嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別

このエントリーをはてなブックマークに追加

※ 電子ブック「被害妄想解体新書: 被害妄想を知り克服する」アマゾンにて販売中!

 

以前は「集団ストーカーと統合失調症の判別方法」として書いていたのですが、記述内容がかなり古くなりましたのでリニューアルに伴い書き直す事にします。

まず、何が古く内容がそぐわないのか? についてですが、著書「集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール」でも書いていますが、かつては集団ストーカーは統合失調症の方の幻聴に過ぎなかった物が、様々な病の症状と重なっていますので「嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別」としてタイトルも改める事にしました。

病の症状と言う以前に、病を発症する潜在的要因からも集団ストーカー的感覚に囚われる事も分かって来ましたので、以前書いていた内容では必ずしも病なのか実際の被害なのかの区別が付かなくなっています。

詳しくお知りになりたい方は著書を読まれる事をお奨めします。

 

さて、嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別ですが、結論から言えば「映像に勝る物無し」です。

犯人や犯行を撮影するのでは無く、自分を24時間音声付で撮影する事です。

その上で、その画像を確認し、画像の音声を解析する事です。

また撮影記録は出来る限り残すようにしましょう。

 

その理由をご説明します。

今まで数多くの集団ストーカーに代表される被害妄想の方の調査を行って来ました。

中には複数年に亘り相談を受け続けている人もいます。

そうした中で様々な経験を積ませて貰いました。

そして分かった事は、幻聴や記憶障害は統合失調症に限った事では無く、鬱病や双極性障害などの精神疾患にも共通した症状なのです。

幻聴とひと括りにしていた物も、カクテルパーティー効果であったり、脳の補完であったり、聴覚過敏であったりする事も分かって来ました。

記憶障害も、単に短期記憶が無くなるだけでなく、過去の記憶が改ざんされたケースを何件も目の当たりにしました。

五感からの情報や、記憶も当てにならないのです。

 

例えば「隣室や隣家の騒音」と言う騒音被害ですが、騒音被害を訴える人は「騒音と感じるのには個人差がある」と言い、「他の人には煩く聞こえなくても自分には煩い」と言う話をよく耳にします。

しかしその個人差が問題なのです。

私が遭遇した人にはこんな人もいました。

聴覚過敏に陥っている人との電話で話した時、普通に話すと耳が痛くなるほど煩く聞こえるのです。

その人の電話のボリュームも確認しましたが、私には通常レベルの音の大きさでしか聞こえません。

そこで私がヒソヒソ話程度の声で話しても、まだ耳がキンキンすると言うので、声がでるか出ないか位の声で話して会話をしました。

これは極端な聴覚過敏の人の例ですが、もしその人が近隣の人に、騒音の個人差を理由に「静かにしてくれ」と要求したら、それは近隣の人に「生活するな」と言っているのと同じですので無理な話なのです。

問題は、聴覚過敏に陥っている人は、自分の聴覚過敏に気付いておらず、自分が聞こえている音が基準になっていて聴覚過敏を「個人差」と思っている所なのです。

自分が聴覚過敏である事に気付かず、通常の生活音が騒音に聞こえて、クレームを付けていたらどう言う事になるでしょう。

相手からすれば、最初は自分の生活音が煩かったかもしれないと、思い当たる所を改善するでしょう。

それでも原因は聴覚過敏ですから、騒音は止まる事はありません。

するとまたクレームを付けます。

すると相手は緊張した生活を強いられる事になり、やがては反発され無視されるか、引越しを余儀なくされてしまいます。

そんな事が続けば近隣の人から要注意人物としてマークされる事になるでしょうし、そんな事を繰り返していれば家主や管理会社から退去を求められる事にもなるでしょう。

本人からすれば、注意しても無くならない騒音は嫌がらせにしか思えないでしょうし、近隣の人から要注意人物と思われていれば、近隣の人の視線や態度もよそよそしくなるでしょう。

騒音と近隣の人の態度を見れば、本人は結託した嫌がらせに思えるかもしれませんね。

しかし客観的に見れば、聴覚過敏の人のレベルに合わせろ言う事が無理ですし、聴覚過敏である事に気付かない事こそ一番の原因なのです。

 

また「声が聞こえる」と言う人は、誰の声かより先に「声の存在」の確認が必要です。

実際にあった例ですが、誰もいない自分しか居ない部屋で誰かが喋り掛けて来るという事例がありました。

その人は確かに聞こえ、その人と会話もしていると言うのですが、理論的に考えて誰もいない部屋で誰かと会話する事等有り得ません。

そこで録音する事を提案し録音してもらいました。

しかし録音はその人の声だけしか聞こえません。

誰が聞いてもその人の声しか聞こえないのですが、不思議な事にその人が録音を聞くと、何度聞いても同じ声が聞こえると言うのです。

不思議な話しですよね。

本人には何度聞いても同じ声が聞こえるのに他者には誰も聞こえなければ、皆で自分を騙そうとしているとしか思えませんよね。

 

記憶障害はもっと厄介です。

記憶障害は記憶が無くなっている事にすら気付けません、記憶が無いのですからね。

自分が食べた物、自分が動かした物の記憶が無くなれば、誰かがやったとしか思えません。

参項の為に、アメーバブログの方に書いた記憶障害の人との会話の記述をそのまま転載します。

今何処にいるの?

小牧市。

小牧の何処?

犬山の近く。

今日は調子が悪い。
今何処にいる?
だから小牧。
小牧の何処?
今さっき話したじゃん。
え?聞いてないよ。

そんな会話を繰り返し、やっと用件に入った。
預けてある鞄の中にボイスレコーダーがあるんだけど、今日取りに行ってもいいかな?
19時なら大丈夫。

今何処にいるの?
だから小牧だって!
忘れないうちにメモしろよ。
何を?
ボイスレコーダー取りに来るんだろ?
何?ボイスレコーダーって?

だから、ボイスレコーダー取りに来るって電話じゃないの?
あれ?俺そんな話ししたか?

話す先から忘れているじゃん。
早急に病院へ行った方が良いぞ。

俺もそう思う。

ところで、預けたはずの財布が手元にあるんだけど、何で持っているんだろう?
それは一昨日身分証明になる物が財布の中にあるからって取りに来て、金は封筒に入れて財布だけ持って行ったの覚えていない?

覚えていない。

 

これは、双極性障害と思われる人との会話ですが、酷い場合には話す先から忘れてしまいます。

本人には聞いた記憶や自分の行動の記憶が無くなっていますので、記憶に無ければ不審にしか思えません。

またこんな例もあります。

同居のカップルの女性が、男性に対して暴力を振るっていました。

暴力を振るっていた当時に、その女性から何故暴力を振るっていたのかの理由まで聞いていたのですが、その一年後にその女性は「暴力を振るわれていた」と記憶が書き換わっていたのです。

「した」と「された」が見事に逆転していたのです。

こうした事を目の当りにして来ると、人の記憶による話を鵜呑みに出来ません。

その人には双極性障害の診断が出ていました。

 

こうした事を目の当りにして来ると「客観的検証」の必要性を痛感します。

記憶障害系の検証には映像しか有りません。

それも24時間常時録画で自分を写し続けるのです。

そして不審に思った時間の映像や音声を確認する事です。

犯人が存在していれば必ず映りますし、自分の記憶に無い自分が映っていれば記憶障害です。

録画はHDDレコーダーに室内用防犯カメラを使用して撮影します。

状況によりカメラを増設して複数の部屋での撮影や、異なるアングルでの撮影も必要な場合もあります。

※ リンク先の商品は商品改定があるとページが変更されますので、リンク切れになっていたらトップページからお探しください。

 

外出時には偽装型カメラでの撮影が有効です。

これは犯人探しではなく、自分の行動の記録です。

徒歩の場合、ホームビデオカメラや携帯カメラで撮影しながら歩くと「変な人」と怪しまれてしまいますので、胸ポケットにボールペン型のビデオカメラを使用すると怪しまれずに済みます。

また、車で移送する場合にはドライブレコーダーを利用すると安全に撮影できます。

 

そうして撮影した映像を数年間は保管して置くと、記憶の改ざんが行われていた場合の客観的判断材料になります。

音声付の映像から音声だけを抜き取る場合は、Any Audio Converterが無料で使える。

 

さて聴力過敏かどうかを簡易的にですが調べる方法もあります。

これは「声が聞こえる」タイプの人の判別法にもなります。

まず聞こえる音や声をボイスレコーダーで録音します。

使用するボイスレコーダーは外部入力端子付きの機種を選び、外部入力端子にピンマイクなどの外部マイクを接続して録音します。

本体マイクによる録音ではダメです。

本体マイクで録音する場合には工夫が必要で、本体を糸などで天井から耳の高さまで吊るして録音します。

外部マイクで録音する時にも、外部マイクを耳の高さまで吊るして録音します。

何故この様にマイクを耳の高さまで吊るして録音する必要があるかと言えば、耳の高さで録音すれば耳で聞こえているのと同じ音が録音出来ます。

そして最も重要なポイントは、テーブルや床などに置いて録音すると、床などの振動を拾ってしまうからです。

例えば、テーブルに耳を押し当てると家の様々な振動音が大きく聞こえます。

テーブルや床に置いての録音では、その音を録音してしまうので、聞こえている音を正しく録音できないのです。

 

聴覚過敏で最も重要な事は音圧レベルです。

騒音規正法も音圧レベルで規制されています。

騒音の測定で問題になるのが、音源と特定場所との位置関係です。

小さな音でもマイクの直前で録音すれば音圧は高くなり離れれば低くなります。

テーブルや床に置いての録音は、音源の上にマイクを置いて録音するのと同じですので、その様にして録音しても何の意味もありません。

聞こえる音を聞こえている状態で録音するには、振動の影響を受けないように弾力性のある糸やゴムで天上から吊るし、耳の高さで録音する必要があるのです。

録音型式ですが、出来る限り非圧縮で録音します。

ファイル形式としては、WAVやWAVA型式で録音します。

理由は、MP3型式では可聴域を超える周波数や可聴域未満の周波数を圧縮してしまうので、可聴域の範囲外の音の測定には向いていません。

また、マイク感度の切り替えが出来るボイスレコーダーなら高感度設定にしないでください。

高感度設定は増幅設定ですので、聞こえている音圧が増幅されてしまいますので、正確な録音とは言えません。

 

録音したファイルを、WaveSpectraなどの解析ソフトを使って解析します。

このソフトで解析すれば、ある程度の音圧も分かりますので、その音圧が騒音規正法の範囲内であれば誰にも文句を言えませんし、通常人が気にならないレベルの音が気になるのであれば、自身の聴覚過敏を疑って下さい。

 

声が聞こえるタイプの人は、このソフトの波形で他の音の波形があるかを確認する事で、声の存在の有無を確認できます。

声が聞こえる場合の重要なポイントですが、声が聞こえる時に「ノイズ」や「騒音」などが録音されていないか?

これが最も重要なポイントです。

事例で書いた「声が聞こえる」人が、同じ所で同じ声が聞こえる理由が、ノイズ等の騒音なのです。

ノイズや騒音を、脳が声として認識してしまう為に同じ所で同じ音声が聞こえるのです。

声が聞こえる人の大半は、ノイズや音声を脳が補完して音声に変換していますので、全くの無音の時に声は聞こえません。

全くの無音でも声が聞こえる様でしたら、統合失調症も視野に入れるべきだと思います。

 

人ごみの中で、声が聞こえる場合もボイスレコーダーの録音で有る程度判別できます。

 

人ごみの中で声が聞こえた時の録音を、再生して聞いても聞こえた声が録音されているのか否か、殆どの人が分かりません。

その理由は、そこに人がいないからなのです。

これも脳の補完の一つで「カクテルパーティー効果」と言います。

脳は視覚から入って来る情報も処理して音や声として認識しています。

録音だけを聞いた場合、視覚情報がありませんので声として認識しないのです。

つまり、聞こえていたのは脳に補完された声ですので、実際には存在しない声なのです。

例えばこの映像を見ながらなんと言っているのか聞いてみてください。

※注意 試したい方は、下の動画では無く、こちらで試して下さい。 

リンク先には、動画の前に映像の無い音声だけが聞けるようにしてありますので、先に音声ファイルを聞いてからお試しください。

恐らく、ダダダーダ、ザザザーザ、ナナナーナ等と聞こえると思います。

しかし、目を閉じてもう一度聞くと「バババーバ」に聞こえると思います。

これが視覚情報に影響を受けた、脳の聴覚補完で「音韻修復」と言います。

 

この映像は、バババーバと言う音声に、ダダダーダと言う発音の映像を合成してあります。

「バ」と言う発音は、破裂音である為に一度唇を閉じないと発音出来ません。

しかし映像は唇を閉じていませんので、脳は「バ」の発音は有り得ないと判断して、似た発音の音に補完してしまうのです。

そして目を閉じて聞くと、視覚情報が遮断される為に、本来の「バ」に聞こえるのです。

 

しかし、この映像を目を閉じて聞いた時「バナナーナ」などに聞こえる人もいます。

「バナナーナ」に聞こえた人は双極性障害や統合失調症の人でしたし、映像を見ながら聞いても「バババーバ」に聞こえていた人もいました。

その人は癲癇でした。

この様に、この映像を見てどんな発音に聞こえるかだけでも、ある程度の精神疾患の可能性を見出せます。

精神疾患やこの映像の原理からすれば、それを理解する事も出来ると思います。

精神疾患は脳細胞がダメージを受け、神経ネットワーク回路が崩れた状態です。

脳の神経ネットワーク回路が正常に作動していれば正常に補完されるのですが、神経ネットワーク回路が崩れている為に正常に補完されないと考えられる訳です。

但し、受けているストレス次第でダメージを受ける部分は人によって異なる為、視覚や聴覚に然程ダメージを受けていなければ正常に補完されますので、正常に補完されたとしても正常に補完されなかったにしても、医師の診断を受けるまでは可能性の域を出ませんので予めご了承ください。

 

嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別」への34件のフィードバック

  1. ピンバック: 嫌がらせなのか精神疾患なのかの判別 | 集団ストーカー(ガスライティング) | メンズファッションの人気ニュースサイト

  2. 精神障害者の支援を行っている法律関係の者です。
    「集団ストーカー」で検索して来訪しました。

    音韻修復を検証する映像、拝見しました・・・
    目を開いても閉じても「バガバーガ」と聞こえます。

    私が精神障害者なのでしょうか???

    もしかしたら、とも思ったのですが、大学では言語学を専攻していたため、
    音韻体系には詳しく、破裂音を予め知っておりました。
    唇が閉じていない映像に混乱しました。そのせいでしょうか?

    • 一度映像を見てしまうと使えませんが「幻聴が聞える人の判定方法を考案した(隣人トラブル)」を先に試して頂けていたら、ある程度は原因が分かったと思います。

      「幻聴が聞える人の判定方法を考案した(隣人トラブル)」では、映像を見る前に音声ファイルだけ聞けるようにしてありますので、もし映像を見る前でも「バガバーガ」と聞えていたら、精神疾患ではなく難聴系の疑いが有ると思います。

      映像を見ずに音声ファイルだけ聞いた時に、「バガバーガ」と聞えていたとすると、映像に影響なく音韻修復が起きていたという事ですので、部分的に聞こえない感音性難聴などの難聴の疑いが出てきます。

      一度映像を見てしまうと、音声ファイルだけ聞いても映像に影響されてしまいますので判断が難しくなってしまいます。

      精神系の場合は自律神経症状を伴う場合が多いので、自律神経症状がなければ精神神経系ではないと思いますよ。

  3. 統合失調症の綺麗な女性と関わった事があるから、職務放棄して偏見の塊になって、集団暴行したい、婦女暴行したい、と性犯罪者に堕ちていく馬鹿げた糞アナル奴隷鬼畜共が居るのは判る。

    ただ、客観的かつ冷静に考える頭があるなら、単に無能凡人医者共の「あなたの知らない世界」がある可能性を研究する方が得策かもしれないんじゃない?
    自分たちに聞こえないからって、声の全存在を全否定するのが、本当に科学的態度な訳?
    偏見を持つ前に、全宗教家を、精神病棟に拘束してみろ、出来るもんならw
    全宗教家は、霊が見えて、霊と交信出来るんだぜ。知らないの、無知な糞アナル奴隷ちんぴら鬼畜雌豚共。
    お前らの言う事がただの邪悪な悪意じゃないなら、真っ先にそうするはずだろ。
    それが出来ないのは、ヤラハタとか抜かして人を馬鹿にして居るだけの悪意に満ちた邪悪な淫乱ヤリマンあばずれメンヘラ患者共と性犯罪か性的虐めをして、エタヒニンの空っぽの未熟な頭の中でストーカーターゲットに依存して居るだけなんだよ。

    私の知人には、霊感がある、そんな人が多いし、霊感がある、そんな人たちは、みんな同じ物を見て、みんな同じ物を聞くけど、集団ヒステリーとかバカな自己紹介で無能凡人を露呈してきたよね、お前ら役立たずな無能凡人藪医者共は。

    だけど、そういう人々も、お前ら藪蛇医者同様人並み以上の生活をしているよ。
    無能凡人不努力無才能作家もどき芸術家もどき集団ストーカーもとい藪蛇医者って、努力したきたエリートは医者だけだと勘違いして居るだけだよな。だからゲイ能人同士で、詐欺師同士で、作家もどき無才能不努力無能凡人芸術家もどき集団ストーカーと化して年中、要らない悪意を振りまいて、他人の邪魔と違法行為以外何も出来ない。一体どちらがメンヘラなのかな?そういう馬鹿は、テレビに出て居るだけの操り人形だから、仕方がないのかwエタヒニンさんよw

    霊感ある人々は、医者に病人扱いされても、人並み以上だよ。老後も裕福に暮らせる余裕のある人たちだよ、エタヒニン。

    ただ自分達には声が聞こえないからといって、十把一絡げに「統合失調症」「鬱病」「双極性障害」で片付けてきた、精神医学が無能凡人ってだけだろ。

    どいつもこいつも、異性を精神病棟に閉じ込めて、お前ら糞アナル奴隷に都合良い風説の流布をした上で、公序良俗に反するイカサマ合意の元、みんなでヤりまくろうとしか考えて居ないんだろ?ようするに、婦女暴行!集団暴行!そうだろ!エタヒニン!
    世の中みんな、お前ら同様基地外低能ちんぴら鬼畜アナル奴隷作家もどき芸術家もどき集団ストーカーだと勘違いするなよ、詐欺師作家もどき芸術家もどき集団ストーカーw

    お前ら藪蛇医者共はみんな、イケてる患者をみんなでヤりまくる集団暴行のために居るだけだから、十把一絡げにそうなるんだろ!エタヒニン!
    お前等のフロイトもそう言ってるだろう?お前らなんかみんなただの淫乱ヤリマンあばずれ基地外藪医者共だってな!笑
    そう言わされるんだろ!お前らなんかみんな!笑
    お気の毒様~w

    お前らなんかに関わらないのが、ベストだよ。

    お前等藪蛇医者共は、実際世界中のお前ら糞アナル奴隷の職場で性犯罪の前科がありすぎるよな。
    万が一だが、仮にお前がそうじゃないからって、お前の同業者に性犯罪者が居ないと、何故言い切れるんだよ、エタヒニン。

    知性の無い自作自演自己紹介して居るだけのお前らの詐欺師作家もどき芸術家もどき集団ストーカーの知性なんか、豚並み、良くてもクジラ程度だよ。
    鬼畜はみんなお前ら偽善者が大好きってだけw

    お前が私にどうコメントするか楽しみだな、クズ。
    それ次第では、訴えても良いがねw
    勘違いするなよ、知性の無い無知無教養無才能不努力無能凡人偽善者詐欺師作家もどき芸術家もどき集団ストーカーの低能な悪意を年中受けてるストーカー被害者を侮辱して、ただで済むと思うほど馬鹿で低能なら、本当に基地外藪蛇医者なんだろうから同情するけどね。
    お前ら淫乱ヤリマンあばずれ基地外藪蛇医者は、他人のトラブルに首を突っ込み、悪意に満ちたストーカー加害者メンヘラ患者と一緒に、お前らのターゲットを告訴出来る立場じゃないだろ?wそれさえ理解出来ない程、お前らは淫乱ヤリマンあばずれ低能アナル奴隷ちんぴら鬼畜雌豚共なんだろうがw

    • 育ちの悪そうなコメント。
      あなたより人の気持ちを害さないだけ豚やクジラの方がよっぽど役に立ってる。
      何がしたいのか分からない。
      覚えた言葉言いたいだけの中学生みたいよ荒らしにもなって無い。
      反論するならするでもうちょっと頭使いなさいな。

    • ちょっとこの文章はだめですよ…。これじゃ典型的なおかしい人です。

      医師に病気だと判断されることを痛烈に批判されていますが、あなたが根拠なく自身を病気だと認めないことだっておかしな話だと思いませんか。

      なぜ自分が正しく、他人は間違っていて、しかも下劣で馬鹿だと一方的に決めつけているのでしょうか。

      また批判の中に性的に過激で卑屈な表現が多々ありますが、性的な話はどこから出てきたのでしょうか。

      そもそもあなた個人は攻撃されていません。あなたはなぜ執拗に批判、攻撃をしているのでしょう。一体なぜそんなに一人で激昂しているのかと、冷静な周囲からは奇妙に映ります。

      > 一体どちらがメンヘラなのかな?

      この文章では誰がどう見てもあなたです。一度冷静になって、第三者になったつもりで読みなおしてください。

      批判や攻撃ばかりで聞く耳持たずでは、病気であろうとなかろうと少々大人げないと思います。

    • コメント読みましたよ。ちょっと言葉遣いは荒いけど、気持ちはとても分かります。何度も読み返しました。世の中には頑張って力を尽くしているのに認められないことや理不尽な事が沢山あります。権力に負けて力を発揮出来ないこともあるし、でも、自分を理解してくれる人もいて。言いたいのは、他人に振り回されてしまわないであなたらしくいたらいいと言うことです。もし誤診で精神病院に関わらなきゃいけないのなら、どんなに時間がかかっても、それを証明する物的証拠を提示して打破したらいい。精神科は特殊で誤診もあります、確かにね。私はインターネットになれていないけど、たまたまこのサイトを見て、あなたが強く訴えている気持ちに共感をしました。あなたも、あなたが力になりたいと思うその人達も、随分と精神科で嫌な思いをしてきたんだと思います。あなたがあなたの気持ちを相手にきちんと伝えたいのなら、自分がキチンとした人間だということを示さなければいけません。あなたは恐らく、今までの自分の人生を精一杯努力して懸命に生きてきた人です。だから、他人に振り回されて自分を見失ってはいけない。自分の気持ちをしっかり持って、相手に公正な態度で、他の科の診断書なりを提出してそれを示して下さい。あなたが守りたい人は、恐らく、あなたの痛い程の気持ちを分かっていますし、私もあなたの気持ちに共感をしました。あなたの気持ちは必ず誰かに届きます。そしてあなたが力になりたいと思うその人が一番、あなたの気持ちをしっかりと受け取って嬉しく感じて、きっと感謝していると思いますよ。あなたはとても強い心を持った人ですね。いつかあなたの気持ちは報われます。頑張って下さいね。

      • 最近、集団ストーカーという言葉を知ってこのサイトにきました。
        わたしの場合、飲みの席で話したことを言いふらされた程度なので、ただの被害妄想なのですが。
        正常人さんのコメントは読みにくかったので、全部は理解できなかったのですが、わたしもこのサイトを読んで、双極性障害がかなり叩かれていて悲しい気持ちになったので少しはお気持ちわかるつもりです。

        匿名さんが応援してくださっているコメントが、精神科で不遇な扱いを受けている方や関係者の方、わたしにもとても励まされる文章だと思い感動して返信させていただきました。

        ありがとうございます。

        治療は一生続くし、わたしは健常者としては生きられないけど、匿名さんのような方がいらっしゃることを忘れずに頑張ります。

  4. 集団ストーカーは共時性とか、シンクロニシティとかそういうやつですよ

    シンクロニシティって超常現象は
    よく戒めである

    「心配ばっかりしてたら本当にそっちに転がるぞ」ってやつです
    良いシンクロニシティは好きな人との偶然の再会とかですが、
    ネガティブなシンクロニシティは、被害妄想を現実に映し出します

    実際にされてる可能性はかなり低く
    「盗撮されている」、「壊されている」「光景」の引き寄せです

    前かなり踏み込んでるテレビで統合失調症の人が、出てましたが
    その人は 
    小学生が家の前で妙に感じる咳をして、その統合失調症のおばさんが「僕の家創価学会?」
    って聞いたら「うん!」って言われたそうです。
    そういう風に可能な範囲でそういう「そういう組織によるストーカーである」という証拠っぽい状況を引き寄せます。

    集団ストーカー被害者が一番かわいそうなのは、現代の科学で理解されてないことを体験してるとこです

    • だからこそ早期発見早期治療、おかしいと思ったら心療内科等に行き、医師の指導の元投薬治療や行動認知療法といった現実的な治療法が、いかに必要かということを痛感させられました。

      結局は本人にどれだけ強い意志があるのかにもよりますが、それと同時に周りの支えや理解の必要性も感じました。

  5. 集団ストーカー犯罪を実行しているのは、アダルトビデオ制作会社です。

    盗聴、尾行、職場に風俗嬢を潜りこませ、ターゲットに対し糾弾行為、ターゲットの知らない風俗業従事者を客として来店させて、クレーマー行為、盗撮、ターゲットの私物に器物損壊
    手口の一例です。
    あなたは、AV組織から狙われて、周辺を、取り囲まれています。
    バックには、ヤクザ組織が暗躍してるので、一刻も早く警察と連携して下さい。

  6. ここのブログ主は愛知県の方ですか?
    心理学的な面から言い及んでいなさるようですが?

    録音の件ですけれど、市販されている音声を収録するための周波数はどのくらいか、仕様書をご覧いただいていますか?
    オモチャや日用に用いるレベルの集音力しかありませんよ。
    自前で製作可能なバットデティクターも玩具の域です。
    もう少し高度なテクノロジーに関して調べてみたらいいでしょう。

    物事の因果関係からみておかしな真性の精神疾患者を擁護する気にはなれませんが、この程度の論説のみで完全に納得させるにはムリがあるように思います。

  7. はじめまして。
    私は数年前からシンクロ現象が頻繁に起こり始めました。
    コメントにもありましたが、ポジティヴなものとネガティヴなものが交互に起こります。
    最初は、「何かの試練を与えられているか?」、「大掛かりなドッキリカメラの類?」。例えば、「秘密クラブなどで、通常の刺激では物足りない富裕な人々のための偏執狂的欲求を満たすコンテンツのため?」。所謂、贄的人体鑑賞物などと考えていました。
    当時は「どうせ一度きりの人生なのだから、最悪の事態を想定しても命を奪われるだけ。人の命は遅かれ早かれ誰にでも必ず訪れるもの。」とかなり楽観的でした。
    ところが、ここ最近シンクロ現象だけでなく、身のまわり人達が明らかに知り得ない私の個人情報をソースとした圧力の頻度が増え続けています。
    それらの圧力で潰れかけると、辛うじて救いの手が差しのべられ圧力が緩和されます。
    一般的目線ではイヤガラセそのものです。
    イジメられっ子が不良グループに魂を売り渡し、使いパシリの仲間に入れられて人生の闇に堕ちて行く構図にも似ています。
    支配するものとされるもの。
    ある一定の圧力で長期間ムチで打たれ続ける。死にかけたところで圧力を緩和させ飴をくれる。
    これは、絶対服従させるためのマインドコントロールや洗脳の手法に近いような気もします。
    私の場合、具体的にそれらの圧力はどのようなものかというと、仕事上のプロジェクトメンバー不特定多数又は知り合い全員によって、私的な文脈上のトラウマやコンプレックス、自宅のパソコン内の情報、スケジュール、過去の人間関係、自宅内での会話や隠し事など、ハッキングしただけでは知ることが不可能な出来事に対して、「全て知っているぞ!」と言わんばかりに挑発する言動の数々。そして私的な過去や家族内での出来事をえぐり出そうとする話の振り。貯金の残高を知っているのか?と思える金銭的な圧力。
    全ての行動を監視していると思われるようなタイミングでの電話とその内容。頭の中でしか考えていなかった全く関連性のない事柄が数分後に会った人の口から出てくるなど、挙げ出したからきりがありません。そのどれもが「偶然やろ!?」で片付けられそうな些細なことなのかもしれませんが、その頻度がそれまでの人生のシンクロ率と比較すると1000倍どころでは済まないです。確立統計の計算を駆使しなくても偶然で片付けられる範疇ではありません。
    関わる全ての人で、シンクロ現象が起こるため、他人との接触を避けるようになりました。今は、誰ひとり信用できません。
    普段の現実社会では、何も知らないフリをして、シンクロ多発の茶番劇とも思える小コミニティで、馬鹿を演じながら、仕事ではある程度結果を出しています。しかしこちらの足下も見透かされているかのような金銭的条件を餌にした理不尽な圧力によりギリギリの生活。逃げたくても逃走資金がない。
    途中から文が崩れ過ぎましたが、
    ポジティヴな状態時も含めてシンクロ現象が起こりはじめた頃から、ハッキングや盗聴、盗撮、24時間監視されている感覚は常にありました。恐らく、これらは事実だと思われます。
    このことを誰かに打ち明けると無視されるか?病気扱いです。
    だから誰にも相談できないし。
    そもそも過去の経験から、監視はパソコンの乗っ取りだけでなく、家族や車の中での会話、その他至るところでなされており、本当に思考盗聴されているのか?と思えることもあります。
    思考盗聴の件、実用性も含めて、これほどの精度が今のテクノロジーで可能とは考え難いのですが、パソコンの乗っ取りや盗聴、盗撮は間違いなくあり得ると考えます。
    ポジティヴなシンクロ状態のときは、何も訴えず、今更、こうして訴ってるのも気がひけるのですが。
    はっきり言って、ポジティヴであろうがネガティヴであろうが、シンクロ現象が毎日のように5年続くと、普通の人間の感覚ではいらません。
    私は技術職であり社会的には客観的視点を要求される立場でもあります。ストレスから鬱病を患ったことはありますが、幻聴も幻覚もありません。
    どちらかというと昔から感受性は鋭いと言われきました。
    視覚や聴覚、ウソかホントかわからないESPテストでもたまに恐ろしいほど正解したりします。
    シンクロ現象が人為的でない場合も想定して、あっち側の世界も調べ始めてます。
    仮にシンクロ現象がある種の特殊能力の覚醒であったとしても、今、現実に起こっていることは説明できません。
    既存の病気にカテゴライズすることはドクターの知能と既存枠の知識と病人との接触経験があれば誰でも出来ることかもしれません。
    誰でもというと語弊がありますが、医師になるだけでも普通ではあり得ないほどの大変な狭き門です。ですので選ばれた超有能な人間の中で、更にその中での専門分野で、さらに得意な病気分野の中の「誰でも」です。けっこう数少ないかもしれません。
    結局、多くのエキスパートも学会の派閥や業界内での立ち位置、異端的立場のリスク、なにより家族の安全や安心などを考えると、不用意に「思考盗聴」されている人達の訴えの可能性がかなりの確立であることを前提として考えることは困難かと思います。
    やはり、既存医学の論理に当てはめることを主眼として、それから外れるレアケースに対して「もしかしたら、思考盗聴は、あるかもしれない。」が限界かと思います。
    しかし、私はまだまだ調べ始めたところで何も言えた立場ではないですが、とか言いながらたくさん書きました。
    大変申し訳けありません。
    何が言いたいかというと、「思考盗聴」について真剣に調査しているのは、ほんとんどが被害者なのです。そして被害者は所詮素人なのです。
    だからあらゆる専門的な立場の人が、「盗聴盗聴」について本気で調べてほしいと願うのです。
    頼れる人がいません。
    誰も信じられません。
    ほんとうに孤独です。
    個人情報なんてどこにもありません。
    ネットの普及によって、私たちの生活は恐ろしく便利になりました。私もこの恩恵を受けていることには変わりませんが、便利の裏には恐ろしいリスクがつきものです。
    私のような所在もわからないテキトウな人間が、わけもわからずテキトウなことをネット上で主張しています。
    昔であれば、公で発言するためには、あらゆる試練や壁を乗り越え、淘汰されながら、ほんの一握りの人の声だけしか多くの市民に届けることが出来ませんでした。
    ところが、今は、悲しくなるほど、簡単に個人の声が世界中にばら撒かれます。
    これは、今まで秩序を大切に守ってきた先人達からしてみれば、驚異そのものです。
    自宅に引きこもりながらネット上で簡単にアイデンティティを手に入れる人達がどうなってしまうのか?考えると怖いです。
    世界を多次元的に捉えれば良いのかもしれませんが、当分の間は現実との整合性は避けて通れません。私もネット依存で引きこもりを体験しました。
    そんなことも踏まえて、ネットに対して危機感を抱きはじめました。
    現実世界のパワーバランス的な視点においてもネット世界おかしい。ネットのカオスが放置されていたら簡単に世界の秩序は崩壊する。カオスの時点で崩壊しているとも思えます。
    そうすると、ネット世界の秩序は全てのネット住人を監視することで担保する。そう考えることは自然です。当たり前の範疇かもしれません。
    ということからもテクノロジーさえ追いつけば、普通に思考盗聴はあり得ると思えます。
    このような人権に関わる大きな問題がないがしろにされている現状に未来の不安を感じ、救いを求めて書きました。
    長々と大変失礼致しました。
    そしてご無礼の数々お許しください。

    • データがまだ揃っていないうちに推理を組み立てるのは大きな間違いだ。
      事実に合う理論を組み立てるのでは無く、理論にあわせて事実を捻じ曲げてしまいがちになるからね。

      by Sherlock Holmes

      貴方は「隣人クライシス」や「集団ストーカーと言う被害妄想ガスライティングと言うマインドコントロール」で書いている心理現象のデータまで揃えていますか?

      答えを出すのはあなた自身です。
      貴方が出した答えが正しいと思うのならそれを信じれば良いだけです。
      但し、出した答えの責任や結果は全て貴方に帰って来ます。
      貴方が出した結論が、貴方の理論に合わせて事実を捻じ曲げていたのなら、誰も貴方を救う事はできません。
      それだけの事です。

      http://www.amazon.co.jp/gp/product/B013F9Y8KK
      http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00I1II8JS

  8. ★創価学会の敵対者マニュアル★

    a)創価学会への強固な敵対者に対しては、
    将来的に考えてもその子息子女を落とす必要がある
    子息子女の不幸により折れる可能性も高い 子息子女へは
    創価学会へ反発しないよう躾ける
    敵対者の子息子女の結婚は潰す必要がある
    会員の子息子女の敵であってはならない
    b)会員の商売敵を排除する事は資金確保の上で重要である
    商売敵の子息子女も、将来を見据え落とす必要がある
    会員の子息子女の商売敵にならぬよう落とし躾ける
    c)敵対者が地域で高評を受けぬよう計らう
    d)各会員が連帯し、自然と不幸になったように落とす必要がある
    くれぐれも会員が疑われてはいけない
    e)敵対者の言に信頼が集まらないよう計らう
    f)敵対者の安定につながる者らも落とす必要がある
    g)常に経済的/心理的に圧迫させる必要がある。

  9. 集団ストーカーの被害者には偽物が多いんですよ。
    被害者の私が見ても偽物だと思うし、精神病に見える人間が多い。

    大抵がレビュアーとして、ランキングの上に来るから、多分業者。
    ネットビジネスで食ってるアムウェイも怪しいけど、ネットビジネスの連中は、金で嫌がらせ頼むとハッキリ書いてある。

    大抵が仕事を追い出されるように仕向けられる。家庭崩壊、結婚妨害も同じ。

    邪魔者は消せって意識の強い人間が嫌がらせしてるわけ。

  10. はじめまして、
    知人が電磁波で隣人や通行人から攻撃を受けていると主張しております。
    電磁波等を使った嫌がらせの存在自体はじめて知ったので話を聞いたときには統合失調症なのでは、、、と思いました。しかし知人の周りで起きている現象を観察・考察して行くと一概に統合失調症とは言い切れない点がいくつかあったので判断できかねている状況です。1つは知人を私の自宅で保護したときに電磁波対策と称しアルミホイルやアウトドアに使う緊急用のアルミブランケットをかぶっていたときに静止状態にもかかわらず「ピシッ」という音をアルミが発していて観察してみると無数の針でアルミを押しているような瞬間を何度も目撃したことです。
     知人が帰った後自分でアルミシートをかぶってしばらく静止していましたが同じ現象は起きませんでした。2つ目は足を攻撃されていると訴えているのを聞いた後に知人の足を見ると両足の小指から出血が確認されたことです。
     電磁波で撃たれると体が熱くなる・筋肉がビクンと反応するという話も本人から聞きましたが、常に監視され電磁波により苦痛を受けていると思い込んでいれば体がそのように反応してしまうことは有りうると思いました。
    しかし出血に関しては何かにつまずくなどの外的要因が無いと起きない現象だと思うのですが、小指の爪に損傷は見られず皮膚も正常で爪の生え際から微量の出血が認められる状態です。

    しかし疑問に思う事もありました。
    自分が同じ部屋にいて至近距離で話したりしている状態でも自分には体感がなく知人だけが痛みを感じていた事です。

    建物(RC造)の壁、ガラス越しに対象者の一部分(シートを被っていた時は僅かな隙間を狙って)にのみに的確に命中させ、かつ隣接している人間には体感を感じさせない。。。そんな高精度な電磁波銃などがあるのでしょうか?

    さらに自分の自宅で知人を保護した日は知人を招き入れる予定は無く予め隠しカメラ等を仕掛けるのは難しい状況にも関わらず部屋の中で知人が移動するたびに移動先で的確に電磁波を当ててくると言っていました(知人が)

    以上が自分が抱いている電磁波攻撃なのか統合失調症その他精神病の一種なのかを判断しきれない要因です。

    知人は今も睡眠が充分に摂れていない状態で毎日とても心配しています。
    どうかアドバイスをお願いいたします。

    • >電磁波対策と称しアルミホイル
      電磁波の別名をご存知ですか?
      電磁波は「空中電力」と言うのですよ。
      そして、電波と電磁波は同じ物です。
      その電波を受信する素材は金属ですよね。
      つまり、アルミ箔をかぶるという事は、受信アンテナをかぶっているのと同じ事なのです。
      しかも、かぶるという事は体に触れますよね。
      つまり、受信した電波を体に流している状態です。
      そんな事を日常でしていたら、体に電気が帯電してしまいます。
      また、、外を歩く時には靴を履きますよね。
      つまり、電子は逃げずに帯電し続けてしまいます。
      室内ですと、靴下等の衣類や素足ですので電子は帯電されずに逃げて行きます。
      つまり、「ピシッ」という音は、静電気と同じ放電なのです。
      しかも、アルミ箔は表面積が大きいですよね。
      その分、頭上を飛び交っている通常の電波を大量に受信してしまいます。
      静電気ならば、一回放電すれば帯電するまで時間がかかりますが、アルミ箔をかぶっているという事は、永久的に電源が供給されている状態ですので、至る所で通電されてしまいます。
      通電と言っても、殆どが小規模放電ですので、無数の針でアルミを押しているように見えると思いますよ。
      電磁波被害と言った主張をする人は、電磁波防御の為にアルミ箔をかぶる人が多くいますが、全くの逆効果にしかなりません。
      アルミ箔が電磁波を遮断出来るのは、接触しておらず、ある程度の距離がある場合だけです。

      >そんな高精度な電磁波銃などがあるのでしょうか?
      そんな物ありません。
      そもそも、電磁波の特性を全く無視した発想でしかありません。
      出来るとしたら、アルミ箔をかぶっている人にだけは出来ると思いますよ。
      早い話、避雷針を体に接続して雷雨の中を歩き回っているのと同じですから。

      >爪の生え際から微量の出血
      足の出血は、恐らく血糖値が関係していると思いますよ。
      ストレス反応の時に分泌されるコルチゾールとカテコールアミンと言うストレスホルモンです。
      コルチゾールは糖質コルチロイドでタンパク質を糖に変えて血糖値を上昇させ、カテコールアミンは肝臓からブドウ糖を血中に放出させる働きを持ちます。
      つまり、ストレス反応が出ると血糖値が上昇するのです。
      すると糖尿病のように血流が滞りますので、体重の掛かる足の毛細血管が破裂する事も考えられるのです。
      実は私は糖尿病を持っていて、足の爪の何本かは、出血して真っ黒な爪になっています。
      そして、血糖値が高い状態が続いていれば、糖尿病の合併症で多い「末梢神経障害」も発生します。
      これは、ピリリピリ痺れたり、針で刺されるように痛かったりします。
      そして何より、脳細胞が必要とする栄養素も滞り、脳細胞が死に神経ネットワークが失われて行くのが様々な精神疾患です。

    • はじめまして。
      時間が経過していますが、今はどのような状況でしょうか。

  11. 偽者が多い中精神障害者と同様に扱われる本当の被害者の気持ちを
    考えた事がありますか?年端も行かないガキにまで舐めた態度を取られて
    半殺しにしたいのを堪えて、ネット上では火消しのために嘘の情報を撒き散らされ、一体どこまで我慢すればいいのでしょうか?
    とりあえず映像と音声を記録しておく点に関しては賛成です。それは上に書いてあるように自身が正常であると証明するのと加害行為を受けているという
    証明の両方のために必要だからです。生活音に関してもだいぶ有効な手段だと
    言えるでしょう。ちなみに電磁波主張しているような被害者は本物ではなく
    障害者年金と生活保護目当ての売国奴か朝鮮系日本人、在日が火消しと同時に集団ストーカーの存在そのものを一般の人間に誤認させるためのものです
    。「やっぱり集団ストーカーを主張する人間は精神疾患だ」こう思わせるための工作です。中には1割にも満たない人数だとは推測するけど実際に被害にあってミスリードにあった人間やおかしくなってしまった人間も含まれるとは思いますけど、ほとんどは偽者、精神障害の類ですね。
    無いものは証明できないけどあるものは証明は可能です。問題は人数的に不利なので火消しの工作のせいで本当に被害にあっている人間が目立たない事
    ですよ。まだ活動まで20日ほどあるのでこの程度にしておきます。

  12. 内容よく読んでいませんが、被害者です。被害者なのですが、電波攻撃とかは妄想ではないかと思っていますのでなかなか読み込めません。最近では思考を読まれるとか電波がどうっていうのはもはや宇宙人のやっていることでは?と集団ストーカーとは別枠に考えています。

    さて、私はコメントのsen様と同様です。ストーカー歴数十年ですが、実際監視カメラも壊されましたし、気が付かないふりをしているとあからさまな証拠を見せつけてきました。最初は警察にも行ったし、いろいろ手を打ちましたが彼らの目的は精神障害、妄想(虚言)と本人の人格を傷つけるためにやっていますのではじめは思惑通り行動してしまいました。その後周期的に同じパターンで襲撃を繰り返してきました。そのうちこちらもパターン化が読めてきてほんとにいろいろ試してくるなと客観的に見るようになりました。一度死を覚悟すると怖くなくなるものですね。生きるしかばねのような心境には数年陥りましたが、今は元気です。

    こうして書いていても読んでいるのであまり詳細には書けません。ただ、これだけ書いておきます。「スマホ」が盗聴器となっています。昨日知りました。どうりでどこに行ってもそこでの話が漏れている。撮った写真について仄めかされる。写真は見られていると感じていましたが盗聴もされているとは思いませんでした。10年位前、携帯の文字がどんどん消えていく現象が起こり、それを周囲に言って病院に連れていかれそうになりました(泣)時代が追いついて改ざん、遠隔操作なんて誰でも知ってます。不思議なことではないです。

    あと、私も体に痛みが走ります。激痛ですが、これは自身の神経であって電波とは関係ないと思ってます。以上です。お困りの方の参考になれば幸いです。

  13. 追伸:

    連投ごめんなさい。

    攻撃のあと飴を与える。とういうsen様の印象に同感です。
    何のために「攻撃9割。弱ったところで1割救う」のでしょうかね?
    生かさず殺さず・・・って感じ?何をマインドコントロールされているのか全くわかりません。また、工作員をなぜかやらされている人たちも実態をよく知らずにやってるようです。ある意味悪気なく。だから同じように集団ストーカーの実態を彼らに訴えると逆に虚言だといわれかねないです。それくらいの認識です。それぞれのキャラクターもあるのでしょうけど。参考になれば。

  14. 電波だと思います。人間は脳から電気信号を発して活動しています。大きさは違うがパソコン、ロボット、電気製品を動かす同じ電波です。パソコンやロボット、電気製品が操作可能であれば人間の脳も操作可能であります。このことは本にもネットにも出てきません。政府に問合せても回答しません。実験してみてほしいと要望してもしません。集団ストーカーは本当にやる場合もあれば、脳を操作して錯覚させるようです。被害者の多くがノイローゼ(神経症)のようになってます。集団ストーカーの多くは勘違いだと思います。精神科医はノイローゼと言う言葉をあまり使いたがらないそうです。警察などはノイローゼと取っているようです。自分は16年、被害にあってます。テレパシーのような形で会話ができ、体が自分の意思で自由に動かせません。まるで人間ロボットです。被害者も病院行けと言われれば行けば良いのです。薬も飲んで見るのも良いかも知れません。効果ある人もいます。自分は全く効果ありません。仕事、辞めさすときに使うことがあるようです。お察しします。

  15. ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

    ネット上に溢れる精神病関連・集団ストーカー・電磁波犯罪、テクノロジー犯罪関連情報、書き込みのほとんどは、加害者か
    加害側の人間が、真相がバレないよう偽被害者を装ったり偽情報を混ぜたスレやレスを多数行うことで、本当の被害者やその
    情報を隠す意図で組織的に広められたものがほとんどです。 たとえば、電磁波犯罪の追究に関連して、思考盗聴やユダヤ、
    イルミナティ、アルマガム、過敏症云々などと科学的な根拠がないことを書き連ねるなどして本当の情報の信ぴょう性を下
    げたり、興味を逸らしたり、複数人や同一人物の複数IDの自作自演で話題を変えたり真相に触れるものの人格攻撃に終始し
    たり関係ない話題が書いてある他スレやレスを上げまくって触れてほしくない話題や情報を埋もれさせるといった手口です。
    被害を訴える会やHPなどもどこか胡散臭い偽情報を意図的に含ませたミスリード目的の為の自作自演の団体の可能性があ
    るので注意が必要です。

    ◆一般の”日本人”が被害者になる電磁波犯罪◆
    ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/bouhan/1403683193/

    ■■■■【 電磁波犯罪・認知撲滅スレ 】■■■■
    ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/soc/1448035377/

    統合失調症、うつ、不眠の原因(1)
    note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n293301

  16. ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

     テクノロジー犯罪、電磁波犯罪における被害に最も多く見られる典型例は、不眠や睡眠の質の低下や既日リズムの異常(眠気がなかなか起こらず眠たくならない)、起床時のスッキリ感や幸福感の薄れ、頭の中の不快感やもやもや感、ヘルニア、痛覚の変化による腰痛や神経痛の悪化、起きている時だとぼーっとする感覚、意欲や学習能力や集中力や記憶力の低下、イラだち、うつ状態(無口、不機嫌、消極的になり反応速度や行動が鈍くなる)、瞬時に力が入り難い感覚(瞬時に握り拳を作り難いなど)、慢性的な体のだるさ、不整脈、心臓の圧迫感、鼓動の変化、動悸、息切れ、めまい、耳鳴り、呼吸不全、過呼吸、糖尿病症状、アトピーやアレルギー症状の誘発と悪化、局所的なうずきや痛みなどです。
     外傷ややけど、音声送信などといったものは技術的には可能でも対象者や周囲にバレないことが最も重要なこの犯罪において使用されることはなく、偽情報や似非被害情報を意図的に流しているのは、真相をたくさんの被害者に知られないための隠ぺい工作の可能性があります。

    統合失調症、うつ、不眠の原因(1)
    note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n293301

    ◆一般の”日本人”が被害者になる電磁波犯罪◆
    ttp://ai.2ch.sc/test/read.cgi/bouhan/1403683193/

  17. 【正体】

    その正体は全体主義。日本では左翼、共産勢力となる。両者が裏でつながってることは最近の野党共闘で一般にも広く知られることとなった。

    これらの勢力はメディアだけでなく、その他の重要分野も含めて社会に広く存在している。2010年、中国国防動員法の施行で、これらの勢力が組織化されてることが表向きにも明らかになった。

    【家内監視】

    外からの家内監視は赤外線。少し前にNHKスペシャルで衛星搭載の赤外線装置を使っての遺跡探査のことをやってたが、数mの厚さの砂に埋まってる遺跡をはっきり映し出していた。

    数mの厚さの砂の層を透過するということは、30cmもないコンクリートの壁も楽に透過するということ。また、最近は壁の中の柱の位置を探す道具が1000円程度の値段で売られてることも、赤外線を使った壁透過の一例。

    また、テレビ、パソコンなどを、液晶画面の裏に小型カメラを仕込んだ同じ製品とすり換えることも。某国のホテルのテレビには小型カメラが仕込んであるという話もある。

    【音声送信と言われる技術】

    衆人環境で一人だけ音を聞かせる技術は、キャリア波側帯波分散照射オーディオスポット制御という超音波技術で、これは睡眠妨害にも使われていると思われる。

    マイクロ波を使った同様の技術があり、自衛隊のHPかなんかに載ってるという話があるが、これはまだ確かめてない。

    どっちにしても、一人だけ音を聞かせる技術があるのは確か。キャリア波側帯波分散照射オーディオスポット制御に関しては、TBS夢の扉でも紹介済み。

    【思考盗聴と言われる技術】

    これに関してはまだ不明。ただ、軍事衛星の高度が150kmくらいで、分解能を30cmとすると、20mくらいの距離からだと、0.04mmを把握が可能ということになる。

    一般には人体の画像診断は筒状の大きな機械に入らないといけないみたいな話になってるが、実際はすでに家の外部から人体を臓器単位で正確に把握できるようになってるのは間違いない。

    【戦略】

    少数派である左翼、共産勢力の戦略は二つ。1つはドミナント方式で場の密度を高めることで数的不利を補う戦略。地域、会社などを身内で固めてしまう。

    もう1つは見分けがつかないことを利用して、表向きと裏向きの見えない二重構造を取る戦略。見えない二重構造のことを知らない組織の表向きを裏向きがもっともらしい理由を提示して動かす。

  18. 似非被害者と似非専門家の話しばかりですね
    うちはマスコミが長年盗聴している様子だったので、調査してもらいましたが
    実際に盗聴している様子だった隣室は、その様な番組を制作している企業の社員でしたよ
    しかも、調査依頼した当日に引っ越して逃走

    こんな偶然は誤魔化しが効かない統計値で考えても、飛行機事故に遭う可能性以下ですよ

    一部の被害者も含めた精神病のひとを出汁にして、まだ誤魔化すのかよと
    インチキな被害報告も聞きあきたと
    そう、言いたいですね

  19. “集団ストーカー、宇宙人”で検索してみてください。
    私も集団ストーカー被害に合ってましたが、これは人間技ではないと思わされ始め、事実を知りました。

  20. 精神病の人って本当に話聞かないんですね、、コメ欄こっわ
    しかも改行なしで読みづらいから何を主張したいのか、はっきりわからない

    まぁ、そんな疑われているor精神病なあなたへ送る
    疑われない方法、それは

    否定しすぎないこと

    えーwマジかーwちょい精神科行ってくるわーwなんつってww
    とかいっときゃあなんとかなります
    「あんまり健常者を主張するなよ、ガイジに見えるぞ」

    あと変な奴に絡まれても無視すること、カメラもって向かわないこと
    (暴行もアウト)
    コレ大事、そんなヤバイ奴らならさサ、カメラ持ってったところで逆上されたら終わりなんじゃないの?
    アブナイもんはアブナイですよ?度胸はソンケーしますけどね(笑)

    そもそも相手が気持ち悪がるのには何らかの理由があります
    九割九分9厘ぐらいは理由があります。
    残りの一厘の理由のない人だけがあなたの元に集まることはまずないでしょう
    何故なら、同じく気持ち悪がられる人は、
    日本だけでも何千人、何万人といます。そんな中であなたの元だけに集まる
    何てことありません一億人しか人口いないんですから、1000人中一人しか居ない奇特な方がそんな何100万にんもいますかってんです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です