統合失調症と集団ストーカー妄想は別物

このエントリーをはてなブックマークに追加

yahoo知恵袋より移設

yahoo知恵ノートの終了に伴い知恵ノートより移設。

 

被害妄想は統合失調症の症状では無い

集団ストーカーやガスライティングについての質問に対し、直ぐに統合失調症と決め付ける人が多いのだが、集団ストーカーやガスライティングと統合失調症は別物である。
別物ではあるが、そうした物が実在している訳でも無い。

 

集団ストーカーやガスライティング妄想とは、人間不信や被害妄想を持つ者がインターネットで陥るマインドコントロールであり、集団ストーカーやガスライティング妄想と被害妄想は分けて考える必要がある。

 

うつ病や統合失調症から来る症状は「不安感」であり、その不安感から被害妄想が生まれるのだが、病気でなくても被害妄想は生まれるので、被害妄想は病気の症状とは言えない。
被害妄想の原点に有るのは人間不信である。
その人間不信の原因が、病気から来る不安感であれば投薬治療で不安が治まれば勝手に消えるのだが、愛着形成に問題が有れば投薬治療で不安が治まっても、愛着形成を正さなければ被害妄想は消えない。

 

これが集団ストーカーやガスライティングと言うマインドコントロールに陥っていれば、マインドコントロールを解かなければ、愛着形成を正す事も出来ない。

 

まるで竹の子の皮の様だ。

 

 集団ストーカーやガスライティング妄想に陥る資質

幻聴が自他境界の曖昧性で起きるのと同じ様に、ネットによるマインドコントロールは現実と非現実の曖昧性によって陥り易い。

 

例えば「調べる」と「確認」の違いだ。
インターネットのマインドコントロールに落ちやすい人は、ネットで調べただけで「確認」したという人が多い。
しかしそれは確認では無く、他人の言動や文章を鵜呑みに信じているに過ぎない。
自分自身の検証作業が伴っていないのだ。
そこに「虚実の曖昧性」が生じる。
乱暴な言い方をすると、実験の伴わない科学は妄想と変わらないのである。

 

また、「調べる」と言う事は、知らないから調べるのであって、最初から知っていれば調べない。
そして、知らない事を調べても、知らない人はその虚偽を見抜く事が出来ないので、半信半疑ながらも書いてある内容を読み、それが先入観となる。

 

一旦先入観を植え付けられてしまえば、それまでスルーしていた物を意識して探し、見付けてしまう。
そのスルーしていた物とは、気にも留めなかった日常である。
人間不信や被害妄想を持つ人に、「それが犯行の手口」と先入観を与えられて、自分で見付けてしまえば信じ込んでしまう。

 

なので、彼等には他人の日常が自分に対する嫌がらせの手口に見えている。
集団ストーカーは、ストレスから来る自律神経症状持つ人に対し、電磁波攻撃とか超音波攻撃とかテクノロジー犯罪との先入観を植え付けられて、マインドコントロールに陥る。
だからこそ、皆が同じ言動になる。

 

 集団ストーカー=統合失調症と言う人も同じ資質

幻聴や被害妄想的な質問をすると、直ぐに統合失調症と決め付け病院へ行けという人は、統合失調症の症状に、幻聴幻覚、被害妄想と書いてあるのを読んだり聞いたりして、鵜呑みに信じて決め付けているに過ぎない。
もし、何人もの集団ストーカーやガスライティングの被害に遭っていると主張する人達に会い実態を調査すれば、幻聴や幻覚、被害妄想と言う物は、病気を起こす原因であって特有の症状では無い事を理解するだろう。

 

実際問題として、そうした人達に治療を薦めて、統合失調症と診断されたケースは極めて少なく、精神疾患や神経症を発症していなかったケースもある。

 

 決め付けは追い込む事になる

知恵袋で、集団ストーカー=統合失調症と返信する事は、「病気に仕立る手口」との確信を与え、マインドコントロールの深みに追い込む事になる。

 

マインドコントロールは症状では無いので、マインドコントロールに陥っていれば治療の効果は現れ難くなり、本人のみならずその家族の方を、何時終わるとも知れない不幸に落とし込む事になる。

 

 この事は新たな治療法を示す

通常、治療は投薬が中心で、主に投薬で不安を軽減させる。
インターネットが普及する前であれば、不安が軽減すれば被害妄想も薄らいだのだが、ネットが普及し、マインドコントロール状態になっていれば、日常が犯行と思い込まされているので、不安が消えても被害妄想は消え難い。
しかし、マインドコントロールと言う視点を持ては、治療とは別に「マインドコントロールを外す」と言う視点が生まれてくる。
実際、治療を受けても被害妄想が消えなかった人のマインドコントロールを外すと、被害妄想はなりを潜めて治療の効果が出ている。

 

また、発病の疑われる人のマインドコントロールを外しても、特定の被害妄想は消えるが不安は消えない。

 

発病に至っていないと思われる人のマインドコントロールを外すと立ち直る。
そうした事から、治療とマインドコントロールは別に対応すべき問題である事が分かる。

 

 集団ストーカーの本当の恐ろしさ

集団ストーカーやらテクノロジー犯罪を信じる事は個人の自由だ。
なので、集団ストーカーやらテクノロジー犯罪やらを信じている人に、「そんな物は妄想だ」とは言わない。

 

しかしこれだけは覚えておいた方が良い。

 

そんな物を信じ続けていると、脳細胞が徐々に破壊されて行き、やがては廃人となるか事件を起こして逮捕されるか、自死を選ぶかしかなくなる。

 

通常ストレスが一ヶ月継続すれば、大半の人が鬱病になる。
それはストレスにより脳血流が悪化し、脳細胞がダメージを受けて萎縮していくからだ。

 

集団ストーカーやテクノロジー犯罪と言うマインドコントロールは、日常を犯行と思わせてしまう。
その為、ストレスを受け続ける事になる。
ストレスを受け続ければ、脳は萎縮を続け機能を失って行く。

 

萎縮とは、脳細胞が死滅して行く事を意味する。

 

つまり、信じ続けている期間が長くなるほど、脳の機能は失われ、脳の回復は望めなくなると言う事だ。

 

何を信じるかは個人の自由だ。
しかし、信じた結果は自分に返って来る事を忘れてはならない。

 

関連知恵ノート

統合失調症と集団ストーカー妄想は別物」への4件のフィードバック

  1. ピンバック: 騒音の無い生活騒音トラブル | 集団ストーカー(ガスライティング)

  2. ピンバック: 幻聴や被害妄想は統合失調症特有の症状では無い | 集団ストーカー(ガスライティング)

  3. 2013年6月から前者の社員と在籍していた会社の社員から「死ね」「殺せ」と継続的に誹謗抽象が始まりました。直属の上司と上手く行かずそこ事が原因かと思い、都内の会社を退職し実家の福島に戻りました。それまで自殺を何度も試み、10月には精神をコントロールすることも難しく、母に連れられ統合失調症と診断されました。半年後には状況はおさまり、頭がおかしかったと認識していました。
    しかし2017年6月から再び始まり、前者の出来事は事実であり、病気ではなかったと認識しました。また【思考盗聴】と言われて入り事を知り、皆さんも同様の状況、対応であった事を把握しました。今回は都内の会社を退職するとともに、8月には同棲中だった彼とも別れ、実家に戻りましたがこちらの出会いも仕組まれていたものだと把握しまし、やはり前回同様今回も家族も加担していた事を再度認識しました。6月から8月までは実家に戻っては彼に連れ戻され、別れた後は結婚を強要される命令が主要で、相変わらずほぼ前回と同メンバーに家族が加わった形です。1度目は誰も信じられず、殺されるのではないかと恐怖で好きでもない16際も年上の人と肉体関係を結ぶ形になってしまい、統合失調症から復帰後もそれでも呪縛が解けませんでした。その後ようやく出会って幸せだと信じ込んでいましたが、結局この4年間は空白の4年間でした。加害者はいい事をしている、お前のためだと言いますが、自殺まで何度も行い、統合失調症の薬のせいで乳が出て生理も止まってしまい産婦人科にも通院し、顔半分の皮膚は鱗みたいにぺろっとはがれただれ皮膚科にも通ったのはなんだったのだろうと考えます。今も「最低だ」と言われ、他の被害者の証言からまだこらから30年も続くのかと思っています。24時間暴言が続き整合性はなく、論理的でもなく、1人きりだと自分が悪いと思っていましたが皆さんのHPやNPOのHPを見ることだけが心の支えかもしれません。

  4. ◆◆キューバ 音響攻撃 外交官事件についてと天皇陛下にがんされてる件
    集団ストーカー

    キューバの外交官狙われた事件は、BMI です。
    毎日違う拷問を受けてわかりました。アトピーも1日でなるしなおります。周りの人も。

    統合失語症は存在しません。メデューサの話す機能です。

    がん
    アトピー
    皮膚薄くする
    ハゲる
    髪の毛パサパサ
    脳の軽く破壊
    記憶操作
    めまい
    吐き気
    嘔吐
    いぼ
    目や、顎の変形
    ほくろ
    肩つる
    肩こり
    肺に穴
    苦しい肺
    喘息
    げっぷ
    胃痛
    腸痛
    耳鳴り
    難聴
    視力低下
    腹鳴り
    腸鳴り
    喉なり
    しゃっくり
    あくび
    おしっこもらし
    おしっこガス
    ガス
    毛深くする
    筋肉痛
    こむらがえり
    水腫
    ほくろ
    水圧血管ナイフ
    体の部位に痛み
    糖尿病
    臭気攻撃

    メデューサでできること 1980年ごろからできる
    片方パソコンか携帯とパソコンにさすcpuチップSDがいる
    遠隔で見る
    遠隔で話す
    思考を読む
    記憶を読む(思考盗聴)
    人のコントロールも何かでできる

    テレパシー実験の防衛省か
    衛星のペンタゴンか
    cpuチップのcpuかに
    電話してデータベースのパスワード変えてもらう

    テレパシー装置メデューサは、
    プログラム持ってる方の思い通り声も、映像もあやつれる装置です。
    偽物映像に、ご注意下さい。

    犯人長老の特徴
    ワードできない英語できる
    政府の電話番たかし25歳ぐらいの親
    孫が17歳ぐらい
    神奈川県か東京の豪邸ぐらし
    議員以外で軍あやつれる存在
    大嘘つきだけど嘘がうますぎて信用がある

    電磁波を脳にあてて蝸牛から電気信号をとりペンタゴンの衛星使ってテレパシーして盗聴盗撮する集団ストーカー
    人体実験

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です