聞こえても存在しない声

このエントリーをはてなブックマークに追加

本人には聞こえていても、存在していない声がある。

集団ストーカーの被害を訴える人には「声が聞こえる」と言う人が多いが、その声は本当に実在するのか?

その一つの答えがこれだ。

 

これは集団ストーカー被害を訴える人が録音したICレコーダーの録音ファイルをスペクトラムアナライザーで解析した映像だ。

本人は聞こえる声に対して二度返事をしているが、音の波形は本人の「ハイ」と答える声以外に際立った変化は示していない。

声の波形はこの人の「ハイ」と言う時の波形の様に、全体的な変化を示すが、この人の「ハイ」と言う前後にそうした変化は見られない。

定期的に波形に変化がある部分があるが、それはアナログの目覚まし時計の音であり、それは録音者にも確認している。

つまり、相手の声は存在していない事を示している。

 

集団ストーカーの被害を訴える人は、証拠を取ろうとボイスレコーダーで録音しようとする。

しかし、ボイスレコーダーに録音されなければ「機械の性能が悪い」若しくは本人にしか聞こえない「脳内送信」などと考える。

また、自分の行動を指摘される内容が聞こえる為、「盗聴や盗撮」を疑う。

また、自分にしか聞こえないのは、超音波やらマイクロ波やらテレパシーを使ったテクノロジー犯罪が行われていると言う人も多い。

しかし、このファイルを録音した人は、録音ファイルの同じヶ所で同じ声が聞こえると言う。

これは録音データなので、電波やテレパシーなどが出る様な類の物ではない。

またファイルの再生は私の事務所で行っているので、異なる環境でも同じ様に聞こえている。

 

では何故本人には聞こえるのだろうか?

それが「脳の補完」なのだ。

 

この録音ファイルには本人の声以外に「ノイズ(雑音)」が録音されている。

この録音ファイルから聞こえる雑音は「雨音」と「目覚まし時計の秒針の音」が録音されている。

問題はこのノイズである。

脳の補完は、こうした雑音などのノイズを声として変換する場合と、「雑音の中に何か隠れているかも知れない」と脳が感じ、雑音の中に脳が勝手に声を作り出してしまう為に起きる。

その為、ノイズや雑音の無い「無音」の所で補完は起らない。

無音の場合、耳がボーンとした様になる場合が多い。

補完により聞こえる声は、その人の精神状態によって補完される為、自分しか知らない内容が使われる。

別の言い方をすれば、自分の行動を全てを知っているのは自分だけなので、補完によって聞こえているのであれば、自分の行動を指摘されたり考えているだけの事が声として聞こえるのは当然と言える。

また、自己否定している様な人であれば、悪口や誹謗中傷として聞える人も多い。

 

問題は、聞こえている人が何処まで自覚しているかである。

 

私の知人で双極性障害と思われる病気を発症した者がいるが、その人は弟や母が精神科に強制入院された経験から病状を知っており、自分が発病する以前から症状などの知識を持っていた。

その知識は形式知ではなく、経験知として持っていた。

その為、発病を自覚する事が出来た。

その人に声が聞こえ始めた時、私にこう言った。

「幻聴が聞こえ始めて、もう一人の自分と会話するまで酷くなった」

病気の症状である事を発病前から経験知で認識していた為、「誰か」ではなく「幻聴」との自覚を持てた。

これが全く症状などの知識を持っていなかったり、形式知だけの知識であれば自覚する事は難しいだろう。

 

こうした補完によって聞こえている場合、聴覚過敏も同時に出ている場合が多く、音に敏感になっている人が多い。

原因で最も多いのはストレスである。

 

聞こえても存在しない声」への5件のフィードバック

  1. ピンバック: 幻聴が聞える人の判定方法を考案した | 集団ストーカー(ガスライティング)

  2. ピンバック: 幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い | 集団ストーカー(ガスライティング)

  3. 入力されたご意見、ご要望、お問い合わせ

    youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=c-R5t6xqLto&feature=youtu.be

    脳内音声について

    ・テクノロジー犯罪の被害内容は、主に「思考盗聴」、「音声送信」、「感覚送信」、「電磁波兵器攻撃」などに大別される。
    「思考盗聴」は、文字通り人間が脳内で考えている言葉やイメージなどをリアルタイムに外部から盗聴する技術。
    「音声送信」は、通信ケーブルなどを一切使わずに遠隔的に人間の脳内に音声を送り込む通信技術。
    「感覚送信」は、人間が持つ五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)に対して、痛みや不快感など様々な感覚を外部から人為的タイミングで送信する技術。さらに人間の行動や思想をある程度まで操る、マインドコントロール効果もある。
    これらは全て電磁波(マイクロ波)通信を悪用したハイテク技術兵器によって実行されており、その出力を調整する事によって、人体に対して直接的な危害を加える事も可能だという。既に海外ではテクノロジー犯罪の存在についてメディアが報道し、法規制されている国まである。
    ※参考動画「電磁波マインドコントロール
    64 :テクノロジー犯罪被害対策マニュアル ・音声送信とは、被害者の脳内に24時間年中休み無く複数人物からの語り掛けが行われる被害である。その会話内容は大半が被害者への罵詈雑言や挑発、脅迫、虚言で騙そうとするなど極めて苦痛的なもの。被害者の脳内にだけ響く音声なので、当然ながら第三者には一切聞こえないし、証拠録音も極めて困難。

    ・被害が始まったばかりの時期は、実際に耳で聞こえる音量と変わらないぐらいの大きな声で聞こえるが、何故かある時期を境に段々と声が小さくなってゆき、最終的には脳内で微かに聞こえる程度の音量に落ち着く。その理由は定かではないが、多くの被害者が同様の経緯を辿っているようだ。今後、一度小さくなった声が再び大きくなる可能性も考えられなくはないが、被害者の証言からそういったケースはほとんど聞かれない。

    ・音声送信は水道の流れる音や家電製品のモーター音など、自然音と重なるようにして聞こえるパターンもある。この場合、水道が流れてる間は音声送信の声が聞こえ、水道を止めると同時に音声送信もまた途切れる。感覚的には水を流すタイミングにピッタリ合わせて音声送信して来たというよりも、通常では聞き取れない周波数の音声送信が常に送られて来ていて、自然音と重なった時だけその声が聞こえるといった感じである。実際に被害を受けてみないと分からないが、水道から「死ね、死ね、死ね」などと聞こえて来る様は実に不気味。

    ・これは意識をよく集中させて聞いてみると分かる事なのだが、被害者の脳内では通常の会話ペースで喋る音声送信と同時に、脈拍のようなペースで一言ずつゆっくりと喋る音声送信も送られて来ている。どちらも、その発言内容は全く同じ。例えるならラジオを2台用意し、どちらも同じ選局に合わせて音声を同時に聞いている感じ。ただし、片方のラジオだけ音声のスピードが異常に遅い、と言えば分るだろうか?

    ・どんなに音量が小さくなっても音声送信は脳内に直接響くので、意識的に無視する事は極めて困難。ただし、座ったままの状態で頭を極端に下げた姿勢になると音声送信がいくらか聞こえ難くなるようだ。音声送信は、感覚的には上空から音波のように響いて来ているように感じる。

    ・被害対策:まだ音声送信のボリュームが大きくて被害が酷かった時期、自分(=筆者)はよくラジオを大音量にした状態で、それをイヤホンで聞いて気を紛らわせていた。その際、普通にラジオ番組を聞くよりも、選局をズラしてノイズを聞いていた方が格段楽。音声送信被害が酷い初期被害者の方は、是非お試しを。

    ・後頭部および右脳側頭部に音声送信で単純な命令を繰り返し送られると、つい行動が操られそうになる。例えば道端で女性や子供と擦れ違う際に「蹴れ、蹴れ、蹴れ!!」などと命令して来たり、店で買い物中に「万引きしろ、万引きしろ!!」と言って来たり、駅のホームでは「自殺しろ、自殺しろ!!」などと命令して来る。こういった被害者の意にそぐわない命令には逆らう事が出来るが、もっと単純でリスクの少ない行動を命令されると時折操られてしまう事がある。例えば「イライラしろ、イライラしろ!!」とか「忘れろ、忘れろ、何でも忘れろ」など。

  4. 入力されたご意見、ご要望、お問い合わせ

    youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、盗撮できる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

    https://www.youtube.com/watch?v=c-R5t6xqLto&feature=youtu.be

    脳内音声について

    < 思考盗聴器の原理についての考察 >

    思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(金属イオン、もしくは金属イオンに似た性質のイオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)あるいはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。

    これには、対象者に、その人がもつ固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた電波を当てた場合、その人に固有の共振電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し、測定する方法を用います。    

    対象者に電波を当てた時、共振現象を引き起こす事ができる、その人だけがもつ固有の周波数と振幅、およびにその波形の事を、その人がもつ固有の生体情報と解釈する事ができます。また参考までに、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。

    現在、対象者に固有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

    http://tocana.jp/2014/11/post_5125_entry.html

  5. ピンバック: 嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別 | 集団ストーカー(ガスライティング)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です