言う概念は、他者に対する不信を植え込み錯視を起させる概念なのです。

とは言う物の、普通の人は集団ストーカーなどと言う概念を知っても、どこぞの異常者が妄想で書いた物としか思えない内容です。

参項リンク(集団ストーカー、ガスライティング、ギャングストーキング、電磁波犯罪、テクノロジー犯罪は全て同意語です)

リンク先の注意:これは数ある集団ストーカー妄想の一系統にしか過ぎませんし、書いてある事は何処にでもある日常です)

 

その異常者としか思えないと思っていた人ですら、条件さえ揃ってしまえば陥ってしまうのが集団ストーカーと言うマインドコントロールなのです。

その要因やメカニズムはかなり複雑ですので、それは著書をご覧ください。

 

錯視を引き起こさない様にするには、マインドコントロールを外すしかありません。

これは容易な事ではありません。

集団ストーカーの被害を主張する人の脳は不安に支配されており、その不安は扁桃体より発しています。

どれほど言葉を尽しても、扁桃体から生じる不安には勝てません。

扁桃体に言葉は通じないのです。

集団ストーカーと言うマインドコントロールが無ければ、投薬治療で不安を抑えれば必然的に被害妄想は薄れますが、投薬で不安を抑えても見えている世界が自分に危害を及ぼすように見えていれば不安は消えません。

不安とは漠然とした物なので明確な物は何も無く、単に不安に感じているだけですので、不安が薄まれば必然的に感じ方も薄まります。

それが投薬治療の効果です。

 

しかし、集団ストーカーと言う概念を植え付けられてしまうと、漠然とした物が明確になり、不安が恐怖へと変わります。

分かり易く説明すると、不安とは暗闇の中に何かが潜んでいると感じて怖がっている状態で、不安が消えるという事は暗闇に照明を付けて見えるようにする事です。

怖がっていた暗闇が明るく照らし出され、そこに何も潜んでいない事が分かれば怖さは薄れます。

そうした不安に対し、恐怖は暗闇が明るく照らされて見えるようになった時、そこに猛獣が潜んでいたような状態です。

これでは投薬治療で不安が和らいでも、恐怖が消える事はありませんよね。

つまり不安とは「暗闇の中の手探り状態」であり、恐怖とは「明確な脅威に対する恐れ」と言う違いになります。

集団ストーカーと言う概念は、暗闇の中に猛獣を見付けさせる概念なのです。

暗闇の中に猛獣を見付けさせられていたら、投薬治療で暗闇が明るく照らされても恐怖が消える事はないのです。

問題はどの程度集団ストーカーのマインドコントロールの影響を受けているかです。

これは、その人に元々備わって行った他者への信頼度(社会性)により個人差があり、その個人差は乳幼児期から青年期までの家庭環境によって変わります。

 

この不安と恐怖の違いがマインドコントロールに陥る原因の一つでもあるのです。

不安とは漠然としており「お化け」のような物で掴み処がありません。

すると不安を抱えている人は不安を払拭しようと、糸口を探そうとします。

集団ストーカーと言う概念はその糸口なのです。

集団ストーカーと言う概念で糸口を掴み相手が明確になる事で、不安が恐怖に変り「不安が解消される」のです。

違う表現をするなら、目標や仕事も持たずに将来に不安を感じていた人に、目標や仕事が出来て将来に希望を持ったような物です。

集団ストーカーと言う概念は、集団ストーカーの被害を主張する人にとっては希望ですので、集団ストーカーと言うマインドコントロールを外そうとする事は、その人の希望を奪う事でもあるのです。

希望を奪われる事は誰でも嫌ですよね。

その為、集団ストーカーと言う物にに捕らわれている人は、治療の先の自分が分からない為に治療に不安を抱き、集団ストーカーと言う希望にしがみ付こうとするのです。

これも感覚の反転ですね。

そうした集団ストーカーによる感覚の反転を是正する方法は、投薬治療ではなく「他者に対する信頼」を芽生えさせる事なのです。